1. ホーム
  2. 社会貢献
  3. 次世代育成
  4. キャリア教育の充実に向けて高校の先生が「校外学習」を体験

社会貢献

  1. 未来をつくる次世代の育成
    1. キャリア大学「報道と制作の現場を体験する」
    2. 新本社プレゼンルームでキャリア大学開催
    3. 被災地で作られている「杜のお菓子」
    4. 文科省から「校外学習」に表彰状
    5. クエストカップ2016 全国大会
    6. 「キャリア大学アワード2015」総合部門第2位&ベストレクチャー賞 ダブル受賞!
    7. 「オンリーワン体験スクール2015夏」テレビ東京で開催!
    8. 「キャリア大学」今年も授業開講!
      ~報道ワークショップで熱気溢れる~
    9. 雲南省少数民族の高校生が校外学習に!
    10. NY支局でスタジオ体験を実施
    11. 大学生向け講座「テレビはもっとおもしろくなる!~ワクワクする番組や企画書のつくりかた」を実施
    12. 「ニュースの現場を体験!」講座を実施
    13. 夏休み!子供たちだけで創る「ダンスフェスティバル」をお手伝い!
    14. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施
    15. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学
    16. 校外学習、海を渡る
    17. オンリーワン体験スクール2014春 開催報告
    18. ナナナも初出動!世田谷区の小学校で出前授業
    19. 「キャリア大学アワード」で総合部門第3位を受賞
    20. 2013テレビ東京インターンシップご報告
    21. 大学1年生対象に「報道の現場を知る」キャリア大学講座を実施
    22. インテリアデザイナー建築家の卵がテレビ美術セットを見学
    23. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    24. オンリーワン体験スクール2013春
    25. 専門学校生がスタジオで実技体験!
    26. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義
    27. バラエティー番組プロデューサーの職業講話
    28. テレビ局パビリオン
      「ピラメキッザニア」
    29. インターンシップへの協力
    30. 出張授業でアニメのプロデューサーが仕事体験をお話し
    31. 出前授業「働く人の話を聞く会」
    32. プロ用機材で… 出張「カメラ体験」
    33. 高校の先生が校外学習を体験
    34. 出前授業「職業人に話を聞く会」
    35. 留学生が校外学習
    36. 教員の企業研修に協力
    37. 夏休みオンリーワン体験スクール
    38. 筑波大附属高校
    39. 歌津中学、西巣鴨中学
    40. 福島県相馬高校
    41. びっくり!カイシャ見学
  2. TXNチャリティ募金
  3. その他の社会貢献
    1. 放送・制作現場での取り組み
    2. 災害備蓄品を寄付しました(2014年12月4日)
    3. オリジナル“取材手帳” 完成!!
    4. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    5. 買って応援!食べて応援!チャリティマルシェ開催
    6. テレビ局の宣伝・PRについて体験講座
    7. 株主総会のお土産で被災地の障がい者を支援
    8. 寄付付き自動販売機を設置 ~ 日本赤十字社に寄付
    9. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    10. 「舟を編む」チャリティー試写会
    11. チャリティーマルシェを開催
    12. クラシック音楽で東日本大震災復興支援
    13. カレンダーのリサイクル
    14. エコプロダクツに参加
    15. 社内勉強会
    16. 河北新報で報奨金を寄付
    17. ペットボトルキャップのリサイクル
    18. 中国のメディア関係者にアニメ事業の講義
    19. 寄付付き自動販売機
    20. 非常食で国際貢献
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

次世代育成

キャリア教育の充実に向けて高校の先生が「校外学習」を体験

東村山西高等学校の先生が来社し、今後の教育現場のキャリア教育プログラム導入に向けて、「校外学習」を体験しました。

参加したのは、3年次以下の若手と進路指導・教員研修担当の先生あわせて7名です。

  • 「今後、生徒を連れてくることを想定して参加したい」
  • 「教師以外との接点が少ないので視野を広げたい」

など、今後のキャリア教育の充実と、先生自身の研修を兼ねたものになりました。

子供たちが受講する時と同様に、まずはDVDで事前学習。

「テレビ東京のお仕事」という10分くらいの映像で、仕事全体を把握していただきました。映像は自社制作で、番組に出演するタレントさんからのスペシャルコメントもある楽しいもので、先生方の顔にも笑顔が。

DVDの後は現場見学です。

情報番組のカメラリハーサルを見学し、続いてニュースフロアへ移動。ニューススタジオでキャスター席に座って原稿読みを体験したり、カメラ室でニュースカメラを実際に担いで撮影をしてみたり、最後は放送の指示を出す副調整室(サブ)でニュースの生放送の様子を見学。子供たちと同じようにドキドキわくわくしていただき、「情報の切り取りって、ニュースも授業も似ていますね!」「カメラって結構重いですね」など、和気あいあいと会話が弾みました。

スタジオで原稿読みに挑戦

副調整室にてOAを見学。「現場の緊張感は想像以上でした」

「ニュースカメラって重いんですね…」

後半は「ガイアの夜明け」プロデューサーとの対話。

今回は「世界を救うニッポンの技術」(2008年6月OA)がテーマで、事前にDVDをお送りし視聴してもらいました。最初にプロデューサーから番組コンセプトや方針、「世界を救うニッポンの技術」(画期的な浄化剤でバングラデシュの水危機を救う日本ポリグルを紹介)の切り口について説明。その後、先生方からの質疑応答に答える形で

  • 毎回のテーマをどうやって見つけるのか
  • 取材期間や取材における配慮
  • 視聴者からの反応

などについて「世界を救うニッポンの技術」ではどうだったのかをベースに説明しました。

話を聞く先生方

「ガイアの夜明け」プロデューサーからのお話

先生から「番組から高校生に伝えたいメッセージ」を求められた時に、プロデューサーが、視聴者からいただいた一通のメールを紹介しました。

<メール抜粋>

はじめまして、小3の子供の母親ですが
6月3日放送の日本ポリグルの会長さんの回を子供と見ていました。

本来ならとっくに寝なくてはいけない時間帯なのに
頑として子供は最後まで見させてとテレビの前から離れずに
終盤は涙を浮かべて見入っていました。

ただ浄化剤を送るだけでなく、自ら現地に赴きその現状を把握し対処する姿は
まだ幼い子供にも大きな存在に映ったと思います。

番組を見る中で、本当の英雄とは見栄を張るためにお金を使うのではなく
人の平等のために身を粉にし、多くの人から感謝される人だと子供に教えることもできました。
(以下省略)

「ガイアの夜明け」の主役はタレントや有名人ではなく無名の働く人が多いので、高校生に番組を見てもらうことで「こんな風に働いている人はいいな」「仕事を通して自己実現し、"社会に出ることも悪くないな"」と感じてほしいと番組側の思いを伝えると、皆、大きくうなずいていました。

先生方からは、「生徒たちに将来の夢を持ってほしい」ということや、一方で生徒たちが知っている職業はCMなどに出てくる有名企業ばかりだが実際に求人票が来るのは中小企業でギャップがあるので、もっと幅広い企業を取り上げてほしい、教材DVDがほしいが高額であること、企業と教育界がもっと連携した方がよいなど、現場の戸惑いや悩みを交えた要望が寄せられました。

生徒に夢を持って社会に出てほしいという思いは番組も学校の先生も同じであることがお互いに理解でき、意義のある意見交換の場となりました。

次はぜひ、生徒の皆さんにも体験してほしいと思いました。

このページの先頭へ