秘密結社パンサークローとは?

実態のない犯罪組織。道徳観、倫理論は当然の事、テロリストのような宗教的思想、政治的思想などの主義・思想も併せ持たない犯罪組織の為、何をしでかすかわからない恐ろしさがある。彼らの目的はただ一つ、金銭利益の追求である。これのみが、彼らを結束させているといっても過言ではない。その目的・欲望を満たす為には、医療機関、政府機関といった様々な形で社会との接点を持ち、生活に溶け込んで獲物を狙っているのである。大企業や金持ちだけがターゲットではなく、庶民の資産でさえ、その範疇なのだ。それ故に神出鬼没で、社会的地位がある者、学校の先生、隣の住民、あるいは自身の家族でさえ、組織の一員の可能性もある。彼らの存在は、もはや対岸の火事ではない。あなたはすでに狙われているかもしれないのだ。

中条有次(なかじょうゆうじ)/村上幸平(むらかみこうへい)

中条有次パンサークローの若きエリート幹部で、知能指数200を越える天才。あらゆるものを賭けの対象とし、法外な掛け金が横行するギャンブルによって利益を得ている。普段は、冷静沈着な青年だが、常に独り言を言っている印象がある。実は、中条は心の中に3つの人格を宿しており、自由にその人間性を変化させる事が出来る。青年、やんちゃな少年、そして冷酷非道の悪魔・ギザがあり、それぞれが独立した存在で、独自の論法を3者で語り合う事もやってのける。身体的にも未知の能力を持つ奥の知れない男。

デューク渡(デュークわたり)/マーク武蔵(マークむさし)

デューク渡中条とライバル関係にあるパンサークローの幹部。ダンディに生きるのが信条のようで、事ある毎にスーツを仕立て、毎日のエステやネイルサロンを欠かさない。非常に冷静で紳士的に見えるが、その実、とても細かい性格で執念深い。激昴すると言葉の端々に英語が混ざる。表向きはIT企業の社長だが、人間を生体兵器とする悪魔の実験を繰り返している。その成果なのか、自らも身体に特殊な能力を秘めているようだ。

烏川真由美(からすがわまゆみ)/エリカ

烏川真由美蛤学園の教師にして、パンサークローの幹部。日本全国から選ばれた優秀な人材だけが入学出来る蛤学園。その実態は、パンサークロー予備軍を育てる為の施設である。烏川は特に女生徒達に目を掛けているようだが、それもそのはず、彼女はサディストのレズビアンなのだ。故に、ハニーに対して他幹部とは違う執着を見せる。ひとたびキレると手がつけられないので、中条や渡さえも彼女を恐れている。

田中弘美(たなかひろみ)/ふせえり

田中弘美普通の商店街で魚屋を営んでいる主婦。というのは表向きで、実はパンサークローの幹部。魚屋を生業としながら商店街を転々とし、独自の法律を施行して住民を恐怖に陥れる。最も身近に存在するパンサークローと言っていいだろう。金を儲ける事に異常な執念を燃やしており、ぐうたら亭主の作之助共々、その素性には謎が多い。