6月17日
「美しい鉄橋の風景がある田舎に行きたい!」と庄野真代は福島県・三島町へ
「鉄道マニアに人気NO.1の田舎に行きたい!」と安藤和津は兵庫県・旧香住町へ

○「美しい鉄橋の風景がある田舎に行きたい!」と庄野真代は福島県・三島町へ


福島県三島町

人口:2261人
世帯数:876世帯
特産物:桐タンス
特徴:福島県の西南に位置、只見川が町の中心部を還流
郵便番号:969-7511



JR只見線会津坂下駅から旅をスタートさせた庄野。ボランティア活動や世界一周ロケで様々な旅をしてきた庄野だが、初めて訪れた福島県の自然に溢れた景色を見て終始感動しっぱなし。電車の中ではずっと窓の外を眺めていた。 雨が少しずつ強くなっていくなかで会津西方駅まで約40分の電車の旅はあっという間に終わった。早速鉄橋のリサーチを開始。 駅を降りてすぐにバイクに乗ったおばさんに会い、鉄橋の事を聞いてみる。そのおばさんに従い、山道を歩くが…。しかし、人がいない!坂道を登ってみるが何もなく…。断念して来た道を下ることに。そうこうするうちにおじさんと出会い、話をしていたらおじさんが“鉄橋が見える場所まで案内してくれる”という。おじさんの車で鉄橋を目指す。 到着した「道の駅」の、すぐ横の急斜面の山道をおじさんと一緒に登ると“鉄橋と山あいの素晴らしい景色”がそこには広がっていた。あいにくの雨だったが靄がかかり神秘的な雰囲気を醸し出していた。 庄野はおじさんにお礼を告げ、今晩の宿探し。 雨が一層強くなるなか、庄野はもくもくと宿を探す。ここの集落一帯はお年寄りが一人で住んでいたりと、なかなかお泊り決定にはならず…。 しかし庄野はめげずに集落を歩き続ける。 辺りはすでに暗く、雨が降りしきるなかお泊り交渉は難航…。

○「鉄道マニアに人気NO.1の田舎に行きたい!」と安藤和津は兵庫県・旧香住町へ


兵庫県旧香住町

人口:13,305人
世帯数:3,994世帯
概要:兵庫県北部に位置する日本海に面した風光明媚な港町
特産品:松葉かに 活イカ
郵便番号:669-6592







エッセイストとしても活躍中の安藤和津。どこの何が鉄道マニアにNO.1なのか分からずにとにかく旅はスタート。
降り立ったところからしばらく歩いていくと目の前に大きな鉄橋が。風景の美しさに思わずカメラを取り出し写真を撮り始めた安藤。もちろん周りには鉄道マニアの姿も。ここは“余部(あまるべ)鉄橋”といって鉄道マニアには垂涎の的の「鉄橋」のようだ。
続いて、鉄道マニアに連れられ展望台へ。景色を満喫した安藤は鉄橋の下へ向かう。そこである女性と出会う。女性から“鉄橋で起こった事故の話”や“もうすぐ鉄橋がなくなる現実”を知る。それを聞いた安藤は、実際に電車で鉄橋を渡ってみることに。
隣の駅で下車。しばし余韻に浸った後、お泊り交渉を始める。



前回の放送 ご意見ご感想 バックナンバー 番組内容 番組トップへ