元祖!でぶや 今回の放送バックナンバー出演者紹介ご意見・ご感想
毎週火曜日夜7:56から放送 <br><br> BS JAPAN 毎週月曜日夜6時から放送 テレビ東京ロゴ

バックナンバー  
   


















1月16日放送
でぶも喜ぶ観光ガイドin鹿児島

今回、でぶや一行がやってきたのが本州より九州最南端、桜島の雄大な景色が広がる鹿児島県。
この街のグルメと言えばなんといっても、豚肉ブームの代名詞となった「黒豚」。
そこで今回は、本場・黒豚食べつくしツアー!
今回、最初に一行が向かったのが、現在は県政記念館となっている建物内にある、
「レストラン華連Jr.」
JA鹿児島県経済連直営のお店とあって、県が認定した正真正銘の黒豚が頂ける。
でぶや用特製メニュー「黒豚ロースカツ 350グラム」。
上質な油でカラッと揚げたサクサクの衣にジューシーなお肉がぎっしり詰まった
とんかつ好きにはたまらない極上の一品。

続くラーメン店へは、路面電車で移動することに・・・
美人運転士の下、一行は次なる目的地「天文館」へ。

その車内では、地元でも売り切れ続出という大人気「黒豚まん」を堪能!
ふんわりした皮にジューシーな黒豚の旨みがギッシリ詰まった鹿児島ならではのヒット商品。

そして、一行を乗せた電車は、鹿児島イチの繁華街「天文館」へと到着。
天文館で人気のラーメン店「我流風 本丸」
県外からもたくさんのお客さんが足を運ぶという本場の鹿児島ラーメンが味わえるお店。
チャーシューに用いられるのは、半日以上かけじっくりと焼き上げられた豚のトロ肉。
これが豪快に乗せられたのがお店自慢のとろ肉炙り焼きラーメン。
香ばしいトロ肉に加え半熟卵、焼きねぎ、もやしといった具材が
コクのあるとんこつスープによく絡んだ、贅沢な一杯。

続いて一行は、豚以外の鹿児島名物を頂くことに・・・
「元祖!でぶや」としては2度目の来店となるのが「有村屋」。
職人さんの手によって一つ一つ丁寧に作られたさつま揚げは
全国的にも人気の商品となっている。
さつま揚げの原料となるのは、エソ、とびうおと言った魚のすり身。
これに、様々な具材を合わせて揚げれば出来上がりとなる。

続いてやってきたのが、黒豚料理専門店「寿庵」。
こちらで頂くのが鹿児島でも珍しい、6種類のハーブ塩を付けて食べる、塩しゃぶしゃぶ。
柔らかく甘みを持つ、六白(ろっぱく)黒豚というブランド豚を思う存分味わうことができます。
まずは一品料理を試食。用意されたのは熱々の鉄板で焼いた、バラカルビ。
そして、カラッと揚げた黒豚のからあげ、鹿児島の郷土料理とんこつ煮の三品。
一品料理を満足したところで、いよいよメインの塩しゃぶしゃぶ用のお肉が登場!
しかし、なぜか肉は「大」・「中」・「小」の3種類が登場!
塩しゃぶしゃぶをかけて「ブタミントン」対決!
ブタミントンとは、ブタラケットから空気を送り相手コートへ目掛け、
羽根を飛ばしあう。
先に2ポイント取れば勝利となる。
結果は・・・
でぶやチームの勝利!!
石ちゃん・パパイヤには大皿!
石倉・石黒には小皿!
なぜか進行のおぎやはぎが中皿を食べることに・・・
塩しゃぶしゃぶを満喫していると、おぎやはぎから桜島へ行かないかと誘いが・・・

おぎやはぎに付き合い一行がむかったのが、桜島フェリーターミナル。
鹿児島市街地と桜島の間を、所要時間わずか15分でつなぐ大型フェリー。
そして、いよいよ桜島へと到着した一行・・・
やってきたのが、桜島シーサイドホテル。
早速ホテル自慢の、海を眺める露天風呂へ入ることに・・・
そして最後は、芋焼酎で乾杯!

おぎやはぎの案内で回った、豚食べつくしツアー。
本場でしか味わえない絶品料理を次々と堪能した。
今回の鹿児島の旅 その総合評価はもちろん全員大満足の星6つ。


次回の「元祖!でぶや」は…
でぶも喜ぶ観光ガイド in 銀座線の旅

番組情報
お店の情報
華蓮Jr. 鹿児島市山下町14−50 県政記念館2F 099−221−6638
我流風本丸 鹿児島市東千石町13−15 099−814−5100
有村屋 鹿児島市郡元2−18−4 099−251−0339
※番組で特別に体験をさせてもらいました。
寿庵 鹿児島市荒田1−62−13 099−258−0555
桜島シーサイドホテル 鹿児島市古里町1078−63 099−221−2121
城山展望台 鹿児島市城山町22  


元祖!でぶやロゴ

今回の放送 | バックナンバー |  出演者紹介 | ご意見・ご感想

 
(c)TV-TOKYO