日経スペシャル 私の履歴書 ~コマツ相談役・坂根正弘(後編)

BSテレ東BSテレ東
2019年4月28日(日) 23時00分~23時30分
  • 日本経済新聞の名物コラム「私の履歴書」の映像化。前後編にわたり1人の偉人を取り上げ、本人のインタビューを軸に、当時の世相を盛り込みつつ、深く掘り下げて紹介する。
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

番組内容

【ニッポンの力を信じて(後編)】1997年に経営企画室長に就任した坂根正弘は、コマツを世界的企業するために建機機械自ら居場所や燃料残量などを発信する機能「コムトラックス」の開発をスタートさせる。1999年、実用化されると保守管理や市場の景気動向が即座に掴めるようになるが、導入費がかさみ普及には至らなかった。これを受けて2001年に坂根が社長就任後は、「コムトラックス」をコマツ全ての建設機械に標準装備させる。
これにより、「コムトラックス」は建機に欠かせないツールに成長。坂根はコマツならではの独自性が必要だと感じ、一点に秀でた商品開発に取り組み、ハイブリッド油圧ショベルやGPSによるダンプトラックの無人運行システムを開発する。基幹部品の開発・生産を国内統一することで技術力も集約され、コマツは世界の建設機械市場を席巻。
さらに、坂根は国内回帰から地方回帰を掲げ、経営合理性から本社機能の一部を創業地・石川県小松市に移転する。国内生産比率は高まり、地方回帰は成功。2013年、会長を退いた坂根は、地方創生をライフワークに活動を続ける。
【ナレーション】長谷川博己

お知らせ

※特別編成により、放送時間が変更、または休止の場合があります。

おすすめの関連番組

    あなたにおすすめの番組