2013年3月10日放送 萩本欽一亀田興毅ダンディ坂野スザンヌの旅
今回の旅人
旅先:宮城県・気仙沼市/南三陸町
今回の旅人

萩本欽一は宮城県気仙沼を出発点に、
海岸線の町を南下する旅へ
(震災後気仙沼への旅※過去放送日時:
1回目放送:2011年7月17日
2回目放送:2012年3月11日
3回目放送:2012年10月21日
坂上二郎前回の旅
前回放送:2005年7月3日)

旅先DATA

旅先:宮城県・気仙沼市(平成25年2月末日現在)
宮城県の北東端に位置し、変化に富んだリアス式海岸を形成している。気仙沼湾は天然の良港。

旅先:南三陸町(前回は歌津町名だった)(平成25年2月末日現在)
宮城県の北東にあった町である。南三陸金華山国定公園の一角を占める。2005年10月1日、志津川町と合併し、南三陸町となった。
今週の選曲はこちら

放送内容

被災地訪問は4回目となる萩本欽一。
今回は被災地を見守り続けた2年の集大成として、
宮城県気仙沼を出発点に、海岸線の町を南下する旅へ。
そこには亡くなった坂上二郎が訪れた歌津をはじめ、
震災前は美しかった町がいくつもある。
萩本が見た、町の人々の2年後の現実とは?

一宿一飯の恩義
一宿一飯の恩義
▲ページトップへ
今回の旅人
旅先:岩手県・二戸市
今回の旅人

亀田興毅は3年ぶりに岩手県二戸市へ
(前回放送:2010年1月31日)

旅先DATA

旅先:岩手県・二戸市
人口:924人
特産品:葉タバコ、ブロイラー、リンゴ、サクランボ、漆器
北上山地の麓にある豪雪の山里

今週の選曲はこちら

放送内容

町の復興の力になりたいと、土建業への就職を決めた子、
命の大切さを実感し、看護師を目指すことにした子・・・。
震災で人生観が変わったという当時中学生だった
彼らとの再会旅に出ました。

贈り物
一宿一飯の恩義

撮った写真を使って、楽しい思い出の詰まった額作り

一宿一飯の恩義
今回の旅人
旅先:茨城県・石岡市八郷
今回の旅人

ダンディ坂野は茨城県石岡市へ
(前回放送:2004年3月28日OA)

旅先DATA

旅先:茨城県・石岡市八郷
人口:27.656人
世帯数:8519件
特産品:イチゴ、干し芋
石岡市八郷は温暖な気候とあいまって、くだものの南限・北限が交差していて種類も豊富、観光果樹園も約50軒ある。

今週の選曲はこちら

放送内容

ダンディ坂野は茨城県石岡市を再訪。
震災報道は東北が中心だが、茨城県も震度5強で
死者24人。ダンディがお世話になった家がある
石岡市内は3日間完全停電となった。
あまり報道されない“忘れられた関東の被災地”の本音を聞きます。

贈り物
一宿一飯の恩義

八郷の地元の安心•安全名野菜を使った玉子チャーハンやネギの素焼きなどの料理を振る舞った。

一宿一飯の恩義
今回の旅人
旅先:青森県・十和田市
今回の旅人

スザンヌは4年前に訪ねた青森県十和田市へ
(前回放送:2009年4月12日OA、2009年7月5日OA)

旅先DATA

旅先:青森県・十和田市
人口:65,191人
世帯数:27,107世帯
特産品:にんにく・十和田ネギ・長いも・スタミナ源タレ
青森市との境には、南八甲田連峰がそびえ、十和田湖、奥入瀬渓流が有名。

今週の選曲はこちら

放送内容

スザンヌは4年前に訪ねた青森県十和田市へ。
ここには番組でも再訪し、プライベートでも会いに
行った「第二の親」と言うべき心優しき夫妻がいる。
今回“結婚報告”を胸に旅に出ました!

贈り物
一宿一飯の恩義

太い毛糸でおそろいのマフラーを手作り

一宿一飯の恩義

前回の放送 ご意見ご感想 バックナンバー 番組内容 番組トップへ