テレビ東京 ビジネス オンデマンド 期間限定 特別配信中!

20181021日(日)夜754分~954

日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く ~Walking through Modern History~

第9回 〝Noと言える〟フランス 表の顔、裏の顔

  • 案内人
    池上彰
  • 旅人
    市川紗椰
  • 助手
    相内優香(テレビ東京アナウンサー)
  • ナレーター
    宮本隆治

フランスと聞いて皆さんは何をイメージするだろうか?多くの有名観光地を抱える花の都パリ。ファッションを始めとする流行の最先端。美食家をうならせる無形文化遺産にも登録されたフランス料理。今回、池上彰はフランスの現代史の現場を歩き、多くの人が持つフランスのイメージを変える旅に出る。
今年のサッカーワールドカップで20年ぶりに優勝したフランス。優勝の原動力は何か?それを探りに南部の港町マルセイユへ。そこで見た光景は・・・。
フランスを理解する上で池上が注目したのが50年前、1968年に起こったパリ5月革命。学生や労働者が当時の政府に不満を持ち、警官隊と激しく衝突した。その運動は日本にも大きな影響を及ぼした。パリ5月革命の根底にあるのはフランス革命の精神「自由・平等・博愛」だという。フランスではこの精神が脈々と受け継がれているが、それがアメリカに対して〝強烈なNo〟が言える独自外交に表れているという。池上彰が旅人・市川紗椰を伴って、今こそ知っておきたい!素顔のフランスを特別解説。

予告動画

フランスW杯サッカー優勝 その秘密は?

今回の旅でまず向かったのはパリから高速鉄道TGVに乗ること3時間半、フランス最大の港町マルセイユ。朝市をのぞくと地中海で獲れた新鮮な魚が並び、地元の人と多くの観光客で活気にあふれている。街を少し歩くとパリとは違った雰囲気を感じるはずだ。移民社会フランスを象徴するように、ここは人口の3割をイスラム系の移民が占めるのだ。フランスは今年のW杯で20年ぶりの優勝を果たしたが、その原動力となったのが〝移民パワー〟。そもそもなぜマルセイユには移民・難民が多いのか?現地で池上解説。

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

料理クスクスからフランスの歴史を知ろう!

池上一行があるレストランに入った。そこで出されたのは「クスクス」というもの。北アフリカ料理で小麦を粒状にしたパスタだ。フランス内には北アフリカ出身の移民が持ち込んだクスクスレストランが至る所にある。クスクスから見えてくるフランスの表の顔、裏の顔を探る。

  • 拡大
  • 拡大

時代の転換点 パリ5月革命の現場

200年近くフランスの歴史をみつめてきた誰もが知る観光名所、パリの凱旋門。フランスには他にも名所が多いのだが、池上がパリで是非、訪れてほしい場所を教えてくれた。それがカルチェ・ラタン。ソルボンヌ大学などがある学生の街。ここでちょうど50年前、大きな出来事があった。パリ5月革命。学生が政府の教育政策に不満を持ち、抗議行動に出た。これを抑えようと警官隊と衝突し、大混乱。街は騒然となった。当時、ここで何があったのか?そして5月革命はフランスだけでなく、生活スタイルなど世界を大きく変えたというが一体どういうことなのか?

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

Noと言えるフランスの原点・・・ドゴール将軍とは?

フランスで最も尊敬されている政治家として、ドゴール将軍の名が挙がる。一体、どんな人物なのかを探りに軍事博物館へ向かう。ドゴール将軍は第2次世界大戦時にドイツに占領されたパリから逃れ、亡命政府を率いた人物。戦後は独自外交を武器に国際社会で存在感を示した。そんなドゴールが大嫌いだった国があるという。それはどこなのか?また池上は博物館が建つ敷地で日本とフランスの関係が分かる大砲を発見!この大砲にどんな歴史が詰まっているのだろうか?

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

今回歩いた現代史の場所

フランス  パリ&マルセイユ

今回のテーマをもっと知りたい方は・・・

関連映画・
書籍のご紹介

映画

「アルジェの戦い」(公開年:1966年)
出演:ジャン・マルタン、ヤセフ・サーディ
監督:ジッロ・ポンテコルボ
●アルジェリアで起こった独立戦争をドキュメンタリータッチで描いた作品

「ジャッカルの日」(公開年:1973年)
出演:エドワード・フォックス、エリック・ポーター
監督:フレッド・ジンネマン
●ドゴール暗殺計画を描いたベストセラー小説の映画化

「マリー・アントワネット」(公開年:2006年)
出演:キルステン・ダンスト
監督:ソフィア・コッポラ
●18世紀のフランスをテーマにした映画

音楽

カスバの女
歌: エト邦枝
作詞: 大高ひさを
作曲: 久我山明
●八代亜紀、藤圭子、青江三奈など多くの歌手がカバー

書籍

服従
著者: ミシェル・ウエルベック
翻訳: 大塚 桃
出版社: 河出書房新社

現代史の池上クイズ

池上彰の現代史を歩く第9回出題(2018年10月21日放送)

Q. ()に最も適当な語句を答えよ。

(A)戦争を機に政界に復帰した(B)は大統領に就任し、独自の外交を推し進めた。
イギリスの(C)加盟に際しては強く反対した。

※ 応募フォームの解答欄は4つありますが、Dの欄は空欄にしてお申し込みください。

解答例はこちら

過去の放送内容

バックナンバー 一覧