2012年3月11日放送 萩本欽一高山厳IKKO斎藤こず恵の旅
今回の旅人
今週の選曲はこちら
今回の旅人

萩本欽一は宮城県・気仙沼市へ
(前回放送:2011年7月17日)

旅先DATA

旅先:宮城県・気仙沼市
宮城県の北東端に位置し、変化に富んだリアス式海岸を形成している。気仙沼湾は天然の良港。
<気仙沼市 被害状況>(平成24年3月9日現在)
死者:1,032人
行方不明者数:324人
住宅被災棟数:15,590棟

放送内容

気仙沼漁港は2011年6月23日に再開。
仲買人の佐々木さんの息子も働きだしていた。
中古住宅を購入したという佐々木さん夫婦に直筆の表札をプレゼントする萩本欽一。
さらにある約束を果たしに向かう。
前回の旅で出逢った避難所の方と交わした「元気になったら同窓会をやろう!」というものだ。
仮設住宅に移った人を集め、市民会館で同窓会を開く。
そこでの別れの言葉は「また会おう!」。

贈り物
一宿一飯の恩義
一宿一飯の恩義
▲ページトップへ
今回の旅人
今週の選曲はこちら
今回の旅人

高山厳は宮城県・大島へ
(前回放送:2007年6月10日)

旅先DATA

旅先:宮城県・気仙沼市 大島
気仙沼港から約30分 東北最大級の有人島。海抜235メートルの亀山からは全島が一望でき、緑の桜も咲くその景色は大島出身の詩人、水上不二の詩に「緑の真珠」と詠まれている。
<大島 被害状況>(平成24年2月末現在)
死者:34人
行方不明者数:7人
住宅被災棟数:742棟

放送内容

2011年末、高山は新たな出発のきっかけにと酒好きのおじいちゃんのために秋田の銘酒「高清水」を手土産に家族の元へ。
今回もおじいちゃんの一声で泊めてもらうことに。
大学生になった息子は、震災で流れされた“みちびき地蔵”を観光協会からの依頼で製作していた。
旅から戻った高山はあの家族と島への想いを1枚の絵に託す。
2月、みちびき地蔵は完成、高山の絵も家族の元へ届けられた。

贈り物
一宿一飯の恩義
一宿一飯の恩義
今回の旅人
今週の選曲はこちら
今回の旅人

IKKOは岩手県・遠野市へ
(前回放送:2009年1月18日)

旅先DATA

旅先:岩手県・遠野市
北上山地の中央部にある山里
<遠野市 被害状況>
(平成24年3月11日以降対策本部で確認されたもの)
死者・行方不明者:0人
住宅被災棟数:454棟

放送内容

より素の自分のままでと、すっぴんで遠野に向かうIKKO。
道中にある大槌町の現実に言葉を失う。
無事、遠野のおばあちゃんと再会を果たす。
道中、リュックに背負っていた猿のぬいぐるみは、おばあちゃんにあげるつもりで持って行ったが、
次の再会を願って今回は渡さなかった。
その代わりに自分がしていた赤いマフラーとネックウォーマーをプレゼントした。

贈り物
一宿一飯の恩義
一宿一飯の恩義
今回の旅人
今週の選曲はこちら
今回の旅人

斎藤こず恵は宮城県・桂島へ
(前回放送:2011年7月17日)

旅先DATA

旅先:宮城県・桂島
塩竈港から25分の養殖が盛んな島
<桂島 被害状況>(平成24年2月22日現在)
死者・行方不明者:0人
住宅被災棟数:159棟

放送内容

内海夫婦に会うため三度めの桂島へ。
前回訪れた際、避難所にいた海苔業者の奥さんと再会。
海苔の生産加工は去年10月に復活していた。
仮設住宅でお母さんと再会するも、お父さんは検査入院中で会えず、お見舞いに行くことに。

贈り物
一宿一飯の恩義
一宿一飯の恩義

前回の放送 ご意見ご感想 バックナンバー 番組内容 番組トップへ