竹田真恋人インタビュー

2007年9月26日更新

■「キューティーハニー」とのファーストコンタクトは?
原さんと同じで「キューティーハニーF」を小さい時に観てました。でも、本当に幼い頃だったので、細かい所まではちゃんとは憶えてなくて(笑)。剣持ユキ役が決まってから、ビデオをレンタルして勉強しました。

■剣持ユキは、原作にはないオリジナルキャラクターですね
最初に役柄を聞いた時は「私に出来るかな」って、ちょっと不安でした。普段はボーッとしてて、全然上品じゃないから(笑)。だから、ユキのおしとやかな雰囲気が出せるか心配でした。それ以上に、アクションが多いって聞いていたので、楽しみでもあり不安でもありました。今回の様に、連ドラでお芝居をするのは初めてなんですよ。しかも、メインキャラクター。以前は、ワーッてみんなで騒ぐ様な役が多かったので、ユキみたいにいろいろな感情を出して行く役が決まって、本当にうれしかったです。シスターユキとして現れるまでは、ユキはハニーの事が好きで追いかけ回すんですよ。横山監督からも「ユキはハニーの事、好きなんだよ。大好きなんだからね」って念を押されて(笑)。ユキは女の子なのに、ハニーに対して男の子のような愛情表現をするのところが難しいです。お父さん役の堀内(正美)さんは、一見すごく怖そうなんですけど、本番の前になごませてくれたり、お芝居のアドバイスをいただいたりして仲良くさせていただいてます。

■物語の途中から登場する事について
もう、かなり緊張しました。みんなより1ヶ月遅れなので。現場に怖い人とかいるんじゃないかって(笑)。でも、撮影の2ヶ月前から始まったアクション練習には、幹恵ちゃんと水崎ちゃんと一緒に参加していたので、すんなり現場に入れました。2人が撮影に入ってから後も、AAC STUNTSの練習に参加させていただいてたんですよ。でも、この前のアクションシーンの撮影は大変でした。アクションが辛いんじゃなくて、天候が(笑)。すごく晴れてたから、暑くて暑くて。おまけにスーツも革で、ウィッグもかぶってるから汗だくになりました。

■3人のハニーについて
幹恵ちゃんと水崎ちゃんとは本当に仲良しです。あと少ししたら撮影が終わっちゃうんですけど、それが寂しくて。でも、アフレコとかでその後も会えると思ったら、ちょっとホッとしました(笑)。3人のハニーってアイディアがすごく素敵だなと思ってるので、3人揃ってのポスターとか完成映像を早く見たいですね。

■今後の剣持ユキについて
今、16話あたりの撮影なんですけど、近、最終回までの展開をお聞きしまして。結構すごい事になってる(笑)。シスターユキは戦いの中で強さを出して、剣持ユキとしても意外な一面をうかがわせるようになる。でも、次第に変わって行くユキの気持ちは、お芝居としては模索しながらなんですけど、私自身としては理解出来るような気がします。

■ファンの方へのメッセージ
以前から私を知っている方も、この番組で初めて見たという方もいらっしゃると思います。初の連続ドラマへの出演なので、私もがんばっています。応援よろしくお願いしますね。