テレビ東京 ビジネス オンデマンド 期間限定 特別配信中!

2018114日(日)夜754分~954

日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く ~Walking through Modern History~

第10回 情熱の国の光と影 スペイン 内戦とその後

  • 案内人
    池上彰
  • 旅人
    吉谷彩子
  • 助手
    相内優香(テレビ東京アナウンサー)
  • ナレーター
    宮本隆治

明るい国民性で知られるスペイン。しかし40年ほど前までは民主国家ではなく、フランコ総統が独裁体制を敷いていた国だったことはご存じだろうか?またワイン輸出量で世界一を誇るのがスペインというのも、意外に知られていないことではないだろうか。スペインの素顔とは果たして・・・。池上彰は天才画家ピカソが描き、日本の教科書にも載っている名画「ゲルニカ」を紐解くことで、よりスペインのことが分かるという。そもそもゲルニカは何を描いたものなのか?そしてフランコとはいかなる人物だったのか?今回、番組では「ゲルニカ」を所蔵するマドリードの美術館を貸し切り、独占取材。池上が「ゲルニカ」に隠されたメッセージと今こそ知っておきたいスペイン現代史を結ぶ旅に出かける。

名画「ゲルニカ」 ピカソが込めた思い

池上一行がまず向かったのはバルセロナの観光名所、サグラダ・ファミリア。建築家ガウディが設計し、建設開始から130年以上経つものの、いまだ未完成の教会だ。なぜこれほど完成までに時間がかかるのか?設計の複雑さの他にスペインで約80年前にあった出来事も関係しているという。その出来事を探るために訪れたのがマドリードのソフィア王妃芸術センター。そこにあったのはピカソの名画「ゲルニカ」。スペインの現代史に大きな影響を残したスペイン内戦を描いたものだ。タテ3.5メートル、ヨコ7.8メートルの巨大な絵画を前に池上たちは一瞬言葉を失う。普段は大勢の観光客でごったがえす「ゲルニカ」の展示。今回番組ではこの名画を独占取材。池上が「ゲルニカ」を前にピカソの思いや絵画の数奇な運命を解説する。

  • 拡大
  • 拡大

スペイン内戦の傷跡 あの有名な写真は実は・・・

マドリード市内を歩くと今もスペイン内戦の傷跡に出会う。着いたのは古ぼけた家。内戦時に爆撃を受け、所々に銃痕をコンクリートで埋めているのが分かる。この場所で撮影された世界的に有名な写真がある。戦場カメラマン、ロバート・キャパが撮影したものだ。しかしこの写真にはある秘密が・・・。
さらに池上たちはバルセロナに残る当時使われていた防空壕を取材。そこでスペイン内戦を実際に体験した男性に話を聞いた。インタビュー中、男性はあるものをぐっと握りしめていた。それは内戦の悲惨さを今に伝えるものだった。

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

なぜ豚肉料理がスペインには多いの?

スペインの名物のひとつが豚肉料理だ。池上一行が入ったのがレストラン「ボティン」。世界最古のレストランとしてギネスブックにも登録されている店だ。注文したのは豚の丸焼き。食事中、池上がある言葉を発した。「どうして豚肉料理がスペインの名物か知ってる?」。むむ・・・、皆さん、分かりますか?

  • 拡大
  • 拡大

独自の文化カタルーニャ 伝統の祭り「人間の塔」

多くの観光客を集めるカタルーニャ州の州都バルセロナ。だが最近ニュースになるのはカタルーニャ州のスペインからの独立。。なぜ独立問題が生じるのか?その一つが独自の文化を持ち、スペイン中央政府への対抗意識があること。カタルーニャにはどんな文化があるのか?発見したのは3つの言語が書いてある看板。スペイン語と英語、そしてカタルーニャ語だ。一行はカタルーニャの地域の祭りに欠かせない〝人間の塔〟を見に行く。

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

今回歩いた現代史の場所

スペイン  バルセロナ&マドリード

今回のテーマをもっと知りたい方は・・・

関連映画・
書籍のご紹介

映画

「誰が為に鐘は鳴る」(公開年:1943年)
出演:ゲイリー・クーパー、イングリッド・バーグマン
監督:サム・ウッド
●E・ヘミングウェイの同名小説を映画化

書籍

暗幕のゲルニカ
著者:原田 マハ
出版社:新潮社

ロバート・キャパ写真集
著者:ICPロバート・キャパ・アーカイブ
出版社: 岩波書店

カタロニア讃歌
著者:ジョージ オーウェル
出版社:岩波書店

ジャック白井と国際旅団 - スペイン内戦を戦った日本人
著者:川成 洋
出版社: 中央公論新社

現代史の池上クイズ

池上彰の現代史を歩く第10回出題(2018年11月4日放送)

Q. ()に最も適当な語句を答えよ。

スペイン内戦に勝利した(A)は、独裁体制を敷き、
(B)語の使用を禁止するなどした。
2007年に、内戦で迫害された人の名誉回復のため(C)法が制定された。

解答例はこちら

過去の放送内容

バックナンバー 一覧