メニュー

テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

link_url
2020年08月18日

稲川淳二がいよいよ登場!!ボギー愛子役に池谷のぶえが決定!さらにBiSHも出演で浦鉄の洗礼を受ける!?/ドラマ24「浦安鉄筋家族」


「きのう何食べた?」や「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「孤独のグルメ」シリーズなど数々の大ヒット作を生み出し続けているテレビ東京・金曜深夜の「ドラマ24」枠。
主演・佐藤二朗、共演者に水野美紀・岸井ゆきの・坂田利夫らを迎え、監督に「おっさんずラブ」の瑠東東一郎、脚本にヨーロッパ企画の上田誠という最強の布陣で『浦安鉄筋家族』を初ドラマ化!!

4月の放送スタートから「配役完璧!」「大鉄が底なしのアホ(褒めてる)」「マジで笑えるwww」「子供が真似してる…(絶望)」などなど、「浦安鉄筋家族」旋風を巻き起こし続けてきました。
そんな中、撮影休止中に撮影場所だった家が取り壊されて、あわや撮影再開できない!?という、ある意味「浦安鉄筋家族」らしい(?)緊急事態がなぜかSNSでバズるという展開も!!

そんなこんなの大混乱を経ましたが、無事に821日(金)深夜012分~放送再開!

ということで「放送再開、皆様見てくれるかなー怖いなー怖いなー」なんて思っていたら…
え?あの方々が登場するの!!!???
8発目(第8話)、9発目(第9話)に登場する原作ファン待望のキャスト&超強力援軍を大公開!!


8発目(第8話)に出演。怪談を聞かせて人を怖がらせる事を生き甲斐とする、どことなく、なんとなく、いや、かなりあの方に似ている男・稲川ジューン役に、独特の口調で聞き手を魅了し、恐怖の世界へいざなう、怪談語り手の元祖にして最高のエンターテイナー・稲川(いながわ)淳二(じゅんじ)が登場!

ドラマ化発表時から多くの原作ファンが出演を待望していたあの男が、いよいよドラマ24「浦安鉄筋家族」の世界に降り立ちます!
大鉄が運転するタクシーに乗り込み、繰り広げるのは…!??主演・佐藤二朗とのやりとりにも乞うご期待!
あの名台詞は果たして飛び出すのか!?

8発目(第8話)に出演。大沢木家の近くに最近引っ越してきた「ボギー心霊110番」でお馴染み(?)の霊媒師。
大沢木家を「霊のスクランブル交差点よ!!」と騒ぎ立て、グイグイと押し入ってきて大沢木家の面々に絡み出す ボギー愛子役に、舞台人として舞台に立ち続けつつも、年間数十本ものドラマや映画に出演し、名バイプレイヤーとしてその類まれなるコメディエンヌの才能を発揮している、 池谷(いけたに)のぶえが出演!
仁ママ(宍戸美和公)との妖怪大戦争…いやバトルシーンをぜひご覧ください。

9発目(第9話)に出演。大沢木小鉄のクラスに転入してくる「体は大人、心は子供」の転入生。
見た目と話し方がどことなく地球外生命体を思わせる 星くん役に、ヨーロッパ企画旗揚げメンバー。

TBS「G線上のあなたと私」など、出演するドラマでは自身の持ち味を発揮して必ずや作品のスパイス的な要素となり、最近では監督や脚本家としてもマルチな活躍を続ける永野宗典(ながのむねのり)が出演!

そして…7発目(第7話)のサンボマスターの出演に続き、8発目(第8話)にはエンディングテーマ「ぶち抜け」を担当する「浦安鉄筋家族」ファミリー、BiSHから原作大ファンのアユニ・Dセントチヒロ・チッチハシヤスメ・アツコ、が本人役でコラボ出演!

原作ファンを公言しちゃったばっかりに、あの人に絡まれて、あんなことやこんなこと(18禁!?)されちゃったり…!?
(詳細は放送をお楽しみに)ドラマ24「浦安鉄筋家族」の洗礼を受けるBiSHの面々に注目せよ!!

8発目(第8話)には、大仁田厚アジャコングも警官役でまたしても出演!!
「浦安鉄筋家族」が誇る名実ともに「パワフル」なキャストが、主演・佐藤二朗ら「浦安鉄筋家族」の豪華キャストと共に日本中に笑いとパワーを届けます!

