小杉健治サスペンス 当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル

公式サイトへ

番組内容

【あらすじ】日の出ふ頭の湾岸倉庫からIT企業社長・城山錦司(羽場裕一)の刺殺死体が発見される。事件現場から車で走り去った無職の大木悟(荒川良々)が犯人として逮捕される。
当番弁護士を依頼された梶原藤子(松下由樹)が接見するが、大木は容疑を否認しながらも曖昧な供述を繰り返し、真実を言おうとしない。困惑する藤子だったが、大木の妻・聡美や聡美の母から懇願され、弁護を引き受ける。
藤子は実家が経営する喫茶「初音」の常連客で編集者の高林信介(中村俊介)から興味深い話を聞く。高林が担当する雑誌が過去に城山を「スキャンダルまみれのIT企業家」と糾弾。
城山は異常な女好きで女性を薬物中毒にして暴行まがいの行為をしていたという。城山を恨んでいる人物を探ろうとする藤子だったが、同期の検事・村川泰江(南野陽子)から大木が嘘をついていると告げられる。
大木は被害者の城山と面識がないと言っていたが、本当は学生時代からの知り合いで借金もしていたことが判明する…。
藤子は高林とともに城山が多くの女性をナンパしていたというスポーツジムに聞き込みに行く。そこで三か月前ジムの職員・笹倉由美(美音)が自殺していたことが発覚。
自殺の原因を聞くため、笹倉家を訪ねると父の笹倉吾郎が末期のがんで入院中だった。母・笹倉清美(とよた真帆)と清美の弟・新藤裕也によると由美は就職活動がうまくいかず悩んでいたという。
その後、接見室で大木が腹痛を訴え、警察病院に護送される際に逃走を図る。その夜、城山の子分でジムのマネージャー・鬼塚辰夫が何者かに殺される。
翌朝、何とか大木を見つけ出した藤子だったが、殺された鬼塚のスマホから城山が若い女性を暴行する動画とともに大木がドッグフードを食べさせられている動画が見つかる。その後、藤子が病院で会った、吾郎の友人・加山俊一が殺される第3の殺人も起きてしまい…。

【出演】松下由樹、中村俊介、南野陽子、松原智恵子、橋本じゅん、小林綾子、喜多乃愛、六平直政、田村亮
【ゲスト】荒川良々、高橋和也、とよた真帆、羽場裕一、少路勇介、美音

【原作】小杉健治『不遜な被疑者たち』(集英社文庫刊)
【脚本】土屋保文
【監督】水谷俊之
【チーフプロデューサー】中川順平(テレビ東京)
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京) 森下数清(レインドロップス)
【製作】テレビ東京 レインドロップス

(C)テレビ東京/レインドロップス

もっとみる

テレビ東京オンデマンドパートナーズ