テレビ東京の番組を紹介するページです。


番組情報

「奪われた17年半~足利事件の“罪”~」

2010年3月27日(土)午後1:53~午後2:23


去年6月に突然釈放された足利事件の被告、菅家利和さんは3月26日の再審判決で晴れて「無罪」と
なる。
45歳から62歳までの17年半を奪われた菅家さんは昨年12月に地元の足利市へ戻り、新たな生活を
始めた。

無罪判決が出るとわかっている今も、菅家さんは外出時にマスクと帽子を着ける。
「今でも自分が犯人だと思っている人は必ずいる」と話す。
いったん崩れてしまった家族の形も戻らないままだ。
逮捕直後に急死した父の命日は未だにわからない。
17年半ぶりに戻った普通の生活は、決して元通りではない。
それでも、菅家さんはこの先の人生に向かって少しずつ踏み出している。
逮捕後に失効した免許の再取得のための勉強を今月から始めた。4月からは仕事も始める予定だ。

ディレクターは菅家さん逮捕の当日、足利で事件を取材し菅家さんを犯人だと報じた。
その後、否認に転じた菅家さんの裁判を傍聴しながらも判決は絶対だと信じ込み、真実を追求しようとは
しなかった。
菅家さんの釈放後、取材者としての至らなさを強く感じ取材を進めた。

菅家さんの姿を通して、国と社会が犯した過ちの大きさを問う。


記事の一覧に戻る