日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ


HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 3月2日放送 第406回

五輪に挑んだニッポンの技術
~バンクーバー…知られざる物語~


4年に一度のウィンタースポーツの祭典。バンクーバーでも数々のドラマがあった。五輪の壁に涙した上村愛子、今大会日本初のメダルに沸いたスピードスケート陣、16年ぶりの復活をかけたノルディック複合団体…。もちろん主役は選手と彼らの培った技術だが、その陰には、タイム差ゼロコンマの世界を制するための用具・ウェアメーカーの熾烈な闘いがある。冬季五輪は、ウィンタースポーツ先進国である欧米選手とメーカーの強固な牙城となっているが、そこに日本の技術力と心意気で挑む男たちがいた。バンクーバーオリンピックに臨んだ日本メーカーとアスリートたちの知られざる、もうひとつの物語…。

 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午~)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC

【北京五輪のリベンジを!大手メーカー意地のスーツ開発】
北京五輪のリベンジを!大手メーカー意地のスーツ開発

今大会のスピードスケート日本選手団が着用しているゴールドと黒のスケートスーツ。会場でもひときわ目立って話題となった。このスーツを開発・製造したのが、ミズノだ。スピードスケートは、まさにゼロコンマ何秒の世界。着用するスーツも、空気抵抗を1%減らすだけで、タイム短縮につながるという。去年、ミズノの開発担当者、辻中さんは、日本選手団のスーツ開発の最終局面を迎えていた。スピードスケートは、前回トリノ五輪でメダルを1つも獲れないという惨敗を喫し、雪辱を期していたが、辻中さんとミズノもまた違うリベンジに燃えていた。それは、2年前の北京オリンピック、水泳競技での雪辱戦だった…。


【密着365日…上村愛子を支えた技術者たち】
密着365日…上村愛子を支えた技術者たち

スキーモーグルの上村愛子は、去年3月、世界選手権で優勝した直後からバンクーバー目指して始動していた。その上村の好調を支えていたのが、メイド・イン・ジャパンの新興メーカーだった。上村が履くスキー板は、「ID ONE」という一般にはまだあまり知られていないメーカーのもの。社長の藤本さんが10年前、「自分に合う板がない」と困っていた上村の話を聞き、「じゃあ、わしが作ったる」と、一から作りあげたのだという。ブーツ、ウェアもまた、日本のメーカーが上村の競技を支えていた。スキー人気が凋落し、メーカーがバタバタと消えて行く中で、「メイド・イン・ジャパン」にこだわった男たちと、上村愛子の二人三脚を1年間にわたって取材した。


【レアメタル会社の秘密のワックス】
レアメタル会社の秘密のワックス

ノルディック複合団体は、荻原兄弟を擁した90年代以来の復活を遂げようとしている。その裏側には、ある畑違いの日本企業の技術力があった。それは、スキーに欠かせないワックス。五輪チームにワックスを提供している日本メーカーの「ガリウム」は、1994年の創業。非鉄金属メーカーの同和鉱業(当時)のレアメタル技術が、意外にもスキーワックスと結合したところからできた会社だ。ガリウムのワックスは、スキーをよく滑らせる“はっ水性”と、長い距離を持たせる“耐久性”を兼ね備えている強みがあるのだ。果たして、本番では…。

   




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。