番組表

感動シネマ特別企画「60歳のラブレター」

2011年1月19日(水)夜9時放送

出演者

【キャスト】
中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵、石黒賢、原沙知絵

内容


語り尽くせないほどの「ありがとう」
夫から妻へ、妻から夫へ、言葉にできない想いを届けます!
日本中で交わされた愛の実話!


【解説】
長年連れ添った夫婦が感謝の言葉をはがきに綴る応募企画「60歳のラブレター」に着想を得た映画作品。メガホンをとるのは演出力の高さで注目を集める若手監督・深川栄洋。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」「キサラギ」の古沢良太。
そして個性的な3組の夫婦を演じるのは、中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵らの豪華キャスト。
人生をよりよく、美しく、輝いて生きていこうとするすべての人たちに、勇気と希望を与えてくれる感動作です。

【ストーリー/あらすじ】
仕事に打ち込み、大手建設会社の重役まで上り詰めた橘孝平(中村雅俊)と、妻のちひろ(原田美枝子)は孝平の定年退職を期に離婚を決めた。ちひろは30年間、愚痴をこぼすこともなく家族に尽くしてきた専業主婦。孝平の退職日も豪勢な手料理を食卓に並べ、帰りを待っていた。娘のマキ(星野真理)も同棲中の八木沼(内田朝陽)を連れ、父親の退職祝いにかけつけたが孝平は今日も家に帰ってこない…。

口げんかの絶えない魚屋夫婦、正彦(イッセー尾形)と光江(綾戸智恵)。正彦に糖尿が見つかってから、光江は夫の食事に気を遣い、毎晩のウォーキングを欠かさない。ある日、正彦は楽器店のショーウィンドウにずっと憧れていたギターが飾られているのを発見する。青春時代、ふたりはビートルズに熱中し一緒になったが、高価なギターは未だに手が届きそうにない…。

医者の静夫(井上順)は5年前に愛妻を亡くし、今は娘と2人暮らし。研究に没頭するもアメリカの研究チームに先を越され出世コースから脱落。しかし、海外医療小説の監修依頼をしてきた翻訳家・麗子(戸田恵子)と会えるのを楽しみにしている。一方、麗子も静夫に好感を抱き、細菌の話になると人がかわったように熱弁を振るう静夫に年甲斐もなくトキメくのだった。

そんな3組の大人のカップルが、それぞれの人生の岐路に立ったとき、目にする手紙とは…。









一覧に戻る

番組表

週間番組表はこちら

アクセスランキング

検索ワードランキング

旅グルメ
テレビ東京オンデマンド

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.