8月12日
元大関・栃東は「北の港町に行きたい!」と北海道・根室市へ。
そして、元横綱・大乃国、芝田山親方は「南の港町に行きたい!」と熊本県・通詞島へ。

○ 「北の港町に行きたい!」と元大関・栃東は北海道・根室市へ

北海道 根室市

人口:527人
<根室市全体は31,037人>
世帯数:172世帯 
<根室市全体は13,083世帯>
特産品:サンマ・コンブ・水タコ・アジ・サケ・ウニ
概要:本土最東端に位置する漁師町

今年現役を引退した元大関・栃東がやってきたのは北海道・根室市。海が目の前に広がる漁師町の広大な景色の中から旅はスタート。 しばらく歩くが…人影はなし。ようやく駅に到着し、「昆布盛」と書かれた表記を見つける。 人を探して駅舎に入るが、見当たらない。電車が到着し、降りてくる人を待つが…誰も降りてこない。どうやら、ここは無人駅のよう…。気を取り直し、再び歩き始める元大関。 すると近くに漁港があるという情報を入手。 そして、ラッキーなことにある若い女性が港まで連れて行ってくれるという。 早速向かった漁港では、元大関が遊びに来ていると知った漁師たちが、水揚げをしていたサンマを振舞ってくれた。さらに箱いっぱいの秋刀魚もプレゼントされ、ご満悦の元大関。
そろそろお泊り交渉をしようとしたその時、先ほど港まで送ってくれた女性を発見。 もしかして泊まらせてくれるかも…という淡い期待を抱き、一緒にサンマの箱詰め作業を手伝うことに。こき使われながらも楽しんで作業をしていると、またまたサンマの刺身を漁師が振舞ってくれた。新鮮な刺身に舌鼓を打ち、満足した元大関はいよいよお泊り交渉を開始。しかし…あえなく撃沈。深夜に漁に出るなど漁師特有の生活リズムなどを理由に断られてしまう。途方にくれた元大関、果たしてお泊り交渉は成功したのか!?

○「南の港町に行きたい!」と元横綱・大乃国、芝田山親方は熊本県・通詞島へ

熊本県・通詞島

人口:3254人
世帯数:1235世帯
特徴:天草下島の端に位置する漁業が盛んな港町
特産品:ウニ・車エビ・トサカ
概要:本土最東端に位置する漁師町
郵便番号:863-2421


真夏の太陽のもと汗をかきながらゆっくり歩いていると、水産店を発見。早速、お邪魔をすると生ウニの文字が。おねだりをしてウニを試食させてもらう。そのお味にニコニコ顔の親方。まずまずの滑り出しのようだ。そして、今度はそこに居合わせた親子に町のことをリサーチ開始。しかし、大きな親方にびっくりした子供に大泣きをされてしまうハプニングも。 水産店の主人にイルカウォッチングが出来るという情報を得た親方は、車で港まで連れて行ってもらうことに。 漁船に乗りしばらく沖へ進むと次から次へとイルカの群れがやってくる。イルカに心癒され、しばし楽しいひと時を過ごす。その後、天日塩をしている所があるという情報を入手した元関取として「おいしい塩を見に行かなくては」と、その場所を目指すことに。
着いた先で、おいしい塩とおまけに漁師に新鮮なイカまで分けてもらい、近所の家でイカを食べさせてもらうことができた。新鮮な海の幸に満足し、さらに港を散策するが夏の暑さに親方もバテバテ。 日陰で座りこみさっぱり動く気配がない。日も暮れ始め、辺りに人もいなくなる。 果たしてお泊り交渉は成功したのか!?



前回の放送 ご意見ご感想 バックナンバー 番組内容 番組トップへ