1. ホーム
  2. 番組・コンテンツづくり
  3. 虎ノ門市場・厳選いい宿

番組・コンテンツづくり

  1. 社員インタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

虎ノ門市場・厳選いい宿

INTERVIEW コンテンツビジネス局デジタルビジネス部 吉澤 有
虎ノ門市場 テレビ東京の台所、Webで簡単予約! 厳選いい宿
テレビ×インターネット 地域経済の活性化に貢献する番組を

コンテンツビジネス局デジタルビジネス部

吉澤 有

"旅とグルメ"は、時代や世代を問わず日本人の心をつかむキーワード。そこにインターネットコンテンツを掛け合わせた『虎ノ門市場』と『厳選いい宿』は、テレビ東京が視聴者に届ける新しいかたちのテレビ番組(情報サービス)です。それぞれ、ホームページから番組で紹介した宿を予約できたり、グルメをお取り寄せできたりといった特徴があります。テレビとインターネットという二つのメディアを連携させることで、地域経済の活性化など新しい可能性が見込まれています。

『虎ノ門市場』はグルメ、『厳選いい宿』は旅というジャンルの番組ですが、これらは、いわゆるグルメ番組や旅番組とはどう違うのでしょうか。
共に、番組で地方のグルメや温泉宿を紹介するだけにとどまらず、ホームページからグルメをお取り寄せしたり宿の予約ができたりすることが、他とは一線を画す大きな特徴です。
その特徴が、番組づくりに何らかの影響を及ぼすことはありますか。

「虎ノ門市場 スペシャル」
日本一の新米 大収穫スペシャル

たとえば『虎ノ門市場』でいうと、基本的にはホームページから商品をお取り寄せいただくのが大きな目的ではありますが、グルメ番組として見ても十分に楽しめるような番組づくりを心がけています。番組構成も生産地の取材をメインとし、商品紹介だけでなく、生産者の人となりや商品に込められたストーリーを伝えられるように工夫しています。

番組単体としての魅力を高めるということですね。『厳選いい宿』もインターネットと連携した旅番組ですが。
そうですね。『厳選いい宿』は、番組を見終わった後で実際に宿を手配できるのが、他の番組との大きな違いです。実際に訪れていただくことを大きなテーマとして番組をつくっているので、宿選びの際に重視される部屋・料理・お風呂という3つのポイントをわかりやすく紹介することと、番組だけのお得な宿泊プランなど特別感の演出には力を入れています。
番組で取り上げる際に、宿の選定基準などは決まっているのですか?
たとえば山奥にある隠れ温泉宿や、時期によって期間限定料理を提供してくれるといった、特別な体験ができる宿を重点的に選ぶようにしています。誰でも知っている有名な宿というよりは、あまり知られてはいないけれどいい宿の魅力を引き出したいというのが、作り手としての想いです。
知られざる魅力を引き出すというのは、『虎ノ門市場』にも共通するポイントのようですね。
その通りです。『虎ノ門市場』では、地方で昔ながらにつくられている郷土料理や、その土地ならではの食材などを紹介することが多いですね。有名でなくてもかまわないし、大量生産できるものでなくてもいい。むしろ、そういった掘り出し物の方が、他の通販番組とは違う『虎ノ門市場』らしさを出せますから。硬い表現ではありますが、知られざる魅力的な商品を多くの視聴者に知っていただき、お召し上がりいただくことで日本の食文化を継承する…そんな役割もあるのではないかと思っています。
なるほど。そういった"食"を扱う番組としては、安全基準などにも注意を払わないといけませんね。
もちろんです。お客様が直接口に入れるものですから、商品の安全・安心は最優先事項。特に『虎ノ門市場』は、番組と生産者との直接取引をポリシーとしているのですが、それだけに流通向けの仕様につくられていない商品が少なくありません。安全を担保するため、たとえば原材料の産地証明書を揃えたり、生ものの菌検査をしたりと、社内でもチェックフローを徹底的に実施。他にも、生産地での実施が難しい場合は、番組側で包装資材の手配や賞味期限のテストなど徹底して行っています。
たとえば、『虎ノ門市場』で取り上げられることが、生産者にとっては新たな販売チャネルの確立につながるのでしょうか。
そう思いますよ。『厳選いい宿』も同様ですが、番組には視聴者に購買意欲や旅行への想いをかき立てるという役割があります。まずは、視聴者の心に響く番組をつくり上げ、そこからさらにインターネットと連携したサービスを展開する。この流れがコンテンツビジネスの肝になると考えています。
ほしいという視聴者の需要と、届けたいという供給の流れを、テレビ番組を通じてうまくつなげるといったイメージですか?
そうですね。視聴者にとっては番組を見て"ほしい"と思ったサービスをより得やすい仕組みであり、生産者や各地の宿にとっては番組を新たな販売網の一つと考えていただけるでしょう。番組を放送することで地域経済の活性化につながったり、日本の食文化を継承していくのに貢献できたりすれば、番組としての責任を果たすことになると思います。
実際に、これまでにそうした責任を体感するような場面はありましたか。
主に経済支援の観点ですが、やはり東日本大震災のインパクトは大きかったです。もともと東北地方は食の豊富な土地で、震災以前から陸前高田や石巻などの三陸地域は懇意にさせていただいていました。なかには、震災を経て何もかもなくなってしまったという生産者の方もいらっしゃいます。それでも、少しずつ元の生活を取り戻そうと頑張る被災地を、番組としても応援したかった。「何かしないと」と、気持ちが急きたてられるようでしたね。
支援といっても様々な方法がありますが、具体的にはどういった取り組みをされたのですか。

