9月11日
「富士山が見える田舎に行きたい」とレギュラーが別れ旅へ。松本君は群馬県富士見村小村へ
「富士山が見える田舎に行きたい」とレギュラーの西川君は静岡県富士宮市へ
〇「富士山が見える田舎に行きたい」とレギュラーが別れ旅へ。松本君は群馬県富士見村小村へ


群馬県富士見村小村

群馬県・沼田市白沢
※(番組中では群馬県・白沢で紹介)
※今年2月17日に
利根村・白沢村が沼田市と合併。
特産品: 米・こんにゃくいも・野菜
町PR:群馬県の北東に位置する
自然豊かな町
人口: 3825人 1173世帯
(白沢のみ)

 現在、若手芸人の中でも“仲良しコンビ”として有名なレギュラーの旅の希望は、「富士山が見える田舎」。東京駅で『上越新幹線で』と書かれたフリップを渡された松本君が降り立ったのは、「小沼」という爆裂火山でできた沼のほとり。「富士山は何処だ?」と言いながら歩く松本君の目に飛び込んできたのは、『ここから富士山が見えます・・・』などと書かれた村役場の観光看板。そこには『群馬県・富士見村』とも書かれている。しかし松本君が訪れた日は雲が出ていて、富士山を見ることができなかった。仕方がないので山を下り、宿探しも兼ねて町を散策することに。

 しかし町でもなかなか人に会えない。その時、1匹の蝶と出会う。なんだか弱っている様子だ。「俺の家来になるか?」と蝶に話しかけ、「お蝶夫人」と名付けて旅の仲間にすることにした。仲間が増え、松本君のテンションが上がった!
 集落を発見した松本君は、人の出入りがある集会所に立ち寄る。集会所に宅配に来ていた酒屋の奥さんと娘さんに旅のことを話すと、隣町で今夜盆踊りがあるので人が集まると教えてくれた。盆踊り会場までは車で連れて行ってもらうことになったが、夜まで時間があるのでお店でお茶をいただくことに。お茶をいただいていると、酒屋の奥さんに「トマトランドに行きませんか?」と誘われる。そこはトマトやキュウリなどの野菜を育て、もぎ取りなどを体験することができる農園だという。しかし農園に着くと「お蝶夫人」と名付けた旅の仲間の蝶が転落死してしまった。お墓を作ってあげる松本君。そんな意気消沈の松本君のため、酒屋の娘さんが今夜泊めてくれるという男の子を紹介してくれた。飛び上がって喜ぶ松本君!すぐに西川君に電話をして男の子の名字を告げ、「もうその家に泊まるから、頑張って同じ名字の家を探してくれ!」と頼む。

  お世話になったのは、お父さん・お母さん・お爺ちゃん・おばあちゃんと子供2人が一緒に暮らす家。松本君を泊めてくれたのは高校1年生の長男。夜の盆踊りまでの時間を使って近所の温泉に連れて行ってもらい、松本君は旅を満喫する。長男が酒屋の娘さんのことを好きだと感じた松本君は、そのことを長男に問いただす。幼なじみの二人だが、今夜告白しようと盛り上がる。松本君はキューピットになれるのか?
盆踊りが終わり、家で花火をする松本君と長男の友人たち。恋のキューピットになろうと松本君は長男の告白タイムを作るが、あまりに急な展開に酒屋の娘さんは困った様子。とりあえず、今まで以上に仲良くという雰囲気でその場は終了。
 家に戻ると、家族の方々が美味しいそうな晩ごはんを作って松本君を待っていてくれた。美味しいご飯と楽しい会話で、夜はあっという間に過ぎていった。

  翌朝、一宿一飯の恩義にお父さんが若い頃に初めて買ったという思い出の車を洗車することにした松本君。お世話になった感謝の気持ちをこめ、一生懸命洗車をした。そしてもう1つのお礼として、いつも衣装で使っているシャツとネクタイをその場で脱ぎ、家族の一人ひとりへのメッセージとサインを入れてプレゼントした。
 そしてお別れの時。富士山を見ることはできなかったが、温かい家族に出会うことができた旅となった。

〇「富士山が見える田舎に行きたい」とレギュラーの西川君は静岡県富士宮市へ


静岡県富士宮市

人口:125,637人
特産品:キャベツ
富士宮市市役所:(0544)22-1111

 一方、レギュラーの気絶する方・西川君は、富士山の麓にある静岡県・富士宮市へ。しかし車を降りると外は大雨、しかも雷も鳴っている。開けた原っぱの中を歩くが、何も建物がないので傘を捜すことができず、あっという間にビショ濡れに!
その後、富士山が見えた!そこに牧場らしきものが見えたので、行ってみる事に。

  牧場に着き、名前を尋ねようとしたまさにその時、松本君から電話が入る。お泊りが決まったという電話だった。名字はAさんなので、西川君もAさん宅を探さなくてはいけなくなった。Aさんがどこにいるのか聞き込みをする西川君だったが、その牧場の周辺にはいないという。車で15分ほどのところに「ミルクランド」という場所があり、その近くにAさんが住んでいると聞いた西川君は、ヒッチハイクでミルクランドへ行く。ミルクランドでは男の子にアイスをもらって満足するが、日も暮れてきたので、早くAさん宅を目指さなければと再び宿探し始める。

  しばらく歩くとAさんの家を発見。Aさんにお泊り交渉をすると、泊まるだけならいいと言ってくれた。まずは家族に挨拶をする西川君。今日は盆踊り大会があるというので、夕食を済まして盆踊り会場へと向かう。
 盆踊りで西川君は大人気!別の盆踊り会場ではビンゴ大会をしていて、賞品に花火とボールをもらった西川君は家に帰って家族と花火を楽しんだ。盛りだくさんだった一日の最後に西川君は子供達とお風呂に入り、そのあと家族との会話を楽しんだ。一宿一飯の恩義に家族が経営している自動車整備会社の看板を作る事にした西川君は明日の朝、材料を探すために早起きをしなければいけないので早くに就寝。

  翌朝、5時30分に起きた西川君は看板の材料にタイヤを使う事を決め、早速看板作りに取り掛かる。出来上がった看板を見た家族は・・・!


前回の放送 ご意見ご感想 バックナンバー 番組内容 番組トップへ