輝きの法則TOPへ第一生命



  2006.10.11
  村治佳織【クラシック ギタリスト】
東京都出身。福田進一に師事。1989年、ジュニア・ギターコンテストにおいて最優秀賞を受賞。91年、学生ギターコンクールにおいて、全部門通じての最優秀賞を受賞。92年ブローウェル国際ギターコンクール(東京開催)及び東京国際ギターコンクール優勝。93年、津田ホールにてデビューリサイタルを行う。続いてデビューCD「エスプレッシーヴォ」をリリース。95年、第5回出光音楽賞を最年少で受賞。96年、村松賞受賞。同年5月、イタリア国立放送交響楽団の定期演奏会に招かれ、本拠地トリノにおいて共演、ヨーロッパデビューを飾る。97年より、パリのエコール・ノルマルに留学、アルベルト・ポンセに師事。99年、エコール・ノルマル卒業と同時に帰国。以後積極的なソロ活動を行う。03年11月には、英国名門クラシックレーベルDECCA(デッカ)と日本人としては初のインターナショナル長期専属契約を結ぶ。04年7月に日本発売、05年3月に世界発売された第1弾「トランスフォーメーション」は第19回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー<洋楽>を受賞した。第2弾「リュミエール」は05年10月に日本発売、06年2月に世界発売された。06年6月21日DVD「村治佳織 生命の色彩・原色の響き コスタリカ」発売。10月末、デッカ第3弾「ライア&ソネット」リリース予定。
profile



放送内容
世界を舞台に活躍を続けるクラシックギタリストの村治佳織さん。公演などで各地を飛び回ることが多い村治さんには、旅先での気分転換やリラックス法に、自分なりのこだわりがありました。それは「お香」です。

お気に入りの香りを海外の旅にも持って行くという村治さん。初めて訪れた土地やホテルの部屋を一瞬にして自分の空間に変えてしまうお香は、旅の多い村治さんにぴったりのアイテムです。

そして、ステージでの緊張感を解きほぐしてくれるのも、お香。大好きな香りに包まれると、落着いた心を取り戻すことができます。仕事を離れリフレッシュできる方法を知っているからこそ、村治さんの演奏は聞く者の心に深く響くのです。

村治さんのお気入りのお香
マリアージュ フレール
「テ ドゥ ルヌ」





TV TOKYOCopyright (c) 1996-2005 TV TOKYO All right reserved.