番組・コンテンツづくり

  1. テレ東の人に聞いてみた
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

びっくり!カイシャ見学2011年

INTERVIEW 営業局営業部 大庭竹 修、NPO法人 TABLE FOR TWO International 代表理事 小暮 真久
びっくり!カイシャ見学
番組を通じてCSRの取り組みを広めより良い社会の実現を目指したい

営業局営業部

大庭竹 修

NPO法人 TABLE FOR TWO International 代表理事

小暮 真久

かつて、企業の最も大きな目的は利益を上げることだとされていた時代がありました。しかし、今や時代は変わり、CSRの取り組みが企業価値や企業イメージに大きな影響を与えるようになっています。参加型 みんなで社会貢献テレビ『びっくり!カイシャ見学』は、企業のCSRに着目し、子供たちが企業を訪ねていくことで、企業の様々な取り組みを伝える番組。番組の立ち上げにも協力していただいたNPO法人TABLE FOR TWO Internationalの小暮さんを交え、営業部の大庭竹さんに、番組について語っていただきました。

CSRというと欧米の取り組みが先進的だと言われますが、まずは日本における企業のCSRについてのお考えをお聞かせください。
大庭竹
もともと、日本には社会貢献活動などを表向きにアピールする文化がありません。それはつまり、社会に役立つ様々な良い活動を行っていても、その活動が認知されにくいのが実情だと思います。
NPO法人としての活動を通じて企業のCSRの取り組みを支援するTABLE FOR TWO International(以下、TFT)では、この現状をどのように見られますか。
小暮
大庭竹さんのおっしゃる通りですね。日本企業の中には、世界的な先進事例として取り上げられるほど素晴らしいCSRを行っているところもあるのに、"良いことは隠れてせよ"といった風潮があり、なかなか表に出てこないように感じます。
TFTではCSRの推進をサポートする取り組みを行っているそうですが、実際にはどのような活動を行っているのですか。
大庭竹 修、小暮 真久

小暮
対象の定食や食品を購入することで1食につき20円が寄付され、その20円が開発途上国の子供たちの給食費になるという仕組みの活動を運営しています。この活動の意義に賛同し、参加される日本企業は500社を超えるまでになりました。
『びっくり!カイシャ見学』では、TFTプログラム参加企業をご紹介するといったかたちでご協力しているんです。

『びっくり!カイシャ見学』はCSRを軸としていますが、番組づくりにおいて特筆すべきポイントはどこでしょうか。
大庭竹
一番の特徴は、子供目線で企業の取り組みを伝えていることです。あくまでも「誰が見ても楽しい番組」として企業のCSRを取り上げることが大切で、できるだけ前提知識のない子供たちが見て学んだことの感想をベースに企画を考えました。そうすることで、過度な企業のアピールにならないよう気をつけました。
小暮
初めてこの番組の話を聞いた時、これはおもしろいアイデアだなと感じました。子ども目線に立った番組なので非常にわかりやすくつくられていますし、CSRや社会貢献活動というと大人でも意外と知らないことが多いので、お子さんと親御さんが揃って楽しめる番組になっていると思います。
具体的に、番組づくりにおいて心がけていることはありますか。

『びっくり!カイシャ見学』住友化学では殺虫効果のある薬を練り込んだ蚊帳をアフリカで製造販売している(2010年6月27日OA回より)

大庭竹
たとえば、初回放送で取り上げた総合化学メーカーの住友化学は、殺虫効果のある薬を繊維に練り込んだ蚊帳をアフリカで地元の労働力を活用し、安価に販売しています。目的は、マラリアの撲滅。この取り組みは自社の本業である技術を活かしたCSRであり、現地工場で製造するなど雇用の創出にも貢献しているのです。このように、企業を取り上げる際にはその企業独自の技術など、可能な限り本業に絡めてからきちんと紹介するようにしています。
また、番組で取り上げることが、企業やテレビ東京の過度なセールスプロモーションに見えないように気をつけています。そのため、たとえば1番組につき4社程度の取り組みを紹介する、商品情報は取り上げないといったことをルールとしています。

