番組・コンテンツづくり

  1. テレ東の人に聞いてみた
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

テレビ東京のドラマづくり2016年

INTERVIEW 編成局次長 兼 ドラマ制作部長 岡部 紳二
テレビ東京のドラマづくり
テレビ東京らしさを活かして、「見て良かった」と思っていただける作品を、真剣にづくり続けたい

編成局次長 兼 ドラマ制作部長

岡部 紳二

テレビ東京のドラマの魅力は、いかにして生みだされてきたのでしょうか。これまでのドラマ制作の歩みや、今後の展望を岡部ドラマ制作部長に伺いました。

テレビ東京のドラマの特長を教えてください。
テレビ東京はドラマ制作において後発の存在であり、番組を放送する系列局も決して多くありません。そこで他局の既存のドラマから良さを学びつつも、チャレンジ精神を持ち、原作の選定やキャスティングなどエッジが効いた企画を意識してドラマを制作しています。もちろん、より多くの視聴者に見ていただけるようマーケティングを行うなど力を尽くしていますが、必ずしもその結果だけにとらわれず、「制作者自身が見たいと思う作品をつくる」ことが基本の姿勢。最近ではシルバーエイジを主人公にした『三匹のおっさん~正義の味方、見参!!~』や、大ヒット映画をリメイクした『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』など、これまでのゴールデンタイムのドラマの常識を覆すような作品に挑戦し続けてきました。
BSジャパンのドラマ制作も同様で、視聴者層が限られていて地上波では放送が難しくなっている時代劇を連続ドラマで復活させるなど、常にチャレンジングな取り組みを行っていると思います。
最近では連続ドラマ枠に注目が集まっています。
『ドラマ24』以前にも連続ドラマ枠がありましたが、軌道に乗せることができず、やむなく終了となりました。だからこそ「連続ドラマ枠を定着させたい」という思いが強く、2005年に『ドラマ24』を立ち上げました。とはいえ、当時は連続ドラマを制作するノウハウはほとんどなく、キャスティングや原作の獲得などすべてが手探り状態。第一弾の『嬢王』は深夜帯としては大ヒットとなる平均視聴率5.8%を記録しましたが、その後はヒット作品がなかなか生まれず苦しい時期が続きました。放送開始が迫る中、手配ミスにより一から企画を考え直さなければならなくなったこともあります。
現在も試行錯誤を続けていますが、“とんがったドラマ”という軸をぶらさずにつくり続けた結果、『ドラマ24』に対する認知度は確実に高まっています。スタート時は「テレビ東京でドラマを放送しているの?」といった反応でしたが、今では視聴者から「テレビ東京のドラマは侮れない」と言っていただけることも。また、制作会社や監督、原作者、役者の方々にも認知が広まったことで、「ぜひ『ドラマ24』でやりたい」「参加したい」と自ら手を挙げていただけることも増えました。
2013年にはもう一つの連続ドラマ枠となる『金曜8時のドラマ』がスタートし、ファミリー層をターゲットにした作品で好評を博しています。今後は『ドラマ24』で平均視聴率5%、『金曜8時のドラマ』で平均視聴率10%を目指し、各作品をつくり込んでいきたいと思います。
ドラマ制作における課題は何ですか。

今はまだ「テレビ東京のドラマ」を確立している段階であり、出演いただいたことがない役者さんがたくさんいます。より魅力的なキャスティングをするためにも、「このドラマなら挑戦したい」と思われる企画を生みだしていかなければなりません。エッジが効いた作品にこだわる一方で、視聴者が見たいと思うものをもっと拾い上げ、それを作品に反映させるノウハウを蓄積することも必要だと感じています。
また、ゴールデンタイムの連続ドラマが1枠のみであることも課題の一つです。今後は3枠まで増やせるようチャレンジしていきたいと思っています。そこでポイントとなるのが、視聴者層の幅を広げること。テレビ東京のドラマの視聴者は全体的に年齢層が高く、比較的男性が多くなっています。

若者や30~40代の女性など、これまでカバーしていなかった視聴者にもアプローチしていかなければなりません。プロデューサー一人ひとりの能力アップを図りながら若手も積極的に起用し、制作体制を強化していきたいと考えます。

今後のドラマ制作に対する意気込みをお聞かせください。
今年9月には「テレビ東京 六本木3丁目移転プロジェクト」と題し、大型企画となる3本のスペシャルドラマをお届けすることができました。2019年には開局55周年を迎えます。大型企画を再び実現できるよう、動きだしていきたいと思います。
近年は各局が動画配信サービスを活用するなど、さまざまな形でドラマを視聴できるようになりました。視聴の仕方が変化している今だからこそ、私たちは腰を据えて視聴してくれた皆さんに「見て良かった」と思っていただける作品を真剣につくり続けたい。その上で視聴率アップにこだわっていきます。そして『ドラマ24』や『金曜8時のドラマ』をテレビ東京の看板番組に育てていくことを目指します。

PROFILE

編成局次長 兼 ドラマ制作部長

岡部 紳二

1988年入社。人事部、ニュース報道部、編成部、情報バラエティー制作などを経て、2001年ドラマ制作部に異動。プロデューサーとして活躍しつつ、連続ドラマ枠『ドラマ24』』や『金曜8時のドラマ』を立ち上げ、現在はドラマ制作部長を務める。

このページの先頭へ