2005年5月14日放送

#32 『限られたスペースで光を楽しむ暮らし』

神奈川県横浜市南区・山仲邸

今回は横浜市南区の緑多い住宅地の中で、モノトーンの外観に木材の格子がアクセントとなっている山仲邸。「明るく、すっきりとした家」をコンセプトに、夫婦の理想の家を目指したお宅です。

玄関脇のガレージは2階と3階を吊り構造にすることで柱をなくし、
車庫入れがしやすいつくりになっています。

半地下の書斎は、机に向かうと目の前のガレージにご主人の愛車が見えます。仕事や考えごとをするときも落ち着ける場所となっているそうです。

(極意)
1階から3階までの大きな吹き抜けは光と風を通し、「空に向かって開かれた空間」を作り出しています。外に面した壁をルーバーにすることで、
プライバシーを守るつくりにもなっているのです。
さらに、素材に木を選んだことで温かい印象を与えています。

2階のリビングは2面の窓の間に柱を入れず、開放感を与えています。
1階を半地下にしたため、リビングの窓の高さは隣近所より少し低めになっています。
また目線をずらしたことで周りの目線が気になりません。

キッチンは「スッキリさせたい」という奥様の要望から、調理器具の収納スペースをたっぷりととっています。ゴミ箱も外に出さないように、棚の一つに収納されています。

2階から3階への階段は蹴り込み台をはずすことで遮るものがなくなり、光を通して開放的になっています。

ご夫妻の一番くつろげる空間であるお風呂は3階です。ご主人のこだわりで、家の中で最も日当たりのいい位置に置いています。最上階なので眺めも抜群。奥様も以前より長風呂になったとか。光と風、夫妻の笑顔に満ちた山仲邸。都会にいながらにして自然の光を楽しむ工夫に溢れていました。


■ 設計: 設計事務所アーキプレイス
住所: 東京都渋谷区本町1-36-11 ドエルヤマト302
電話: 03-3377-9833

■ 施工:株~村工務店
住所: 東京都大田区鵜の木2-2-2
電話: 03-3758-3001

次回は、『主婦が考える理想の暮らし』です。
お楽しみに。

このページのトップへ戻る