次回の放送予定

6月24日(月) 夜9時00分~

池上ワールド

池上彰の現代史を歩く

第20回 “あの大事件”SP よど号ハイジャック事件

テレビ東京 池上特番

ジャーナリスト・池上彰の世界をじっくりとご覧いただく報道エンターテインメント番組です。池上彰がまさに動いているニュースの現場を実際に見て分かりやすく解説します!

2018年8月19日(日)夜7時54分~8時54分

池上彰の戦争を考えるスペシャル 第10弾
「日本のいちばん長い日」が始まった

  • キャスター
    池上彰
  • アシスタント
    相内優香(テレビ東京アナウンサー)
  • ゲスト
    峰竜太、宮崎美子、小島瑠璃子

テレビ東京 ビジネス オンデマンド 期間限定 特別配信中!

予告動画

終戦から73年、あの暑かった夏の日がやってきました。池上彰が様々な視点で戦争の本質に迫る恒例の特番がいよいよ第10弾を迎えます。今回は「日本のいちばん長い日」などで知られる作家・半藤一利氏の監修を得て、知られざる終戦にまつわる秘話を池上が追います。

1945年春。迫り来る連合国軍に対し、本土決戦で臨むのか、それとも降伏するしかないのか。今回は、絶望的な戦局のさなか総理大臣に就き、そして戦争終結に導いた鈴木貫太郎に焦点をあてます。

  • 拡大
  • 拡大

徹底抗戦派が強く抵抗する中、鈴木貫太郎はいかにして戦争に幕を引いたのでしょうか。連合国が日本に突きつけた無条件降伏を受け入れれば、天皇制が無くなる可能性もありました。なぜ昭和天皇の「聖断」に至ったのか。

今回、鈴木貫太郎の貴重な直筆メモを発掘。そこには御前会議での緊張感みなぎるやりとりが綴られていました。国内外の膨大な資料を取材し、半藤氏の新たな視点・分析を加え、73年前の終戦プロセスをたどります。また連合国首脳が集結した独ポツダムにも訪れ、ポツダム宣言を巡る深層を探ります。

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

鈴木貫太郎の直筆メモ

終戦工作について書き残したメモ。玉音放送に至るまでの生々しい出来事が綴られている。「ポツダム宣言」への対応や本土決戦を主張する陸軍がぎりぎりまで抵抗していた様が書かれている。歴史的な価値がある可能性が高い。
鈴木貫太郎の子孫、千葉県野田市・鈴木貫太郎記念館の協力を得て、新たに公になった文書を学識経験者に依頼して確認した。

  • 拡大

過去の放送内容

バックナンバー 一覧

ページトップへ