Go Forward - ゴー・フォワード -

人生の先行き不透明感が蔓延するニッポン。出口の光を探し求め、もがいている人は多い。そこで「挫折を超えた成功者」たちの「先へ進む」勇気や原動力に迫るヒューマン・ドキュメンタリー。

立ちどまらない保険。MS&AD
次回放送 バックナンバー 番組概要 ナビゲーター紹介




バックナンバー
川嶋あい

2003年「明日への扉」でI WISHのボーカルとして
デビューし大ヒットを記録した川嶋あい。
しかし、ソロ活動に専念するためインディーズへ。
当時、母と決意した「路上1000回ライブ」。
しかし、その途中で、母は亡くなった…。
その時、彼女を支えとなった 言葉が
「人は頑張った分だけ、幸せは訪れる
苦難が多い分だけ、ホンモノの人間になれる」
また、彼女は途上国の子供達のために
学校を作る作業にも力を注いでいる。






photo
金言

「(路上ライブ)100回目くらいの時ですかね。
母が突然亡くなってしまって…。絶望というか、暗闇のどん底に叩き落とされたというか…心の支えを失ってしまって…」
「とてもシンプルな言葉(上記)ですけど、この言葉に救われました」
「今までたくさんの人たちのたくさんの愛で自分は生きてこられました。
これからはその自分が受け取ってきた愛を愛に飢えた子供達のために
還元しなくてはと思っているんです」





バックナンバー
工藤公康

昨年、西武から戦力外通告を受けた工藤公康投手。
今年で48歳。彼は、現役続行にこだわり、
メジャーリーグへ挑戦!そんな彼を支える言葉とは…。
「絶対に諦めない心」
目標を掲げ、決して諦めずに、努力を積み重ねること。
その言葉を胸に彼の挑戦はどこまでも続く…。


 

工藤公康
今言

「自分では諦めないとか、よし俺は絶対にできるようになってやるだという心さえあれば出来るんだという事を証明したい…。」
「やったんだという自分が大事だし、やれるんだという気持ちで努力したい。そして、もし(メジャーで)投げられる事になったら、自分はここまでやったんだという気持ちでマウンドに立ちたい。」