メニュー

テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

link_url
2017年12月21日

日本マクドナルド、西武グループ改革の全貌に迫る!「カンブリア宮殿」年忘れ大復活SP



今年大きな復活を遂げた企業の“復活劇”を描く年末SP

どん底の経営危機から、今年大きな復活を遂げた企業の“復活劇”を描く、年末のスペシャル企画。取り上げるのは、品質問題などで過去最大の赤字に転落した日本マクドナルドと、様々な不祥事で上場廃止に追い込まれた西武グループ。それぞれの業界で屈指の強さを誇った「マック」と「プリンス」のブランドは、いかにして復活を遂げているのか…。新たな強さを身につけた改革の全貌に迫る。



【“マック離れ”から客を取り戻せ…カサノバ流“超現場主義”】
 2013年、業績低迷に苦しむ日本マクドナルド・原田泳幸社長の後任としてトップに就いたサラ・カサノバ。かつてエビフィレオやメガマックなどでヒットを飛ばした手腕を期待されたが…

 就任の翌年、マクドナルドを創業以来の危機が襲う。それが上海の取り引き会社による、期限切れチキン問題。これを機に業績は急降下、2016年には過去最大の300億円を越える赤字へと転落してしまう。そんなどん底の中でカサノバは、47都道府県の店舗を回るなど徹底的な現場目線での改革を行う。そして2017年の決算では、純利益が上場後の過去最高を更新する見通しで、V字回復への道筋をつけた。今までにない、のべ6000人の客の声を聞いて開発した新商品の舞台裏から、アルバイトから取引企業までを一致団結させた空前の意識改革まで…その改革の全貌を明らかにする。




【“プリンス”転落から13年…西武執念の復活】
 2004年に衝撃的なニュースとなった、日本のホテル・リゾートを牽引してきた西武の不祥事。有価証券報告書の虚偽記載でカリスマとして君臨してきた堤義明氏は退任し、西武鉄道は上場廃止へと追い込まれた。その後、有利子負債1兆円を越える名門の再建を託されたのが、みずほ銀行から送り込まれた、後藤高志だ。

 後藤は、全国のプリンスホテルを回り、“儲かるホテル”としてのポテンシャルを持つ物件に投資を集中、「プリンス」ブランドの復活に執念を燃やしてきた。付加価値のある朝食と温泉にこだわり、高輪、大磯…と各地のプリンスを収益物件に変える一方、都心の一等地にプリンスの象徴として聳えた「赤プリ」を思い切って解体。オフィス、ホテル、マンションの複合ビルへ建て替え、以前の5倍の利益を上げる物件に変貌させた。2016年3月期決算で過去最高の純利益を上げるまでに復活した西武…“指示待ち族”だった社員を一変させた現場改革から、ホテルリニューアルの舞台裏まで、その改革に迫る。




【番組タイトル】
カンブリア宮殿【年忘れ“大復活”スペシャル!再びブランドは輝き始めた】
【放送日時】
2017年12月21日(木)22:00~23:24
【ゲスト】
日本マクドナルド社長:サラ・カサノバ
西武ホールディングス社長:後藤高志
【メインインタビュアー】
村上龍
【サブインタビュアー】
小池栄子

<関連情報>
【ホームページ】

/cambria/
【公式Twitter】
https://twitter.com/cambrian_palace

関連サイトはコチラ