『びっくり!カイシャ見学』は、あくまでも企業の取り組みを紹介する番組。PR的要素とは一線を画しているのですね。
大庭竹
そうですね。番組づくりの観点から言うと、メッセージ性を強め過ぎないようにも注意しています。『びっくり!カイシャ見学』も、テレビ番組としておもしろいと思える番組づくりを心がけています。もちろん、見終わった時には、きちんと企業のCSRの取り組みが伝わるようなストーリーはつくります。ただ、『びっくり!カイシャ見学』はあくまでもテレビ番組であり、その企業のCSR報告書ではない。テレビ番組のエンターテインメント性を追求する姿勢を忘れないように心がけています。
CSRとエンターテインメントの両立というのは、今までにない新しい発想ですね。
小暮
それこそ、この番組はまさしくテレビ東京にとって本業を通じたCSRそのものではないでしょうか。テレビ局の本業である番組づくりと放送によって、CSRの取り組みを世に広く知らしめているわけですから。それも、経済に強いテレビ東京だからこそ取り組む意義があると思います。
社会の変化や時流という観点で見ると、『びっくり!カイシャ見学』は社会にどのような影響力をもたらしているのでしょうか。
小暮
近年、CSRは企業価値にも大いに影響する重要な取り組みになりつつあります。たとえば、就職活動中の学生がCSRの観点から企業を選定することは、今や珍しくありません。しかし、冒頭にお話しした通り、特に日本企業はCSRの取り組みをうまく発信していない場合が多い。『びっくり!カイシャ見学』は、CSRの取り組みを発信する後押しの役割を果たすとともに、より多くの方々にCSRについて理解を深めていただく可能性が大いにあると思いますよ。
大庭竹
また、社員の方が自社のCSRを理解するのにも役立てればいいですよね。放送後、「自分の会社がこんな活動をしているなんて知らなかった」「子供にどんな仕事をしているのか伝えられてよかった」という声が少なからずあるそうです。CSRの社内認知を高めることの一助になっていると思うと、テレビ番組として取り上げる意味があると思います。
まだまだいろいろな展開、いろいろな可能性が見込めると思いますが、これからさらにどんなことに挑戦していきたいですか。
大庭竹
現在は、アフリカを舞台に活躍する企業の取り組みを応援したいと考えています。残念ながら、アフリカに進出する日本企業は、まだそれほど多くありません。しかし、たとえば世界最高レベルを誇る日本の淡水化技術や、太陽光発電技術などを活かせば、アフリカの経済発展に貢献しつつ企業の事業進展や日本経済の活性化にもつながるのではないか。まさしくWin×Winの関係性を築けるのではないかと思っています。先ほど小暮さんがおっしゃった通り、"経済のテレビ東京"だからこそ行うべきCSRだと期待しています。
小暮
NPO法人の立場からすると、もっとメディアと連携しながら活動の幅を広げていきたいですね。コラボレーションの幅がもっと広がれば、生み出せるWinもまだまだたくさんあると思いますから。遠慮していても、アフリカの子供たちが幸せになることはありません。社会に役立つ素敵なコラボレーションを、もっと行っていきたいと思います。
大庭竹
また、社内でも部署の枠組みを超えて手を組み、さらなる展開に結びつけていきたいですね。たとえば、番組のパッケージを利用して校外学習としての特別授業を行うなど、いろいろな可能性がありますから、TFTとのさらなる連携を視野に入れつつ、活動の幅を広げていきたいですね。
株式会社テレビ東京制作 神山 祐人

PROFILE

営業局営業部

大庭竹 修

NPO法人 TABLE FOR TWO International 代表理事 小暮 真久様

PROFILE

NPO法人 TABLE FOR TWO International 代表理事

小暮 真久

大庭竹 修
1995年入社。制作局に配属され、途中1999年7月のテレビ東京制作出向を含め、2008年12月まで『TVチャンピオン』『MUSIX!』などの番組を担当し、制作局一筋で歩んできた。新たなことに挑戦したいと思い、2009年1月より営業局営業部へ。2010年7月に営業局営業開発部に異動。2012年10月より現職に。

小暮 真久
大学卒業後、オーストラリアの工学大学で人工心臓の研究に従事。同大学修士号取得後、外資系コンサルティング企業の日本支社に在籍。様々な業界の組織改革・オペレーション改善・営業戦略プロジェクトに携わる。その後、日本の映画配給企業での事業開発経験を経て、2007年にNPO法人TABLE FOR TWO Internationalを創設。

このページの先頭へ