PERSON 社員紹介

技術局映像技術部 香月翔「「技術」の名前がつくものに幅広く関わっていく仕事です」

「幅広く関われること」を求め映像技術部へ

学生時代は理工学部で、映像・音声信号処理に関する研究をやっていました。具体的には「プログラムに人の口の動きや音の特徴を予め学習させることで、たとえ周りがノイジーな環境でも、その人の口の動き、音の特徴を抽出してその人の声だけを効率よく強調する」というような研究で、人の口のキャプチャー画像をずっと見ている学生時代でしたね(笑)。
就職活動のときは、テレビ局にはこだわらず、「その会社で自分が働いているイメージを持てるか」を基準に応募していました。色々な会社を見ていましたが、ふと振り返ってみると人生のいろいろなタイミングで、自分の生活を変えてくれるきっかけをテレビからもらっていたんですよね。それもあり、最終的にはテレビ東京に入社を決めました。
始めは制作技術部に配属になり、カメラマンとしてスタートしました。収録の最前線であるカメラマンの業務はすごく楽しかったですし、やっぱり番組制作にダイレクトに関われていると肌で感じられることは大きかったです。その後、映像技術部に異動しましたが、この部署では本当に多種多様な経験ができ、毎日が刺激的です。昔から「いろいろとやってみたい」性分で、やはり社会人になったからには一つのことだけではなく、多種多様な経験をして、より多くのことを学びたいと思っていましたので、映像技術部はまさに私にピッタリの部署と思っていますね。

放送局の技術に幅広く携わる

映像技術部は、名前の通り、テレビの映像の技術面を担う仕事がベースにありますが、表に出るものから、表には出ないけど番組作りを下支えするものまで、本当に多種多様な業務を受け持っています。私が担当する業務の中で最もわかりやすいのは「テロップ」をはじめとする「CG」でしょうか。スタジオ収録、生放送でのグラフィックのシステム設計に深く関わるほか、中継番組でも目新しいCGをつけたいという要望がある場合は中継現場に出て、どうすれば効果的な運用ができるか、演出陣と相談しながら実現することもありますね。今は汎用的なPCで様々なCG表現が可能になっている時代であり、放送CGとして活用できるものもたくさんありますので、扱いやすさ、安定性なども考慮して、番組にマッチした適切なシステムの選定、必要に応じてカスタマイズをしています。また、場合によっては自分たちで操作用のインターフェースや専用のアプリケーションを一から作ることもあります。学生時代にプログラミングもかじっていたので、その経験が今まさに役立っていますね。プログラミングの技術は必須ではなく、入社して覚える人もたくさんいますが、理解すれば大きな武器になるので、今後も継続して取り組んでいきたいと思っています。
他にも社内の編集室のシステム構築であったり、放送-配信システムの技術的な連携の検証、AIやクラウド等の技術を放送コンテンツに活用したり、それら技術を活用したワークフローの提案にかかわることも。いわゆる「技術」と名前のつくことを幅広く担当しています。

技術の進化が「伝える」を広げてくれる

技術が進化したことにより、放送に応用できることは確実に増えてきましたが、それを効果的なものにするために、「どのように」使うべきかを常に意識していますね。例えば、スポーツの中継で、普通にカメラで撮っているだけだと見えない細かい選手の動きを可視化する技術がありますが、なぜそれを可視化させたいのか、可視化させたものをどうやって見せるのが良いのか、実況や解説者の話の展開に効果的に挟めるようなものなのか、などを考えて、実際の演出に落とし込みます。あるいは、カメラの動きにCGが追随し、あたかもその空間に存在するかのように見せる技術には、「すごさ」「派手さ」に加え、いかにリアルの空間に「溶け込む」かが求められることもあるので、世界観を意識したグラフィック演出のアプローチが重要となります。番組のクオリティを上げるため、そして視聴者目線を大事にする視点で、「こういうことができないか」という相談や要望を制作側から受けることは多くなってきましたが、どのような場合も、ただ見せるのではなく、「どのように」見せるかを大事にすることで、使う技術が「伝える」手段として活きてくるし、それを技術目線で発信したり提案したりすることが自分の役目とも思っています。最近は制作側にも技術の知識、素養がある人が多くなってきたこともあって、垣根なくお互いに提案をし合いながら、アイデアを煮詰めて実現することが多くなってきている実感もありますね。

