番組・コンテンツづくり

  1. 社員インタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

孤独のグルメ

INTERVIEW 編成局ドラマ制作部 川村 庄子
孤独のグルメ Season1〜Season3
現代社会を生き抜く人々に食べる喜びや幸せを届けるドラマを

編成局ドラマ制作部

川村 庄子

グルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ』は、現代社会における一つの"食"のあり方を独特のタッチで描いています。食べることの幸せ、情緒ある地域の魅力、そして、人と人との結びつきやそのあたたかさとは――。『孤独のグルメ』には、心に響くさりげない優しさが満ちています。

『孤独のグルメ』の原作は90年代に発表されたマンガ作品ですが、なぜ今、ドラマ化されたのですか?
『孤独のグルメ』は、井之頭五郎という中年・独身・雑貨輸入商の男性が、一人で自由においしい食事を楽しむ姿を描いた作品。いわば"ひとり飯"がキーワードです。原作が定期連載されていた当時に比べ、今はよりひとり飯の時代になってきました。しかも、食を扱ったドラマはたくさんありますが、ひとり飯にフォーカスを当てた番組は、ありそうでなかったジャンル。また、主要な登場人物も五郎のみというシンプルだけどどこか尖った世界観もテレビ東京らしいと思い、今回のドラマ化に至りました。
では、ドラマ『孤独のグルメ』のコンセプトをお聞かせください。
それは、視聴者の方にちょっとした幸せを感じていただくドラマにすることです。おいしいものをおいしく食べるというのは、純粋な幸せだと思うんですよね。五郎の姿を通して、食事を楽しむという誰でもいつでも手の届く小さな幸せ、ささやかな癒しを感じてほしいと思っています。
原作はありつつも、登場するお店もストーリー展開もすべてドラマオリジナルで制作されていますね。『孤独のグルメ』の世界観を表現するために心がけていることは?
50代に差しかかる五郎の目線で世界を見ることを意識しています。たとえば、昭和の雰囲気が残るような、日本文化や下町情緒が残る街を選ぶことも多いです。そして、五郎が食事を楽しめそうな雰囲気のお店を選ぶことが大切ですね。まずは、スタッフが一般客として出向いて食事をし、「これはおいしい!」と思ったら交渉スタート。お店の了承を得られたら、他のスタッフと脚本家もやはりお店を訪れ、その街の雰囲気を感じながらストーリーを考えていきます。街ありき、店ありきで、実際の空気感を活かしながら『孤独のグルメ』の世界観を構築したいと思っています。
制作時のこだわりはいかがですか? Season1~3に至るまで、実に多様なお店が登場していますが…

孤独のグルメ Season3
第2話「神奈川県横浜市日ノ出町チートのしょうが炒めとパタン」(2013年7月17日OA)

このドラマの基本は、リアリティ。ストーリーも街や店ありきと申し上げましたが、現実に忠実であることを大切にしています。たとえば、ドラマに登場する料理は必ずお店の方に作っていただいたもの、つまり、実際にお店で供されている料理を撮影しています。編集時にも、食べ物に湯気を足したり色味を変えたりといった加工は基本的に行っていません。ドラマに登場するのは現実のお店ですから、たとえ"粗があっても嘘をつかない"というスタンスです。その分、食事は可能な限り時間をかけて気を配りながら撮影しています。

お店の方のご理解とご協力が非常に重要なのですね。
その通りです。ご協力いただくからには喜んでいただきたいです。またご了解をいただいた上で、裏メニューを紹介することもあります。Season3の第2話(2013年7月17日放送)では、「パタン」という料理が登場します。これはメニューに記載されていない"裏メニュー"なのですが、常連の皆さんが召し上がる人気の一品でもあり、お店の方に了解いただきドラマでも取り上げました。ありがたいことに、「孤独のグルメ」の頃から放送後にお店を訪れる視聴者の方が多いのです。実際に足を運ばれるからこそリアリティが大切ですし、その街やお店の魅力を伝えるドラマを作ることで、地域の発展に貢献できることが望ましいと考えています。
現代社会において、『孤独のグルメ』はどんな働きかけができるとお考えですか。
川村 庄子

昨今は核家族や晩婚の方が増えていますし、家族がいても仕事があって一緒に食事をとれないという方も多いと思います。ライフスタイルの多様化に伴い、食事のあり方も一様ではなくなってきました。『孤独のグルメ』の五郎も、さまざまなライフスタイルの中の一つの姿なのでしょう。"孤独"と冠してはいますが、五郎は本当においしそうに幸せそうに食事を楽しんでいますよね。たとえ"ひとり飯"でも決してさびしいものではなく、現代の多様なライフスタイルの一面なのだということ、そして、どんなスタイルでも純粋に食を楽しむことの喜びを伝えられるのではないかと考えています。

最後に、これから挑戦したいことをお聞かせください。
私自身は、視聴者の心に寄り添いつつもさらに一歩先行くドラマ、そして自分が面白いと感じたことには決して妥協しないドラマを作り続けていきたいです。『孤独のグルメ』に関しては、登場していただいた地域やお店の方々とのつながりを大切に、お互いに支え合いながら発展していけるドラマにしていきたいと思っています。
川村 庄子

PROFILE

編成局ドラマ制作部

川村 庄子

2008年入社。前職の制作会社でも主にドラマプロデューサーとして制作に携わってきた。入社後はLドラ『ママはニューハーフ』などを担当。2009年10月に編成局BS編成担当となり、幅広い番組の編成を経験。2011年10月に再びドラマ制作部に戻って以降は、水曜ミステリー9やドラマ24枠のドラマ制作を担当している。

このページの先頭へ