1. ホーム
  2. 社会貢献
  3. 次世代育成
  4. 海外からの留学生とニュース番組担当者がディスカッション〜「報道メディアとSNSの関係」について〜

社会貢献

  1. 次世代育成
    1. キャリア大学「報道と制作の現場を体験する」
    2. 新本社プレゼンルームでキャリア大学開催
    3. 被災地で作られている「杜のお菓子」
    4. 文科省から「校外学習」に表彰状
    5. クエストカップ2016 全国大会
    6. 「キャリア大学アワード2015」総合部門第2位&ベストレクチャー賞 ダブル受賞!
    7. 「オンリーワン体験スクール2015夏」テレビ東京で開催!
    8. 「キャリア大学」今年も授業開講!
      ~報道ワークショップで熱気溢れる~
    9. 雲南省少数民族の高校生が校外学習に!
    10. NY支局でスタジオ体験を実施
    11. 大学生向け講座「テレビはもっとおもしろくなる!~ワクワクする番組や企画書のつくりかた」を実施
    12. 「ニュースの現場を体験!」講座を実施
    13. 夏休み!子供たちだけで創る「ダンスフェスティバル」をお手伝い!
    14.   
    15. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施
    16.   
    17. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学
    18. 校外学習、海を渡る
    19. オンリーワン体験スクール2014春 開催報告
    20. ナナナも初出動!世田谷区の小学校で出前授業
    21. 「キャリア大学アワード」で総合部門第3位を受賞
    22. 2013テレビ東京インターンシップご報告
    23. 大学1年生対象に「報道の現場を知る」キャリア大学講座を実施
    24. インテリアデザイナー建築家の卵がテレビ美術セットを見学
    25. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    26. オンリーワン体験スクール2013春
    27. 専門学校生がスタジオで実技体験!
    28. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義
    29. バラエティー番組プロデューサーの職業講話
    30. テレビ局パビリオン
      「ピラメキッザニア」
    31. インターンシップへの協力
    32. 出張授業でアニメのプロデューサーが仕事体験をお話し
    33. 出前授業「働く人の話を聞く会」
    34. プロ用機材で… 出張「カメラ体験」
    35. 高校の先生が校外学習を体験
    36. 出前授業「職業人に話を聞く会」
    37. 留学生が校外学習
    38. 教員の企業研修に協力
    39. 夏休みオンリーワン体験スクール
    40. 筑波大附属高校
    41. 歌津中学、西巣鴨中学
    42. 福島県相馬高校
    43. びっくり!カイシャ見学
  2. TXNチャリティ募金
  3. その他の社会貢献
    1. 放送・制作現場での取り組み
    2. 災害備蓄品を寄付しました(2014年12月4日)
    3. オリジナル“取材手帳” 完成!!
    4. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    5. 買って応援!食べて応援!チャリティマルシェ開催
    6. テレビ局の宣伝・PRについて体験講座
    7. 株主総会のお土産で被災地の障がい者を支援
    8. 寄付付き自動販売機を設置 ~ 日本赤十字社に寄付
    9. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    10. 「舟を編む」チャリティー試写会
    11. チャリティーマルシェを開催
    12. クラシック音楽で東日本大震災復興支援
    13. カレンダーのリサイクル
    14. エコプロダクツに参加
    15. 社内勉強会
    16. 河北新報で報奨金を寄付
    17. ペットボトルキャップのリサイクル
    18. 中国のメディア関係者にアニメ事業の講義
    19. 寄付付き自動販売機
    20. 非常食で国際貢献
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

次世代育成

海外からの留学生とニュース番組担当者がディスカッション
〜「報道メディアとSNSの関係」について〜

2012年8月15日終戦記念日-。

テレビ東京には海外からの留学生6名と慶大生24名が集まり、『ワールドビジネスサテライト』の番組プロデューサーらとともに英語のディスカッションを繰り広げました。

テレビ東京では通常、小学5年生~高校生までを対象とした校外学習の受け入れを行っていますが、今年に入ってから2度も中国からの来訪者があるなど国際化が進んでいます。

今回は、交換留学を運営する慶応大学国際関係会から「留学生とともにディスカッションを交えたプログラムを」というリクエストが舞い込んできました。しかも「all Englishで」という要望で。

講義とディスカッションを担当したのは、『ワールドビジネスサテライト』の大信田雅二プロデューサーと『ワールドビジネスサテライト』Facebook責任者・山本名美。司会進行を務めたのは塩田真弓アナウンサー。

対する留学生は、スウェーデン、スロヴェニア、ポーランド、ブルガリア、フィンランド、ベトナムからと幅広い国からの留学生と帰国子女を多く含む慶大生で、最初から最後まで本当にall Englishでプログラムは進行しました。

ディスカッションの様子

講義に聞き入る留学生

テーマは「報道メディアとSNSとの関係」について

大信田プロデューサーがまず、テレビの報道メディアの概論や『ワールドビジネスサテライト』の番組の特徴などを話し、次にFacebookの責任者・山本が新聞、テレビ、SNSそれぞれのメディアの違いなどを検証したうえで、『ワールドビジネスサテライト』のFacebookが軌道に乗るまでの経緯や現在の反響などについて説明しました。

熱弁する講師陣

  • 「Facebookの記事を書くライターのストラテジーの統一はどうなっているのか?」
  • 「報道メディアとエンターテインメント性のバランスはどう取っているのか?」
  • 「利益を得られるわけではないのにFacebookに意味があるのか?」
  • 「Facebookをすることで視聴率に反映されるのか?」
  • 「日本の政府はメディアをコントロールしているのではないか?」

など次々と出る質問に対し、2人の講師が誠実に言葉を選びながら対応しました。

講師側からは、「若者のニュース離れが進んでいるが、皆さんはどのくらいの頻度でテレビニュースを見るか」と質問を投げかけました。1日に少なくとも1回は視聴するという人が10名くらいしかいないのを知った大信田プロデューサーからは「世の中で何が起きているかを知るために重要なのでニュースは見てほしい」
「インターネットだと自分が興味のあるニュースばかり読んでしまいがちだが、あらゆる種類のニュースを見てほしい」などとアドバイスしました。

以下は、留学生と慶大生からの感想です。

  • 「プロデューサーが体験談も交え、今の日本の学生にメディアができることに関して、ご自身の考えをおっしゃってくださった。交換生にも満足してもらえる企画になったのではないかと思う」
  • 「もっと時間をとれるのであれば、テレビ番組作成のプロセスを実際のアクティビティを通して実感できたらめっちゃ楽しいんじゃないかと思った」
  • 『ワールドビジネスサテライト』のFacebookページのファンからの期待に応えようとする姿勢が強く印象に残った。熱心なファンによる口コミがFacebookページを、また番組そのものの魅力を伝える役割を担っているのではないかとも思った」
感想を話す留学生
  • 「若者とつながっているFacebookを使うことで彼らにニュースをより興味深く真剣に考えさせるのではと思った」
  • 「ディスカッションでは、せっかくなので国毎の相違点、共通点、それぞれならではの視点ももう少し聞いてみたかったです」
  • 「報道方面の仕事を志望する人間として、テレビ局という自らの志望の最前線の現場を目の当たりにできたことは得難い経験だった」
  • 「収録中のスタジオを見られるとは思わず、貴重な体験でとてもうれしかった」
感想を話す留学生

今後も可能な限り、様々な要望に対応した「カスタマイズ型校外学習」ができればと考えています。

このページの先頭へ