2011年10月8日(土)・9日(日)に開催された「築地・秋祭り」で、東日本大震災で被災した方々を応援するため、被災地の皆さんによる物産展も開催されました。
虎ノ門市場からもブースを出して応援しました。

『虎ノ門市場』では「がんばろう!東北 食べて応援 東北お取り寄せ特集」という企画を実施しました。募金活動のような被災地支援とは異なり、経済復興の支援というのはなかなか難しい取り組みです。視聴者にしてみれば、「安心して食べられるのだろうか」という不安があるかもしれません。我々としては、安全性をしっかりと確認したうえで、被災地の生産者の想いがこもった特別な商品として取り上げ、なるべく多くの視聴者にお取り寄せいただく工夫こそ、番組を通じてできる貢献活動だと考えていました。
また、『厳選いい宿』も含め、売り上げの一部を寄付したりするなど、復興支援の取り組みは震災発生直後から行いました。

どちらかに偏るのではなく、生産者にも視聴者にも寄り添いながら番組をつくられている印象を受けますね。
特に『虎ノ門市場』は、そうじゃなければ"らしさ"が出せないと思うんです。たとえば新米を販売するにしても、田植えの頃から取材を重ね、成長過程をしっかりとお伝えするようにしています。生産者とともに番組をつくり上げていくという姿勢が一体感を生みますし、視聴者にしても楽しみな気持ちが高まりますよね。
心に働きかけるというのはテレビ番組の特徴の一つだと思います。最後に、コンテンツビジネスの可能性を見据え、テレビとインターネットとの連動や住み分けに対する考え方をお聞かせください。
情報量や伝達速度から考えて、今やインターネットの媒体力はすごいものです。正直に言って、テレビがメディアのトップと言える時代ではなくなりました。インターネットの利便性は活用すべきものですが、テレビでしかできないことも確かに存在すると思っています。たとえば生産者の表情や声、雰囲気など、文章や写真だけでは伝えられないものは必ずある。情報を伝えるだけではなく「こんな宿に行ってみたい」「この人がつくったものなら安心して食べられる」と情緒に訴えかける番組づくりによって商品価値を高めるなど、テレビ番組ならではの強みはこれからも大切にしていきたいと考えています。
コンテンツビジネス局 吉澤 有

PROFILE

コンテンツビジネス局デジタルビジネス部

吉澤 有

2000年入社。インターネット部に配属されホームページ運営の担当に。翌年、テレビ東京ブロードバンドに4年半出向し、主にモバイルビジネスを担当。本社に戻り、現職。ライツ事業部ではインターネットを使ったコンテンツ配信や書籍、DVDなどの2次利用ビジネスを展開。2007年に『虎ノ門市場』を立ち上げ、2010年に『厳選いい宿』の担当に。

このページの先頭へ