日々アンテナを張り巡らせておくことが大切

映像技術部は局内の部署の中でも、他部署とのつながりが多い部署だと思います。また局外に目を向けても、放送技術に関しては各局の技術者が切磋琢磨して盛り上げていける土壌もあります。他局の同じような部署の担当者と、「1年間こういうことをやってきました」と報告しあう連絡会があるんですけど、それは非常に勉強になりますし、刺激にもなりますね。
昨今の技術は進化のスピードが非常に速いので、常にアンテナを張り、情報を得ておかなくてはなりません。テレビ業界だけでなく、一般の人々も含めたコミュニティがネット上にあったりもするので、SNSを利用して情報収集もしますし、制作から「海外のこういう番組みたいなことができないか」「日本ではまだやっていないこういう演出はできないか」という要望を受けることも。ですので、変化を受け容れる柔軟さがあり、日々新しい情報に対して感度が高い人、アンテナを張っていられる人が、この仕事に向いているのではと思います。

就職活動の経験も、自分の糧にしてほしい

テレビの現場というとハードワークのイメージが強いかもしれませんが、技術面からワークフローの改革もできるのでは、と思っています。今はPCとスマホがあればどこでも情報を確認して、すぐに人とやり取りすることができる時代です。映像編集もクラウドベースでできたなら、もっとフレキシブルな働き方ができるようになるし、労働環境の改善にもなる。そういうことも、映像技術部の仕事として考えていきたいですね。
あと、就職活動をスタートする学生の皆さんに言いたいのは、就職がゴールではなく、就活はあくまでもターニングポイントの一つということ。それが駄目だったら人生終わり、というわけではありません。難しいと思うかもしれませんが、就職活動や面接官との会話自体も楽しんでほしいと思っています。社会人と話す機会なんてそうそうないじゃないですか。自分の経験や考えをストレートにぶつけて、会社との相性をはかる場、マッチングの場と考えれば、面接や就活自体も楽しめるのかなと思います。就活という経験自体も、自分の糧にしてもらいたいですね。

プロフィール


2009年入社/技術職採用
入社後、技術局制作技術部に配属。その後、技術局映像技術部に異動。生放送番組(『WBS』、『追跡LIVE! SPORTSウォッチャー』等)向け基幹CGシステム構築のほか、選挙特番や大型スポーツ中継番組(『世界卓球』等)におけるグラフィック演出システム全般のコーディネート、コンテンツ開発等を担当。局内編集設備の設計に加え、AI・5G・クラウド等の技術を活用したコンテンツ施策、ワークフロー構築検討等も担当。

仕事の逸品


パソコン

アイデアの書き留めや、情報の収集にはなくてはならないツールです。
必要なアプリやインターフェースをこれ1台で作ることもあります。

ある1日の仕事の流れ


10:00-12:00
編集業務
12:00-13:00
ランチ
13:00-14:00
メーカーと打ち合わせ
14:00-16:00
CG関連の技術デモ
16:00-17:00
番組打ち合わせ
17:00-19:00
デスクワーク
19:00-
帰社

担当番組


WBS
スポーツウォッチャー
世界卓球

オフショット


毎年、なるべく連続して休暇を取らせてもらい、海外旅行に行くことを楽しみにしています。写真はイタリアのアマルフィで撮ったものです。

昨年は無難にハワイを謳歌しました!(今年度末も行く予定・・・)

こちらはNAB Show(ラスベガスで行われる世界最大規模の放送機器展)出張に先立ち訪れたニューヨークにて。日本とは異なるスケール感に圧倒されっぱなしでした。

技術局紹介