テレビ東京トップページへ 豪腕!コーチング!!トップページへ
東大ブログ
毎 日 更 新 !
※このブログの書き込みは本人の意思に任せられております。ご了承ください。

東大への一年

スタジオで合格発表が行われた様子が、
オンエアされました。

あのスタジオ収録の時は、泣くまいって思っても、
涙が溢れて止まりませんでした。
納得できない結果を迎えてしまい、
やりきれない思いでいっぱいでした。

皆が本気で立ち向かっている姿を、
そばで見てきたから。
毎週ずっと一緒に学んできて、
今では家族みたいな存在だから。

皆さんの真剣な努力と、学力の伸びには、
目をみはるものがありました。

「人間って、努力次第でこんなにも変わるんだ!」

と圧巻されると同時に、
“知らない事を知る”という知的好奇心を
満たす学問の面白の根本に立ち戻れました。

でも入試は、1点の差で結果がはっきり決まる、
シビアでフェアな世界。

特に今回は、ギリギリの当落選上での闘いでした。
望む結果が出せなかったら、今までの自分を
否定されたような錯覚に陥りかねません。

そんな時こそ、本当の自分と向き合い、
自分を変えるチャンス。

人生は思い通りに行かない事ばかりでも、
それはそれで意味があると思います。

無駄に感じる事ですら、後から振り返れば、
実は必然であったりします。

たとえ受験に失敗しても、だからこそ痛みの分かる
優しい人間になれるはず。
もう一年受験を頑張る事になったなら、
自分を鍛える試練を与えてもらったということ。

望んで手に入れたものは、確かに辛い努力のぶん
喜びも倍増します。
でも、突然起きた予想外の状況の方が、
自分を変えるキッカケになりやすい気がします。

想像の限界をこえた時にこそ、
自分の世界も広がるはずだから・・・。

ポップコーンをフライパン上で作る時、
どれがはじけるか分かりません。
思いもしなかったコーンが突然はじけて、
味の深みを出します。

人生も、ポップコーンと同じ。
思いもしなかった出来事が新たな経験となって、
人間の深みを出すのではないでしょうか。

1年間にわたり、最高のメンバー&スタッフの
方々と一丸となって頑張ってこれました。
体当たりした経験は、生きる強さとして残り、
一生の財産になってくれるでしょう。

2007年03月23日 22:16
投稿者 木村美紀 : この記事へのリンク

ありがとうございます。

一年間本当にありがとうございました。
みなさんに助けて頂いて頑張ってこれました。
結果を出せなくて本当にすいませんでした。一年間の勉強を振り返って感じたことは本当
にまわりの人に支えられていたんだということです。数えればきりがない支えてくれた皆
さんに本当に感謝します。ありがとうございました。

2007年03月02日 04:30
投稿者 小川パンプキン : この記事へのリンク

この一年

この一年を振り返って、4月の当初は分数の掛け算すら
自信の持てない状態から、
とりあえず中学生の数学、英語の復習を
始めたのを思い出します。

もともと数学が得意だったのでまずは数学だけを
鍛えて戦えるという自信をもちたくて、
4月5月6月と数学だけを集中してやった。
その成果が点数にもあらわれるようになり、
やっと見通しがたったと思い英語に取り組んでみると、
ノートに10回書いた単語を一瞬目を
離すともう忘れているという事件が連発した。

記憶力は確実に衰えてる。

そこで影井コーチのススメで単語力を鍛えるのをやめて、
とにかく文章を読んでだいたいの意味を
推測する練習に切り替えた。
これが僕にはあってたらしく、文法とか単語とかは
分からないことがいっぱいあるけど、
問題は結構解けるようになっていた。

国語に関しては、自分の中ではみずもののイメージが
強かったので木村コーチに最低限の基礎だけ教わって、
あとはでたとこ勝負と勝手にはやい段階で決めこんでしまった。

こうして夏までは自分なりに順調に進んでこられた。
そして夏。文系にするか理系にするか決めなくてはならない。
もともとは文系だったのだが、
理系の方が覚えることが少ないという噂と
粟井コーチの理科は満点がとれるという一言で
あっさり理系に決めた。

