作品概要 世界中が涙した短編詩「犬の10戒」から生まれた、犬と少女の愛と絆を描く感動作

楽しい時も、淋しい時も、犬は黙ってそばにいてくれる。もし、犬たちが人間の言葉を話せたら、いったい私たちに何を望むのだろうか?そんな疑問に答えてくれる作者不詳の短編詩「犬の10戒」が今、世界中で静かなブームを呼んでいる。「千の風になって」の犬バージョンとも言えるこの詩では、犬から飼い主へのメッセージという形で、犬が私たちにして欲しい10の約束事が語られている。
一度でも犬を飼ったことがある人はもちろん、犬との暮らしに憧れている人なら、ささやかで切ない犬の願いに、涙せずにはいられないだろう。そして2008年春、この詩から、一匹の犬とひとりの少女のかけがえのない10年間を描いた感動作が誕生する。

 北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやって来た。前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリーバーに、あかりは“ソックス”と名前をつける。母はあかりに、犬を飼う時には、犬と「10の約束」をしなければならないと教えてくれる。
その約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒におとなへの道を歩き始める。母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての独り暮らし、恋人の事故……あかりの人生を揺さぶる、さまざまな出来事がおとずれる。どんな時にも、ずっとそばにいて励ましてくれたのが、ソックスだった──。

   

   
新鋭から演技派まで、日本映画界を担うキャストと、アジアの俊英が集結した注目のスタッフ  

成人したあかりを演じるのは、近年女優としての成長が著しい、『ゲゲゲの鬼太郎』、『夕凪の街 桜の国』の田中麗奈。あかりの幼なじみで、再会して恋人となる進には、『硫黄島からの手紙』、『それでもボクはやってない』の若手個性派俳優、加瀬亮。少女時代のあかりには、TVドラマ「女王の教室」や『日本沈没』で注目を集めた福田麻由子。あかりの母・芙美子には、華やかな存在感をスクリーンに残す高島礼子。そして、父・祐市にはシリアスな役どころからコメディまで、幅広い演技で高く評価されている豊川悦司。あかりの人生に関わる彼ら一人一人とソックスの交流も丹念に描かれることによって、犬は飼い主に豊かな愛情を与えてくれるだけでなく、関わった人々の傷ついた心を癒し、さらに人と人の絆さえも結んでくれる素晴らしい友達なのだと教えてくれる。近年、セラピードッグが老人ホームや施設、小学校などで、人の心のケアや身体のリハビリに貢献しているという例があるように、ソックスも出会った人たちに生きる力や優しさを与えてくれる存在なのだ。

 監督は、『ゲゲゲの鬼太郎』の大ヒットが記憶に新しい本木克英。そして、TVCMで最も権威ある06年クリエイター・オブ・ザ・イヤーを受賞した注目のCMプランナー、澤本嘉光が初脚本を手がける。また、韓国映画音楽界の巨匠と称えられ、『八月のクリスマス』、『四月の雪』などの心を揺さぶる美しい旋律を作曲したチョ・ソンウが音楽を手掛けている。
主な撮影は、2006年の秋から2007年初夏にかけて、北海道函館市及び調布の日活撮影所で行われたほか、映画では初めて、旭川市の旭山動物園で本格的なロケを敢行したのも話題である。2008年春、一匹の犬が、日本中を温かく包む大きな感動を贈ります。



2008年3月感動のロードショー