「たんぽぽ温泉デイサービス」お年寄りのレジャーランド!客を呼び、従業員も満足する介護の理想郷の全貌に迫る!

2018.01.11
    「たんぽぽ温泉デイサービス」お年寄りのレジャーランド!客を呼び、従業員も満足する介護の理想郷の全貌に迫る!
    カンブリア宮殿【お年寄りのレジャーランド!笑顔あふれる介護の理想郷】
    2018年1月11日(木)22:00~22:54


    1日約250人が集う巨大介護施設「たんぽぽ温泉デイサービス」▽高齢者が“元気になれる”仕掛けとは▽従業員も顧客もハッピーに!▽予防介護でシニア世代を元気に!

    愛知県一宮市にある「たんぽぽ温泉デイサービス」は、地元の高齢者に愛される巨大介護施設。一般的なデイサービスの利用者が30人程なのに対し、1日約250人が集う日本最大級のデイサービスだ。施設内では、天然温泉やパチンコ、カラオケ、リハビリメニュー、水中エクササイズ、陶芸教室等、250種類もあり「お年寄りのレジャーランド」と評判を呼んでいる。客を呼び、従業員も満足する介護施設の全貌に迫る!



    高齢者が“元気になれる”仕掛けとは
    介護認定を受けた高齢者が、通えば通うほど、より元気になれると評判の「たんぽぽ温泉デイサービス」。元気になる秘訣は、250種類を超えるリハビリプログラム。体を動かすだけでなく、頭の体操や趣味の教室等、メニューも充実し、お年寄りを飽きさせない。さらに、リハビリをするともらえる施設内通貨が、高齢者のやる気に火を付ける。通貨を貯めれば、介護付きの旅行にも連れて行ってくれるのだ。

    昼食は20種類に及ぶ手作りのバイキング。栄養満点のヘルシーメニューが高齢者に人気。日本最大級のデイサービス施設に秘められた“高齢者に喜ばれるサービス”の独自手法を取材した。



    従業員も顧客もハッピーになれる制度
    たんぽぽ介護センターの従業員の内、9割がパートスタッフで離職率も低い。子供を預けられる託児所を設け、残業も一切なし、急な休みもOKという独自ルールを設けている。「従業員満足」を打ち出した結果、「顧客満足」の高い企業へと成長していったのだ。その背景には、壮絶な筒井の半生があった。

    予防介護でシニア世代を元気に 
    たんぽぽ介護センターには、介護が必要な予備軍をターゲットに「予防介護」というプログラムも充実。まだ体がしっかり動くシニア向けにフラダンスを踊る講座を開いたりし、高齢者に少しでも長く“現役”で過ごしてもらうための取り組みを行っている。

    <出演者>
    【ゲスト】
    たんぽぽ介護センター
    代表 筒井健一郎
    【メインインタビュアー】
    村上龍
    【サブインタビュアー】
    小池栄子
    【ホームページ】
    http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/