1. ホーム
  2. 社会貢献
  3. 次世代育成
  4. 出前授業「働く人の話を聞く会」

社会貢献

  1. 次世代育成
    1. キャリア大学「報道と制作の現場を体験する」
    2. 新本社プレゼンルームでキャリア大学開催
    3. 被災地で作られている「杜のお菓子」
    4. 文科省から「校外学習」に表彰状
    5. クエストカップ2016 全国大会
    6. 「キャリア大学アワード2015」総合部門第2位&ベストレクチャー賞 ダブル受賞!
    7. 「オンリーワン体験スクール2015夏」テレビ東京で開催!
    8. 「キャリア大学」今年も授業開講!
      ~報道ワークショップで熱気溢れる~
    9. 雲南省少数民族の高校生が校外学習に!
    10. NY支局でスタジオ体験を実施
    11. 大学生向け講座「テレビはもっとおもしろくなる!~ワクワクする番組や企画書のつくりかた」を実施
    12. 「ニュースの現場を体験!」講座を実施
    13. 夏休み!子供たちだけで創る「ダンスフェスティバル」をお手伝い!
    14.   
    15. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施
    16.   
    17. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学
    18. 校外学習、海を渡る
    19. オンリーワン体験スクール2014春 開催報告
    20. ナナナも初出動!世田谷区の小学校で出前授業
    21. 「キャリア大学アワード」で総合部門第3位を受賞
    22. 2013テレビ東京インターンシップご報告
    23. 大学1年生対象に「報道の現場を知る」キャリア大学講座を実施
    24. インテリアデザイナー建築家の卵がテレビ美術セットを見学
    25. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    26. オンリーワン体験スクール2013春
    27. 専門学校生がスタジオで実技体験!
    28. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義
    29. バラエティー番組プロデューサーの職業講話
    30. テレビ局パビリオン
      「ピラメキッザニア」
    31. インターンシップへの協力
    32. 出張授業でアニメのプロデューサーが仕事体験をお話し
    33. 出前授業「働く人の話を聞く会」
    34. プロ用機材で… 出張「カメラ体験」
    35. 高校の先生が校外学習を体験
    36. 出前授業「職業人に話を聞く会」
    37. 留学生が校外学習
    38. 教員の企業研修に協力
    39. 夏休みオンリーワン体験スクール
    40. 筑波大附属高校
    41. 歌津中学、西巣鴨中学
    42. 福島県相馬高校
    43. びっくり!カイシャ見学
  2. TXNチャリティ募金
  3. その他の社会貢献
    1. 放送・制作現場での取り組み
    2. 災害備蓄品を寄付しました(2014年12月4日)
    3. オリジナル“取材手帳” 完成!!
    4. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    5. 買って応援!食べて応援!チャリティマルシェ開催
    6. テレビ局の宣伝・PRについて体験講座
    7. 株主総会のお土産で被災地の障がい者を支援
    8. 寄付付き自動販売機を設置 ~ 日本赤十字社に寄付
    9. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    10. 「舟を編む」チャリティー試写会
    11. チャリティーマルシェを開催
    12. クラシック音楽で東日本大震災復興支援
    13. カレンダーのリサイクル
    14. エコプロダクツに参加
    15. 社内勉強会
    16. 河北新報で報奨金を寄付
    17. ペットボトルキャップのリサイクル
    18. 中国のメディア関係者にアニメ事業の講義
    19. 寄付付き自動販売機
    20. 非常食で国際貢献
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

次世代育成

出前授業「働く人の話を聞く会」

世田谷区千歳中学校のキャリア教育プログラム「働く人の話を聞く会」で、矢内雄一郎アナウンサーが講師として訪問し、アナウンサーのお仕事について話しをしてきました。

プログラムは約80名の中学1年生が対象で、今回はエッセイストや社会福祉士、エスティシャン、そば屋、弁護士、ツアーコンダクター等、様々な職業人12人が参加。

働く人の話を聞く会の様子

生徒たちは、各自が興味をもった職業について事前に調べ「職業新聞」を作成していました。こちらが誌面の一部で、アナウンサーについては「仕事はナレーション、司会、実況中継と多岐にわたる」「スポーツの実況中継には歯切れのよさ、的確な描写力、対象への十分な理解など多くの要素が不可欠」などと、自分たちなりにその職業についての理解を深めた上で、「話しを聞く会」に臨みました。

<生徒たちが事前に作成した職業新聞>

プログラムは1回20分×4回。20分はかなり短いように思えますが、生徒たちの集中力を考えるとこのくらいがちょうどよいそうです。

最初に矢内アナから、競馬の実況中継を担当していること、画面に出ていない時は取材や情報収集をしていることをお話ししました。実況中継するために、その日のレースに出場する騎手の洋服や帽子の色、馬の名前、特徴、過去の戦歴等を調べ、1レース毎にフリップのようなメモを作成し、頭にたたき込むのです。レースでは1回あたり最大18頭の馬が出馬し、1日10レースくらいあるということに、生徒たちも驚いていました。

実況中継前に作成する資料を見せながら仕事の説明をする矢内アナ

話しを聞きながら、職業についての「いいね!発見シート」に記入する生徒たち

その後、生徒からの様々な質問がありました。例えば、アナウンサーを目指した理由、仕事において大切にしていること、仕事のやりがいや誇りなど、仕事観に関する質問が主でした。

生徒代表から様々な質問がされました

矢内アナからは「最初の1年間は練習ばかりで辛かったが、認められた時は達成感とやりがいがあった」「ニュースを理解して自分の言葉で分かりやすく伝えることが大切」などと説明。
最後に、矢内アナがアナウンサーを目指したのは中学1年生の時でずっと信じて生活してきたので、「夢は絶対に叶う」と生徒の皆にエールを贈りました。

「夢は絶対に叶う」というメッセージを色紙に書いて生徒にプレゼント

<講師を務めた矢内アナのコメント>

実は私がアナウンサーを目指したのが中学1年生の時で、それからずっとアナウンサーに「絶対になれる」と信じて、夢を諦めずにいたらアナウンサーになる事が出来ました。
夢を持たない子や、早々諦めてしまう子も多い中、私は夢を持つ事の大切さや、夢の実現のために今からでも出来る事があるという事を伝えられたらと思い、今回の会に臨みました。
実際に生徒の前に立って話をしてみると、私の普段の仕事の話や、アナウンサーが普段どんな事を考えて仕事をしているかなど、非常に興味深そうに聞いてくれました。
特に競馬中継の時に使う自作の実況資料を見せた時には、とても興味を持ってもらえました。私が伝えたいと思って話した事を、一言一言真剣な様子でメモに取る姿を見る事が出来て、参加して良かったなと思いました。
またこのような機会があれば、中学生のみならず、小学生や高校生、大学生などに「夢を持つ事の大切さ」、「夢は諦めなければ絶対に叶う」という事を伝えられたらと思っています。

このページの先頭へ