次回の放送予定

池上ワールド
池上彰の現代史を歩く

※情報は随時更新いたします。

テレビ東京 池上特番

ジャーナリスト・池上彰の世界をじっくりとご覧いただく報道エンターテインメント番組です。池上彰がまさに動いているニュースの現場を実際に見て分かりやすく解説します!

池上彰の現代史を歩く

~Walking through Modern History~

第19回
知っているようで知らない!人気の台湾

池上彰の現代史を歩く~Walking through Modern History~ 第19回 知っているようで知らない!人気の台湾

今回は、日曜夕方の枠での放送。
池上彰一行が訪れたのは、日本人の1番人気の海外旅行先、台湾。しかしその人気の割には、「知っているようで知らない」、という意味でも日本人の1番の海外かもしれない。

①なぜ親日なのか?
 日本人にとってどこか懐かしい風情を残す台北市内、かつて「昭和町」と呼ばれた地区を歩き、日本統治時代を振り返る。また、93歳で流ちょうに日本語を話し「仰げば尊し」を歌う現地の老人から意外な史実を聞き出した。

②中台緊迫の地で、あの歌姫を発見!
中国大陸と目と鼻の距離にある、かつての中台紛争の最前線、金門島を訪れる。海岸線にある軍事施設で、日本でも有名な歌姫、テレサ・テンさんの軍服姿の写真を発見!一体どういうことなのか?

③なぜ中国との関係が微妙なのか?
「一つの中国」を目指す習近平主席と、「現状維持」を掲げる台湾の蔡英文総統。今も度々ニュースになる微妙な関係は、台湾の激しすぎる現代史を知ることで、よくわかる!

予告動画

今回のテーマをもっと知りたい方は・・・

関連映画・
書籍のご紹介

書籍

この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡
著者: 門田 隆将
出版社: KADOKAWA / 角川書店

池上彰の現代史を歩く第19回出題(2019年5月26日放送)

Q. ()に最も適当な語句を答えよ。

中国共産党との戦いに敗れて台湾に逃れた(A)総統は、その後、(B)島の攻防に勝利した。
今、中国の習近平国家主席は、台湾に対し(C)制度の受入れを求めているが、台湾の7割の人が拒否すべきと答えている。

※ 応募フォームの解答欄は4つありますが、Dの欄は空欄にしてお申し込みください。

解答例はこちら

過去の放送内容

バックナンバー 一覧

ページトップへ