粟井コーチは教わっていくなかで一番僕にとっては参考に
なるコーチだったので、全く迷いはなかった。

ただここからがしんどい時期だった。
理系の数学に化学、物理という初めてのものばかりで
一日にこなせる量が激減した。
おまけに国数英の点数も伸びなくなり
机に向かうのがきつかった。
てごたえのない時間がどんどん過ぎていく。
こんなときにみんなのがんばりにめちゃくちゃ支えられた。

模試の度に信じられないくらい点数を
あげてる人が毎回いる。

毎日自習室で朝から晩まで勉強してる人がいる。
忙しいスケジュールの中、あんまり寝ないで
やってる人がいる。
だったら自分も。

があったからこの時期を
乗り越えられたと思います。
結果はみなさんのご存じのとおりで、
本当にくやしかった。

コーチ、スタッフ、相方、家族応援してくれた
皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
もっとこうしとけば、を挙げるときりがないけど、
自分なりに手応えをもって試験にのぞめたので、
結果には納得です。

一年間ありがとうございました。

2007年03月01日 14:03
投稿者 シャカ植松 : この記事へのリンク

東大…

みなさんお久しぶりです
大変長い間このブログで勉強やコーチングの
内容をお伝えしていなかったこと
お詫び申し上げます。
楽しみにしていた方ごめんなさい。

先日の東京大学第一次選抜通過発表の放送を
ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが

私は
センター試験で足切りでした。

応援してくださった皆様すみません!
一年たくさんの方に触れ勉強面以外の
ところで多くを学びました。
しかしそれは受験勉強というツールを通したからこそ
得られたものだったと思います。

今学生をされてる方、机上の勉強は将来
役に立たないわけではありません。
大人になってもわからない問題は
世の中には山ほどあって
それは勉強するよりもとても辛いことです。
勉強しておけばよかったとしか言えません。
勉強や何かひとつのことを頑張ること

って綺麗だなと思います。
ちゃごさんは初めて一生懸命やって
充実した一年だと言ってました。すごく羨ましかったです。

クラスで一位をとったRGさんをカッコイイと思いました。

スタッフの方は本当にず〜っとカメラを回し続けていました。
一つの作品のために本当に大変だったと思います。
今一生懸命頑張ってる方を私は羨ましく思います。
私もそうなりたいです。

私事ですが今日26才になりました。
この企画で出会ったひたむきに頑張ってる
人々のようになるために新しいスタートを
切りたいと思います!

一緒に勉強した10人のクラスメイトの方
ありがとうございました。
スタッフの方々お疲れ様でした。
陰で支えてくださった友人、家族
ありがとうございました!

本当にこの一年間
私を取り巻いた全ての方、
問い掛けてくれた全ての要素、
数学の難問ありがとう!
辛かった!楽しかった!
芸こそ東大一期生
枇杷田沙織

2007年03月01日 12:53
投稿者 枇杷田沙織 : この記事へのリンク

変わりました!

東京大学に合格するという目標を
達成させるためにやることと言ったら
とにかく努力。
一番はじめにコーチに「頑張れますか?」と
きかれたときはまさかこんなに大変な毎日が
始まるとは思ってもいませんでした。。

努力ってことばはよく使いますが、

「本当に努力した」

と胸をはって言える努力ってすごい苦しいのを
乗り越えて言えることなんだなって
今感じてます!

もともとMなので苦しい事は
平気だと思っていましたが
もぅ苦しくて苦しくて!笑

毎日最低8時間、仕事の無い日は15〜17時間の勉強!
24年間生きてきた勉強量をこの一年ではるかに
上回ったんじゃないかってぐらいでした。

そんな生活でも超若手芸人としての仕事は
きちんと頑張らなくてはいけなくて、
仕事と勉強の両立ができなくて体調を崩し
正直リタイアを考えたこともありました。

自己管理ができなくて睡眠時間を削って
無理をして体調を崩し、それで仕事をキャンセルすることが
あって多方面でいろんな方に迷惑を
かけてしまったので、
自分をせめて思い悩む。。。という悪循環!

