番組・コンテンツづくり

  1. テレ東の人に聞いてみた
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

世界卓球2010年

INTERVIEW スポーツ局 スポーツCPチーム 松下 圭児
世界卓球
卓球の魅力をきっちりと伝え文化へと育てていく役割を果たしたい

スポーツ局
スポーツCPチーム

松下 圭児

いつの時代も、スポーツの魅力は人々を魅了してやまない。特にテレビ東京では、昔からマイナーだがおもしろいスポーツをいち早く取り上げてきました。近年は、女子サッカーやフィギュアスケートなど様々な競技がテレビで中継されるようになってきましたが、テレビ東京が力を入れているのは、2005年以来放送している『世界卓球』。スポーツとしての卓球の魅力はもちろん、選手の頑張りや世界で戦う日本勢の活躍を届ける一役を担っています。

スポーツ番組というのは、たとえば他の番組づくりとどういったところが違うものなのでしょうか。
スポーツ番組の最も大きな特徴は、試合の動向なり選手なりの表情をリアルに映し出し、試合の場の醍醐味を伝えることです。台本をつくって演じてもらうわけではないので、確かに他の番組とつくり方は異なりますが、工夫次第で十分魅力的に撮ることができると思います。
工夫次第というと、たとえば?
選手はもちろん、そのスポーツの歴史や裏方の姿、あるいは道具を取り上げるなど、切り口は様々です。スポーツは、誰も勝負の結果を知りえない"シナリオのないドラマ性"が大きな魅力ですが、同じ番組を見るのにしても、情報や知識が多ければもっとおもしろくなる。おもしろみを実感できるように番組をつくり上げることが、作り手の役割だと思っています。
近年、テレビ東京が力を入れているスポーツが、卓球です。特に『世界卓球』は全社的に力を入れて放送していますが、まずは卓球の魅力から教えてください。
卓球は、瞬間的に技や戦法の判断をしながら、ものすごいスピードで球を打ち合うスポーツ。ネット越し3メートルの距離にいる相手の息づかいを感じながら、技とともに繰り広げられる駆け引きが、大きな魅力だと思います。
番組を通して卓球の魅力を伝えていくには、どんな工夫をされていますか。
まず、スポーツを魅力的に撮るには、作り手が人一倍そのスポーツに精通していなくてはいけません。知識や情報量が番組の質を左右しますから、試合展開を予測し、些細なポイントにも気を使う必要があります。たとえば、卓球にはスピン・スピード・スペース"3S"という要素があります。スピンは球の回転、スピードは球のスピード、スペースは狙いを定めて打ち込むスペース。選手はこの3Sを瞬間的に考えて球を打つので、速さはもちろん、なぜその場所を狙ったのか、なぜそのスピンをかけたのかが、視聴者にわかりやすく伝わるよう意識しています。
テレビ番組としての『世界卓球』には、どんな影響力があると思いますか。

より多くの方に卓球の魅力を知ってもらうきっかけになればいいと思っています。作り手としては、番組を通じて「卓球っておもしろい」「卓球の試合を見たい」「卓球をやってみたい」という意識を視聴者に根づかせなければいけません。基本は、卓球の魅力をきっちりと伝えられる番組づくり。他にも、幅広い協力を得て様々なアピールも行っていく必要があると思います。

福原 愛 選手

石川 佳純 選手

水谷 隼 選手

写真提供:卓球王国

たとえば、もっと番組宣伝をするといったことでしょうか。
それも一つの手段ですね。前回の大会では、新聞広告を打ったり「卓球総合サイト」を開設したりと、全社的に盛り上げていこうという協力体制は大変ありがたいものでした。他にも、テレビやインターネット以外のメディアなどを巻き込み、いかにして卓球というスポーツを盛り上げていくかが重要な課題です。我々が良い番組づくりに力を尽くすのはもちろん、もっと大きな視点から言って、テレビ東京が卓球業界を活性化させていくという提案を、世の中に投げかけていければと思っています。
テレビ番組の可能性に、大きな期待がかかりますね。具体的に、業界を活性化させるイメージはお持ちですか。
松下 圭児

まずは、卓球のファンを増やすことが第一歩です。テレビ局としては、子供からご年配の方まで老若男女問わず卓球の中継を見ようと思ってもらい、裾野を広げていきたい。ファンが増えれば、次は競技人口が増える。競技人口が増えれば、スポーツの認知度が高まり、結果的に活性化にもつながっていくでしょう。卓球のおもしろみを伝えられる番組づくりをすること、これに尽きます。
また、サッカーはJリーグができ、日本代表選手が世界の舞台に立つようになったことがきっかけで、今や日本でもヨーロッパリーグへの注目度が非常に高くなりました。ワールドワイドな展開を見せることが、スポーツを振興させるうえで必須条件ではないかとも思っています。

最終的に、卓球というスポーツがどんなふうになってほしいですか。そして、そのためにテレビ東京ができることとは?
たとえば野球やサッカーのように、世代を問わず親しまれるスポーツが理想です。両方とも、非常に深く人々に根づき、文化が出来上がっている。テレビ東京としては、卓球の魅力を伝えるとともに視聴者を成熟させ、文化を形成するまで導いていくことで、一過性に終わらないスポーツにしていきたいと思っています。
今後、『世界卓球2013』はフランス・パリで、そして『世界卓球2014』は東京で開催されることが決定しています。現在は東京大会に向けての準備が動き出したところなので、様々な仕掛けづくりに力を入れて、大会を盛り上げていきたいと思っています。
スポーツ局 スポーツCPチーム 松下 圭児

PROFILE

スポーツ局 スポーツCPチーム

松下 圭児

1991年入社。営業局に7年間在籍し、1998年からスポーツ局に。最初はゴルフ中継の担当を務め、柔道を経て卓球の担当に。2010年より『世界卓球』のプロデューサーとして番組づくりを手掛ける。

このページの先頭へ