輝きの法則TOPへ第一生命



  2007.9.26
  仲道郁代 【ピアニスト】
4歳からピアノをはじめ、大学1年在学中に第51回日本音楽コンクール第1位を受賞し注目を集める。多数の受賞を経て、1987年ヨーロッパと日本で本格的にデビュー。温かい音色と叙情性、卓越した音楽性が高く評価され、人気、実力ともに日本を代表するピアニストとして注目を集めている。国内外の主要オーケストラとの共演を果たし着実にキャリアを築くとともに、ソロ・リサイタルも各地で開催。中でも97年から行った「ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲演奏会」は、作品への真摯な取り組みと音楽性が高く評価された。2007年はデビュー20周年にあたり、11月11日東京・サントリーホール公演まで、全国各地で記念リサイタルが予定されている。
仲道郁代オフィシャル・ホームページ
http://www.ikuyo-nakamichi.com
profile



放送内容
仲道さんの輝きの法則は「茶道」です。11年前に亡くなったお母様の形見である着物を着始めた仲道さん。着物の世界を覗いてみると、日本の心にも触れてみたいと思うようになりました。
静かな空間の中で様々な心を表現する茶道。それは、ピアニストとして常に表現したいと思う心と相通じると感じたのだそうです。
最近、茶道を始めた娘さんのお手前をいただくことが本当に幸せであると語る仲道さん。非日常の空間で心洗われるひとときは、彼女の演奏に更なる輝きをもたらしているのです。




TV TOKYOCopyright (c) 1996-2005 TV TOKYO All right reserved.