水曜映画館『がんばれ!ベアーズ』〈映画で野球につれてって〉美少女投手大旋風[映]字幕放送二ヶ国語放送

BSテレ東2021年1月13日(水) 17時58分~19時55分

弱小少年野球チームの助っ人は天才美少女投手!負け犬根性が染みついた子供たちが大旋風を巻き起こす?笑って泣ける、傑作ベースボールコメディ!(1976年/アメリカ)

ソーシャルメディア
公式アカウント

    動画配信サービス

      番組からのお知らせ

        番組内容

        【解説】

        かつてマイナーリーグで活躍した男は、市議会議員の息子が所属する少年野球チーム“ベアーズ”のコーチを任せられるが、問題児ばかりで連戦連敗。そんなチームを立て直すため、投球センス抜群の女の子と不良少年をチームに加え、勝利を目指す!

        【解説つづき】

        世界中で大ヒット、シリーズ化もされた傑作ベースボールコメディ。主演は「恋人よ帰れ!わが胸に」「おかしな二人」のウォルター・マッソー、「ペーパー・ムーン」で史上最年少(当時)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したテイタム・オニール。監督は「ゴールデン・チャイルド」のマイケル・リッチー。

        【監督】

        マイケル・リッチー

        【出演】

        ウォルター・マッソー(バターメーカー)
        [声]藤岡琢也
        テイタム・オニール(アマンダ)
        [声]よこざわけい子
        ビック・モロー(ロイ・ターナー)
        [声]田中信夫
        ジャッキー・アール・ヘイリー(ケリー)
        [声]水島裕
        ジョイス・バン・パタン(クリーブランド)
        [声]公卿敬子

        【ストーリー1】

        飲んべえのプール掃除人、バターメーカー(ウォルター・マッソー)はかつてマイナーリーグの投手をしていた経験を買われ、市会議員から息子が所属する少年野球チーム“ベアーズ”のコーチを依頼される。他のチームから入団を断られた息子のために作られたベアーズは落ちこぼればかり。連戦連敗の中、議員がチームの解散を決めたことから、バターメーカーはチームを立て直そうと決意!

        【ストーリー2】

        まず、昔の恋人の娘で12歳のアマンダ(テイタム・オニール)をスカウト。バターメーカーから野球を教わったアマンダは、見事な変化球を投げられるのだ。次にスカウトしたのは嫌われ者の不良少年ケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)。二人の活躍でベアーズは勝ち始めるが、勝利に固執するバターメーカーに他の少年たちが反発、チームはバラバラになってしまう…。

        ラインナップ

          人気の番組記事

            関連タグ

            番組公式Twitter

            ソーシャルメディア
            公式アカウント

              ジャンル

                おすすめの関連番組

                あなたにおすすめの番組