1. ホーム
  2. 社会貢献
  3. 次世代育成
  4. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義

社会貢献

  1. 未来をつくる次世代の育成
    1. キャリア大学「報道と制作の現場を体験する」
    2. 新本社プレゼンルームでキャリア大学開催
    3. 被災地で作られている「杜のお菓子」
    4. 文科省から「校外学習」に表彰状
    5. クエストカップ2016 全国大会
    6. 「キャリア大学アワード2015」総合部門第2位&ベストレクチャー賞 ダブル受賞!
    7. 「オンリーワン体験スクール2015夏」テレビ東京で開催!
    8. 「キャリア大学」今年も授業開講!
      ~報道ワークショップで熱気溢れる~
    9. 雲南省少数民族の高校生が校外学習に!
    10. NY支局でスタジオ体験を実施
    11. 大学生向け講座「テレビはもっとおもしろくなる!~ワクワクする番組や企画書のつくりかた」を実施
    12. 「ニュースの現場を体験!」講座を実施
    13. 夏休み!子供たちだけで創る「ダンスフェスティバル」をお手伝い!
    14. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施
    15. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学
    16. 校外学習、海を渡る
    17. オンリーワン体験スクール2014春 開催報告
    18. ナナナも初出動!世田谷区の小学校で出前授業
    19. 「キャリア大学アワード」で総合部門第3位を受賞
    20. 2013テレビ東京インターンシップご報告
    21. 大学1年生対象に「報道の現場を知る」キャリア大学講座を実施
    22. インテリアデザイナー建築家の卵がテレビ美術セットを見学
    23. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    24. オンリーワン体験スクール2013春
    25. 専門学校生がスタジオで実技体験!
    26. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義
    27. バラエティー番組プロデューサーの職業講話
    28. テレビ局パビリオン
      「ピラメキッザニア」
    29. インターンシップへの協力
    30. 出張授業でアニメのプロデューサーが仕事体験をお話し
    31. 出前授業「働く人の話を聞く会」
    32. プロ用機材で… 出張「カメラ体験」
    33. 高校の先生が校外学習を体験
    34. 出前授業「職業人に話を聞く会」
    35. 留学生が校外学習
    36. 教員の企業研修に協力
    37. 夏休みオンリーワン体験スクール
    38. 筑波大附属高校
    39. 歌津中学、西巣鴨中学
    40. 福島県相馬高校
    41. びっくり!カイシャ見学
  2. TXNチャリティ募金
  3. その他の社会貢献
    1. 放送・制作現場での取り組み
    2. 災害備蓄品を寄付しました(2014年12月4日)
    3. オリジナル“取材手帳” 完成!!
    4. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    5. 買って応援!食べて応援!チャリティマルシェ開催
    6. テレビ局の宣伝・PRについて体験講座
    7. 株主総会のお土産で被災地の障がい者を支援
    8. 寄付付き自動販売機を設置 ~ 日本赤十字社に寄付
    9. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    10. 「舟を編む」チャリティー試写会
    11. チャリティーマルシェを開催
    12. クラシック音楽で東日本大震災復興支援
    13. カレンダーのリサイクル
    14. エコプロダクツに参加
    15. 社内勉強会
    16. 河北新報で報奨金を寄付
    17. ペットボトルキャップのリサイクル
    18. 中国のメディア関係者にアニメ事業の講義
    19. 寄付付き自動販売機
    20. 非常食で国際貢献
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

次世代育成

「ペット大行進!」プロデューサーによる講義

~演出の技法をこっそり披露~

今回の校外学習の特別講師は「ペット大行進!ど~ぶつくん」の三沢大助プロデューサー!
京都の私立立命館高等学校の生徒に対し、「テレビ番組の演出の技法」についてお話しました。
「演出の技法」というと難しい講義のようですが、三沢プロデューサーは担当番組を教材に使いながら、3つの演出効果を説明してくれました。

「右と左、どちらのイヌの写真が好きですか?」という質問に、多くの生徒が「右」!
実はワケがあります。
これは、「左側から映した顔は、美しさや親近感を感じさせる」、「右側から映した顔は力強さや圧迫感を印象づける」というカメラアングルによる効果だということで、番組をつくる際にもこの効果を考えて女優さんや司会者などのポジションを決めているということです。これは動物にもあてはまるということです!

昨今、SNSなどで双方向の面白さにハマる若者が多くいますが、これに比べてテレビは一方通行になりがちなメディア。デジタル放送の双方向機能を使った視聴者参加型の番組も少しずつ増えてはいますが、テレビ制作者はそうした機能を使わずに双方向を感じてもらう「疑似双方向」の要素を番組に取り入れるように工夫しているということでした。
具体的には、ロケVTRなどが流れている時にゲストの顔がワイプで出てきて視聴者の代わりに反応したり、レポーターがロケ現場で出来るだけ質問を連発し、視聴者の聴きたいことを引き出したり・・・。こうした「疑似双方向」により、「視聴者参加型」を演出しているということです。

ドキュメンタリーバラエティなどでは、制作時に一定の状況設定、つまり場の設定をしますが、その設定を視聴者がすんなりと受け入れられるように、あたかも視聴者が制作者と共犯者になるかのような仕掛けをしています。具体的には、「初めての犬のお散歩コーナー」で、お母さんからお散歩を頼まれた子供が不安な表情を見せながらもOKする、次に撮影カメラマンもあえて見切れさせることで視聴者も共犯者、つまり、スタッフと同じ立場で子供のお散歩を見届ける気持ちにさせるというものです。

様々なカットが綿密に計算しつくされている「演出の技法」に、生徒のみならず、先生までが驚いたり、感心したり・・・。密度の濃~い講義でした。

このページの先頭へ