開運!なんでも鑑定団【放送1000回記念3時間SP】3時間スペシャル

BSテレ東BSテレ東
2014年3月6日(木) 18時00分~21時00分
  • テレビ東京で1994年にスタートし、記念すべき放送1000回目!スタジオを沸かせたあのお宝が再び!さらに番組名場面や高額ゲスト大会&史上最強のお宝集合SP!!

番組内容

1000回SPは大きく4つの企画でお送りします!!
あのお宝がスタジオに再びやってくる『もう一度見たい!思い出の名品』、ゲスト鑑定で高額を記録したゲストが、新たなお宝を手に再登場する『歴代高額鑑定ゲスト大会』、放送初回や鑑定士の名言などを集めた『名場面集』、そして文字通り史上最強のお宝が集結する『史上最大のお宝大集合』!!
【史上最強のお宝大集合】
『落款がない?近代日本画の巨匠の傑作』
お宝は、15年前、父親が若い頃奉公に出ていた製糸工場の主人から「地元出身の画家のお宝だから、地元で大切にしてほしい」と頼まれ頂いた。あの横山大観に「あいつこそ天才」と言わしめるその画家、作品には落款もなかったので偽物だと思っていたが…。
【史上最強のお宝大集合】
『切手コレクター自慢の逸品』
20代後半から本格的に切手収集を始めた依頼人、これまで使った額は軽く1億を超える!お宝は、30年程前に切手商より購入した幻の品。史上最も珍しいというお宝の鑑定結果は!?
【もう一度見たい!思い出の名品・焼物】
1999年10月、「日本列島鑑定まつり(出張鑑定)」に出演。鑑定士・中島に「大珍品」「東北のお宝」と絶賛された。東日本大震災の際、自宅の10メートル手前で津波が止まったため無事だった。その後、知人に会うたび、お宝の心配をされる。
【もう一度見たい!思い出の名品・日本画】1995年6月、石川県七尾市の出張鑑定から「スタジオ」へ。寺の住職だった父が、ふんどしを干すのに使っていたボロボロの屏風。実は江戸時代初期に描かれたお宝屏風だった!!その後、屏風はきちんと表装し、自分は住職になった。講演を頼まれると、この屏風を持って説教をしている。
【1000回記念!歴代高額鑑定ゲスト大会】
<出演者>
大橋巨泉、九重親方、美川憲一、石原良純、池坊美佳、なべやかん

このほか、放送初回や、鑑定士の初登場シーン、名言集、高額鑑定ベスト5など、番組名場面集も!

出演者

【司会】
石坂浩二、今田耕司
【進行アシスタント】
吉田真由子
【出張リポーター】
松尾伴内
【ナレーター】
銀河万丈、冨永みーな

鑑定士軍団 1

中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)
永井龍之介(「永井画廊」代表取締役)

鑑定士軍団 2

高橋宣雄(「タカハシスタンプ商会」社長)
田中大(「思文閣」代表取締役)
勝見充男(古美術「自在屋」店主)
村山元春(「ウッディプラザ」店主)

おすすめの関連番組

あなたにおすすめの番組