ちなみに、8月28日(金)放送の8発目(第8話)では「おっさんずラブ」な瑠東東一郎監督が仕掛けた小粋なイタズラも…!?
ぜひ放送で確認して、監督に皆で叫ぼう!!
「これ、許可とってます…?」と!!


稲川淳二・池谷のぶえ・永野宗典・BiSH(セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D)からコメントが届いております!!

■【8発目(第8話)出演】稲川ジューン役(稲川淳二)



役の説明:
怪談を聞かせて人を怖がらせる事を生き甲斐とする、どことなく、なんとなく、いや、かなりあの方に似ている男。
繰り出される怪談は「浦安鉄筋家族」の世界観に似合わず怖い。
大鉄の運転するタクシーに乗り込むが、ビビりな大鉄のリアクションは…⁉

【稲川淳二コメント】
好きですね。「浦安鉄筋家族」夢と希望がありそうで、したたかに頑強で、圧倒的な題名といい、キャラクターの濃い登場人物がたまりませんね。
その中にあって、“稲川ジューン”は嬉しいですね。

昔、偶(たまたま)乗車したタクシーで、運転手さんから「浦安鉄筋家族って漫画知ってます?とっても面白いんですけどね。稲川さんそっくりのキャラクターが登場するんですよ。あれ稲川さんですよ。」と聞かされてから、間も無くして目にする機会に恵まれたんですが、その途端感動しましたねェ・・・懐かしい自分を見たような気がしました。

それが今回、佐藤二朗さん演じる大鉄の運転するタクシーで、怪談を無理矢理聞かせるというんですから。
楽しかったですね。佐藤さんには大変にお気遣い戴いて感謝でいっぱいです。

■【8発目(第8話)出演】ボギー愛子役(池谷のぶえ)


役の説明:
大沢木家の近くに最近引っ越してきた「ボギー心霊110番」でお馴染み(?)の霊媒師。
大沢木家を「霊のスクランブル交差点よ!!」と騒ぎ立て、グイグイと押し入ってきて大沢木家の面々に絡み始める。
「フライドチキンを見ると鳥の霊が見える」らしい

【池谷のぶえコメント】
既に素晴らしいほどにはちゃめちゃな世界観が出来上がっている大沢木一家&現場のなか、ボギー愛子という、これまたはちゃめちゃなキャラクターとともに参戦するのはなかなかのプレッシャーでしたが、撮影やキャラクターがどんなことになっていくのか、あまりの予測不可能さに、逆に凪のような気持ちにもなりました。

撮影を終えてみて振り返ると、作品に参加しているみなさんが、とても純粋に笑いのことだけを考えていた場所と時間でした。
はちゃめちゃな回かもしれませんが、ある意味崇高な回でもあると思います。

■【9発目(第9話)出演】星くん役(永野宗典)


役の説明:
大沢木小鉄のクラスに転入してくる「体は大人、心は子供」の転入生。
見た目と話し方がどことなく地球外生命体を思わせる。あと、絶対小学生じゃない。
…あれ?こんな夜中に部屋のインターホンが…

【永野宗典コメント】
家族からも「出るの? 出るの? 何話?何話?」と聞かれ答えると、速攻、妻のグループLINEに僕の出演情報が送られるほど、ずいぶんと前のめりで期待されている作品だったのでプレッシャーしかありませんでした。

今回、ベタな宇宙人演技をナチュラルに演じたらどうなるだろうとプランを組んで現場に臨みました。
リハを見学してた瑠東監督と春巻先生役・大東さんから、「永野さん、そっちじゃ無いんちゃいますかねえ?」と、お2人から言われた。

端的にいうと、プラン間違いを指摘された。演技なんて正解など無いのにもかかわらずだ。
というわけで、土壇場でプラン変&キャラ変して撮影したアンナチュラルバージョンで放送されます。

思い出してわき汗びっしょりです。わきパッドしてオンエア観ます。
大沢木家での撮影は、同じ劇団に所属している本多力くんだけだったんで、浦安鉄筋家族の撮影をしているというより、劇団の稽古をしている感覚に近い不思議な体験でした。

ブルーのカラコン、そして全身、エアブラシで銀の塗装をしてメタリックになってます。
細部までぜひチェックしてください!

