日経スペシャル ガイアの夜明け・毎週火曜夜10時放送・闘い続ける人たちの物語
テレビ東京ホームページへ


HOME
番組紹介
キーワードで読むガイアの夜明け
バックナンバー
ご意見ご要望・FAQ

バックナンバー


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 7月20日放送 第426回

マネー動乱 第5幕  世界マネー 次の標的


リーマンショックから2年が経とうとする今、また金融の動乱が始まった。舞台は、ギリシャを始めとしたEU諸国。2年前まで問題となっていたのは、アメリカのサブプライムローンだったが、今度はヨーロッパの「国家」そのものが、マネーの総攻撃を浴びる事態となっている。
欧州の金融当局は火消しに躍起だが、市場では「ギリシャの次に危ない国はどこだ」との標的探しが始まっている。その最大の注目がユーロ圏第4位の経済規模を誇るスペインだ。取材班は、W杯で盛り上がる裏側で“闇の部分”を潜入取材した。
一方、荒れる金融市場で、再びあの金融商品に注目が集まっていた。向かったのは、民族紛争で死者も多数出るなど厳戒下となっている中央アジア・キルギス。そこで見たあるものとは!?
2007年の「サブプライムショック」以後、マネーの行方を追跡してきた「マネー動乱シリーズ」の第5弾は、スペイン、フランス、キルギス、ドバイ、アメリカ、そして日本を総力取材。私たちの生活にも多大な影響を及ぼすグローバルマネーは、今どこにむかっているのか?

 放送スケジュール



 毎週火曜日 午後10:00~



 テレビ東京
 テレビ大阪
 テレビ愛知
 テレビ北海道
 テレビせとうち
 TVQ九州放送



 毎週金曜日午後9:00~
(再放送 毎週日曜日 正午)



 BSジャパン



 毎週土曜日 正午~



 日経CNBC

【ユーロ安を謳歌する夏】
ユーロ安を謳歌する夏

ヨーロッパが、ユーロ安の影響で身近になってきた。花の都パリ旅行や、高級ブランドに値下げが広がってきているためだ。2年前は1ユーロが170円近くだったが、今では、110円を切るところまで円高ユーロ安が進んでいる。
大手旅行代理店を覗いてみると、30席はあろうかという欧州旅行受け付けカウンターはすべて満席。突如沸いたユーロ安特需に大わらわだ。店長は「今年の夏は絶対に欧州旅行がお得。割安感を全面に出して勝負する」と息巻く。


【ギリシャ危機を的中…100兆円運用する男】

ギリシャ国債暴落を事前に察知していた会社がある。世界最大の債券運用会社、アメリカ・カリフォルニア州にあるPIMCO=ピムコだ。運用のトップを勤めるのが、“ボンド・キング=債券王”の異名を誇るビル・グロス氏(65歳)。かつては、ラスベガスでギャンブラーだったという経歴の持ち主だ。現在の運用資金は、なんと1兆ドル、日本円にすると100兆円。日本の国家予算に匹敵する途方もない額に達している。
そんな彼らの預かり資産運用先は、世界各国が発行する国債。ピムコは、いち早くギリシャ財政の問題点を見抜き、ギリシャ国債を売り払ったという。
誰より先に事実を掴み、そのリスクを徹底分析して、危機に先回りして稼ぐピムコ。こうした世界マネーの動向に一国の命運が左右されている。


【第2のギリシャは…】
第2のギリシャは…

ワールドカップ悲願の優勝国、スペイン。その栄光の裏側では、ギリシャを越えるある難題が…。失業率が20%を超えて、街のハローワークには失業者の列。家賃が払えず家を追い出されようとする失業者の夫婦。違法な仕事を待ちわびる移民たち。仕事がないため、自らの髪の毛を売り少しでも生活費を得ようとする人や、自分の臓器を売ろうと呼びかける広告までもが出現した。この不況を謳歌するのが、燕尾服を着た謎の「借金取立て」屋。なぜ、世界9位の経済大国スペイン経済が凋落を始めたのか…。


【通貨不信の行き先は…】
通貨不信の行き先は…

ユーロが危機を迎える中、マネーが再び金へとシフトを始めた。金価格は市場最高値を連日更新、ドイツには純金のポルシェがお目見えし、アブダビではなんと金の延べ板を売る自販機まで登場した。そんな金の将来に賭けようとしている男がいた。ドバイでコンサルタント業を営む福田一郎さん。ドバイショックを受けてビジネスは苦戦中で、打開のため、中央アジア・キルギスの金鉱山に投資をした。ここから産出される金を日本で手軽に買ってもらう方法を考えていたのだ。そこへ、思わぬ自体が…。キルギスと言えば民族対立で数百人が死亡する動乱が起きたばかり。現地に向かった到着した福田さんに一報が入る。混乱のために金鉱山が閉鎖されたというのだ。せっかくのビジネスチャンスなのに鉱山の閉鎖。そこで福田さんが取った行動とは?!

アルバムタイトル:
檄音!ヘヴィ?クラシックス
アーティスト:
作曲:グスターヴ?ホルスト
指揮:レナード?スラットキン
演奏:フィルハーモニア管弦楽団
曲名:
組曲「惑星」OP.32~戦争をもたらす者~火星
ホルストが作曲した組曲「惑星」で最もよく知られているのは、第4曲「木星」(Jupiter)です。
番組中22時13分頃、「100兆円の男」が登場する場面にて、第1曲「火星」を使用しています。

この曲は、全7曲から成っています。
1. 火星~戦争をもたらす者
2. 金星~平和をもたらす者
3. 水星~翼のある使者
4. 木星~快楽をもたらす者
5. 土星~老いをもたらす者
6. 天王星~魔術師
7. 海王星~神秘主義者

   




Copyright (C)2002-2004 TV-TOKYO / TX-BB. All rights reserved.
PAGE TOP



このWEBサイトに掲載されている文書・映像・音声・写真等の著作権はテレビ東京に帰属し、個人で楽しむ目的以外に、許諾なく複製・頒布・貸与・上映・有線送信等を行うことは法律で固く禁じられています。