1. ホーム
  2. 番組・コンテンツづくり
  3. 放送・制作現場での取り組み
  4. “被災地の記憶”を伝え続ける ~「ニュースアンサー」

番組・コンテンツづくり

  1. 社員インタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSテレビ東京トップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

放送・制作現場での取り組み

“被災地の記憶”を伝え続ける ~「ニュースアンサー」

夕方ニュース『ニュースアンサー』は、東日本大震災が発災した2011年の10月から始まった番組ですが、前番組から引き続き被災地の現状、人々を継続的に取材し続けています。
現地の人々が口にするのは「忘れられるのではないか」という恐怖感。
風化させず、被災地に寄り添う気持ちで震災関連企画を放送しています。
特に3月11日に向けては連続企画『興 明日への力』と題して、2年続けて放送しています。

2012年には5日連続で被災地から中継。

①福島・川内村 「戻れない」帰村宣言に揺れる住民
②宮城・名取市 「前例ない構想」復興をチャンスに
③宮城・雄勝湾 “新しい漁業”に被災漁師が挑む
④岩手・陸前高田市 “伝統の味”復活に思わぬ事態…
⑤岩手・宮古市 孤立を防げ…被災住民のいま

というテーマで各地から1年たった現状をお伝えしました。

2013年は

①しょうゆを再び! 若社長の奮闘
②誰が子どもを支えるのか?
③残すべき?震災の“爪あと”
④福島で生きる
⑤特命Dがいく “不可解”な復興予算の使い道

という幅広いテーマで5日間連続の放送をし、11日当日はこの2年、被災地のことを常に見つめ続け伝え続けた河北新報社が、被災地以外へ“わがこと”として経験を伝えようとしていることを取り上げた『“がれきの中の新聞社”は今』を中継で放送しました。

被災地に系列局がないテレビ東京にとって継続的に取材し放送する意義は、被災地の記憶をそれ以外の人々に伝えることではないかと思っています。今後も引き続き被災地を取材し伝え続けたいと思います。

「しょうゆを再び! 若社長の奮闘」(2013/3/4 OA)
岩手・陸前高田市の八木澤商店でようやく再開したしょうゆの仕込み

「残すべき?震災の“爪あと”」(2013/3/6 OA)
宮城・気仙沼市で解体が決まった、市街地に打ち上げられた漁船「第18共徳丸」

「“がれきの中の新聞社”は今」(3/11 OA)
宮城の被災地を歩く河北新報社・武田編集局次長と大浜キャスター

このページの先頭へ