水崎綾女インタビュー

2007年9月26日更新

■「キューティーハニー」とのファーストコンタクトは?
幹(みき=原幹恵さん)が言ってた「キューティーハニーF」は観た事ないんですけど、1番最初の「キューティーハニー」を再放送とかで何回か観てます。カッコいいというより、セクシーだなって感じました。ハニーの肌がピカピカでツルツルなので「ハニーはアンドロイドなんだな」って印象が強く残ってますね。

■早乙女ミキは、原作にはないオリジナルキャラクターですね
勉強の為に永井先生の漫画も読んだんですけど、当然ミキは出てこなかった(笑)。最初、ミキについては「何を考えてるかわからなくて無口」って伺ってたんですよ。だから「ああ、暗い役なんだな」とだけ思ってて(笑)。後から「ミキもフラッシュする」って聞いて、「えっ、フラッシュ出来るの?」って驚きましたね。ただ、フラッシュといってもハニーのとは違ってて、感情が左右したりして自身でうまくコントロール出来ない。私生活も謎で、家もハッキリしてないし、何故か女子更正施設を転々としているみたいで。生活感が全くないキャラクターなんですけど、そこを自分なりに膨らましたり考えながら演じてます。この先、ミキの過去に関する物語があると聞いているので、現在とのギャップが上手く出せたらいいなと思ってます。

■撮影で大変な事は?
5話で初めてフラッシュした時に、火薬がすごかったんです。念の為に、火傷防止の冷たいローションを塗ったんですけど、それでも熱くて。しかも音が大きくて、酸欠にもなって「もしかして、死ぬんじゃないか」と(笑)。それとミキのアクションは最初、バイオレンス的なんですよね。100発ぐらい、格好とか気にせずに殴るとか。お陰で腕はいつも筋肉痛です(笑)。今はもう、スタイリッシュなアクションになってますけど。女子更正施設のシーンも大変でしたね。水かけられたんですよ、ザバーッと。イジメって怖いですね(笑)。

■3人のハニーについて
3人とも完全に別々のキャラクターなので、そこがすごく面白い。3人共に完璧じゃない点も。ハニーは最後まで、明るくて優しいと思うんですけど、ミキとユキは…。これ以上は、見てのお楽しみという事にして下さい。そういえばハニーもユキも、いろんな職業にフラッシュしてるんですよね。2人ともカワイイ衣裳を着てて、うらやましいなぁ。ミキだけシスターミキしかないのが不満かな(笑)。

■ファンの方へのメッセージ
やっぱり、グラビアでは絶対に見れない顔をしてるので、それに注目して欲しいですタレントとして綺麗に撮ってもらってるのとは真逆の女優としての汚れてる表情。今まで演じて来た役とは180度違って、怒りの感情を表すキャラクターなので、細かい表情や目線を見逃さないでくれるとうれしいです。みなさんが心配する程、無口な役なんですけど(笑)、ちゃんと物語に絡む重要なキャラクターなので安心して下さいね。