7月11日はEPISODE1 「午前二時のチアガール」(前編)を26:30〜27:00に再放送します。
#5「ひと夏の拘束・前編」(及川奈央監督)8月15日 25:30〜26:00(五輪中継のため30分押し)
#7「花言葉は嫉妬・前編」(恵俊彰監督)8月29日 25:45〜26:15(五輪中継のため35分押し)
#11、12「最後の呪い・前後編」(津田寛治監督)9月26日 25:00〜26:00


企画監修 岩井志麻子
脚本 長津晴子
  新田隆男
  千葉雅子
撮影 武山智則
音楽 小西香葉
レギュラーキャスト
伊藤裕子 篠井英介

ある日、明応大学チアリーティング部の新人・亜矢(上野なつひ)は、 帰宅途中にアンティークの姿見と出会う。
田舎から出てきたばかりの冴えない亜矢が、鏡の不思議な力でみるみるチア部で頭角を現すが、
一方鏡の前で同じ大学生に無理矢理襲われることになる。 その直後、襲った相手が変死する事件が起こる・・・・・・

#1 森田 亜矢/上野 なつひ 坂田 哲也/江畑 浩規 倉本 可奈/あすか 中嶋 朋美/岡田 薫
木下 賢/渡辺 琢磨 安藤 隆/山本 一輝
早坂 真実/ 伊藤 裕子 内藤 勇志/篠井 英介
先生/石塚英彦(友情出演)
#2 森田 亜矢/上野 なつひ 坂田 哲也/江畑 浩規 倉本 可奈/あすか 中嶋 朋美/岡田 薫
少女/田中明
早坂 真実/伊藤 裕子 内藤 勇志/篠井 英介
劇団の女優・未来(赤坂七恵)は同棲相手を同じ劇団員に寝取られて、ルームシェアする相手を探していた。
そこに司法試験を目指す学生の祥子(江口のりこ)から、どうしても住みたいと連絡があり、未来は押されるように決めてしまう。
しかし、祥子はアンティーク人形に執心しており、奇行が目立つようになる・・・・・・
理沙(吉井 怜)は服飾デザインを勉強する学生。 翔太(安居 剣一郎)のことが好きなのだが言い出せずにいた。
翔太と隠れて付き合っていた親友のあさみ(不二子)は、翔太をけしかけて理沙の処女を奪わせようと企てる。
そんな時、理沙は古着屋で素敵な浴衣に出会う。浴衣を着ると理沙の中の何かがうずき始める・・・・
美術学校の女子高生・裕香(加賀美 早紀)、ありさ(山本 彩乃)、奈津美(大西 麻恵)、晃子(三国 由奈)の四人は
課題の絵を書き上げることに必死だ。イラストレーターの娘でもあるありさは描けないことに悩むが、
見かねた裕香はとある洋館で見つけた美しい薔薇を、ありさのために取ってくる。
その薔薇の力でありさは次第に薔薇の絵を描くことに没頭していくが・・・・・・
家庭のある博之(松永 博史)との恋に悩む梨花(森下 千里)。とあるアンティークショップでペアのワイングラスを買う梨花に、
親友のみどり(高樹 マリア)はおまじないを教えてくれる。そのおまじないのせいか、博之が自分のところにやってきてくれる。
しかし、すぐに帰らねばならない博之に梨花の寂しさが募り、博之の妻・智子(石堂 夏央)と入れ替わる幻想を見てしまう・・・・・

鏡・人形・浴衣・薔薇・ワイングラス。 5つの怪死事件を、事故と片付けられない刑事・早坂真実(伊藤 裕子)。
そして、その5つのモノが自分の骨董屋に事件後集まってくることに気づいた内藤勇志(篠井 英介)。
内藤は自分が知っている近くの洋館で6つ目のアイテムである額縁と西洋魔術事典を見つけ、
早坂に事件の謎の糸口となる事実を告げる。 そして、呪いを解く鍵を探すことになるが、
洋館には呪いとともに恐ろしい過去が封印されていた・・・・・!

より詳しい情報はこちら! 

2004 テレビ東京・東宝株式会社
このWEBサイトに掲載されている文章・写真などの著作権は(C) 2004 テレビ東京・東宝株式会社およびその他の権利者に帰属しています。
権利者の許諾なく、私的使用の範囲を越えて 複製したり、頒布・上映・公衆送信(送信可能化を含む)等を行うことは、 法律で固く禁じられています。