一番悩んだのが
去年の9月くらいで
もぅ本当につらかったー!!!笑

いつも頭の中は
♪負けないでもぉすこし最後まで走り抜けてー
ってZARDさんでした。

私はダメなんじゃないかって本気で自分を
見失ってしまって。


そんな中でもただひたすら前をむいて
やり遂げられたということは
今の私にとってはすごく自信につながっています。

これで受かっていたらもっともっと
自信になったのですが。。泣

でも、
男にだまされ続けて人に誇れることのない
私が人生で初めて、人に自信をもって

「頑張ったんです!」

って言うことができるぐらい頑張れたから
シアワセだなって今、思っています☆


この企画で、私少し性格変わっちゃったみたいです!
勝ち気になった気がします!!

東大にあれだけ入りたい!学びたい!と
思っていた思いを早々忘れられなくて
企画としては終わってしまったけど
自分でいつか再チャレンジしてみたいなって
思っています。
実現できるかどうかはわからないけれど。


恋愛にもこのチャレンジ精神で無理でもあきらめない!
みたいな勝ち気さを応用できたら
ダメ男にはもうひっかからないのかも?!
(ストーカーと呼ばれる危険大だけど)笑


さておき、
本当にみなさんの応援のおかげでここまで
ネガティブ阿国が頑張ることができました。

本当に本当にありがとうございました☆

これからもこの企画で得た根性で、
頑張っていきますので応援よろしくお願いします☆

本当に、ありがとうございました♪

2007年03月01日 12:47
投稿者 出雲阿国 : この記事へのリンク

1年を振り返って

結果は不合格だったけど学ぶことは
ものすごく多かった。

一つ感じたことは

一緒に何かを真剣にやって初めて
真の親友はできるんだなということ。

受験したメンバー、コーチ陣、
スタッフさん達とはもう

♪一生一緒にいてくれや♪
状態。

一生の付き合いになる親友がたくさんできた。
そしてもう一つ感じたのは勉強の楽しさ。
この一年間、勉強辛いと思ったことは一度もなかった。
勉強時間とれなくて辛いと思ったことは何度もある。
いい点とりたい、もっと勉強したいという気持ちの方が強かった。
最後の方は半日ぶっ通しで勉強してもまだ物足りなかった。
完全に体質が変わってた。いや体質だけじゃない…

♪見てくれや才能も全部含めて♪
変わったんだ。
俺は変わったんだ。

何年も会ってなかった八幡浜の友達は前と
変わらず接してくれて応援してくれた。
家族は何時も応援してケツを叩いてくれた。
芸人の先輩方、そして後輩やスタッフさん、
いつも東大受験のことを気にかけてくれてた
そして二宮先生…

皆に絶対合格するて言って回ったのに
すいませんでした…

応援してくれたみなさん…
本当にすいませんでした…
今は申し訳ない気持ちしかないです。
書いててどんどん暗くなってきた。

リセットして
もう一回やりたいです!!

2007年02月28日 23:12
投稿者 レイザーラモンRG : この記事へのリンク

感謝

1年間ありがとうございました。

過去に受験経験のない私は、今まででイチバン机と
向き合う時間の長かった1年だったと思います。

新しいこと、たくさん覚えました。

たくさんの人と出会い、たくさんの経験をしました。
そして心強いたくさんの仲間たちと、
たくさんたくさん話して笑って、
最後は少し、泣きました。

ひとつのことに真剣に、全身全霊で向き合う姿勢。
みんなとても素敵だったな。

残念ながら東大合格は成らなかったけれど、
それでもよかったと今は思います。

教科書や参考書からだけじゃなくて、
本当に得るものの多い日々。
更に東大!なんて、贅沢すぎるかなって。

そんなこと言ったら怒られちゃうかな(^^;

でもそれくらい、他の何にも代え難い、
そんな1年だったのでした☆
本当にありがとうございました。
みなさんお疲れ様でした!

2007年02月28日 21:14
投稿者 西秋愛菜 : この記事へのリンク

 
テレビ東京