■【8発目(第8話)出演】BiSH アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ(本人役)


役の説明:
円陣の掛け声がなんとも「浦安鉄筋家族」らしい、最強にして最狂の「楽器を持たないパンクバンド」であり、「浦安鉄筋家族」ファミリー!!
でも今回は大沢木家&ヤバい人たちに洗礼を受ける、もはや被害者。

【BiSH アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ コメント】
小学生の頃から大好きな作品にこうして携わることができて本当に嬉しいです。
浜岡賢次先生にBiSHを描いてもらえるなんて夢みたいで興奮しっぱなしです。生きててよかった!
アユニ・D

大鉄さんが本番前の裏側で緊張している私達に優しく話し掛けてくださったり、桜さんとも演技に関して少しお話したりと一家全員が作品に対して熱くて、参加出来て幸せな気持ちになりました!
ハシヤスメ・アツコ

画面をぶち抜いて大好きな浦安鉄筋家族の世界に私たちも飛び込んできました。大鉄にBiSHのあれを見せつけてきたのでぜひお見逃しなく。
浦安鉄筋家族のパワーで日本中にハッピーな愛の輪が広がっていきますように。
セントチヒロ・チッチ

今後も続々キャスト発表予定らむー!ぜひご期待…フォオオオオ!!ファアチョー!!!!!

<放送再開後、1発目!7発目(第7話)あらすじ>


今日は特別スペシャルデー!1年1度の大沢木家結婚記念日!
こんな日ぐらいはしっぽりと、2人で楽しい晩酌を―そんな願いで順子(水野美紀)が買った一升瓶…あれ?開かない!何が?フタが!

何が何でも飲みたい順子は何が何でもあきらめない!
山田誉vs浦安市民…さらに伝説の破壊王降臨!?開けたヤツは持ってけ懸賞!死闘必至!
開封バトル執念のゴングが鳴り響く!ぐわあああああー!腕があああああー!顔面があああああーーー!

<8発目(第8話)あらすじ>


霊が見えすぎる霊媒師ボギー愛子(池谷のぶえ)もびっくり!大沢木家は霊のスクランブル交差点?!
稲川ジューンはタクシーで怪談話?禍々しい土井津家で妖怪大戦争?

騒動に巻き込まれた大鉄(佐藤二朗)と順子(水野美紀)…霊が憑いて大暴れ!刺す!掴む!投げる!衝撃映像大連発で、金鉄(坂田利夫)も思わず幽体離脱!?
霊だらけの大運動会で大沢木家は一体どうなるわさー!今夜の「浦安鉄筋家族」は、やだなーやだなー怖いなー怖いなー…

<番組概要>
【番組タイトル】ドラマ24「浦安鉄筋家族」
【放送局】テレビ東京系(テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送)
※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜0時12分放送
【放送日時】8月21日(金)から放送再開! 毎週金曜深夜0時12分
【配信】動画配信サービス『ひかりTV』『Paravi』にて配信
【原作】浜岡賢次『浦安鉄筋家族』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)

【主演】佐藤二朗
【出演】水野美紀 岸井ゆきの 本多力 斎藤汰鷹 キノスケ 坂田利夫 ・染谷将太 大東駿介 松井玲奈 宍戸美和公 / 滝藤賢一

【8発目(第8話)ゲスト】稲川淳二 池谷のぶえ BiSH(アユニ・D、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ)
【9発目(第9話)ゲスト】永野宗典

【オープニングテーマ】サンボマスター「忘れないで 忘れないで」(ビクターエンタテインメント/Getting Better)
【エンディングテーマ】BiSH「ぶち抜け」(avex trax)
【チーフプロデューサー】阿部真士(テレビ東京)
【プロデューサー】藤田絵里花(テレビ東京) 神山明子
【監督】瑠東東一郎 吉原通克 諏訪雅 松下敏也
【脚本】上田誠・諏訪雅・酒井善史(ヨーロッパ企画)
【制作】テレビ東京 メディアプルポ
【製作著作】「浦安鉄筋家族」製作委員会
【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/urayasu/
【公式Twitter】@tx_urayasu

関連サイトはコチラ