バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
須藤聖志さん「悠庵(そば屋)」は こちら!
柴山優一さん「むらさき山(ラーメン屋)」は こちら!

建築雑誌の編集をしていた加藤さん。しかし担当雑誌の廃刊に伴い、転職を意識し始めます。奥さんに相談したところ、パン屋さんを提案され、そのままパン屋を開業することを決意しました。早速、独立開業のためのスクールに入学することに。しかし学校での修業は想像を絶する厳しいものだったのです。改めて、パン屋さんになる事の厳しさをまじまじと感じる加藤さん。

店舗

○店舗面積 11坪

立地、広さともに好条件の物件ですが、唯一、パン屋さんとしては大きな問題が。それは間口が狭いこと。

通常のパン屋さんは間口を広くとり、通行人に焼きたてのパンが並ぶ様子を見せるのが普通なのですが、この物件はそれが出来ない為、間口付近に工夫が必要になるのです。

目指すは「漫画に出てくるようなパン屋さん」

果たして多くのお客さんを呼ぶ事ができるのでしょうか?

工事



早速、独立開業のためのスクールに入学することに。

しかし学校での修業は想像を絶する厳しいものだったのです。 改めて、パン屋さんになる事の厳しさをまじまじと感じる加藤さん。




修行も無事終わり、いよいよ工事スタート。



外装はインパクトのあるものにこだわります。

入口に掲げられる店名の文字も、
チャンネル文字でアピール。




パン屋の生命線、オーブンの搬入です。

かなり大きいため、クレーンを使います。




パン陳列棚も完成し、完成間近です。

加藤さんは、厨房で、新しい器具を使って最後の練習です。

 
完成



付近の皆さんに愛される、地域密着型の、
加藤さんのパン屋さん「布田4丁目ベーカリー」。

ドリームショップの完成!おめでとうございます。