沖縄リゾート コンシェルジュ具志堅陽子の名推理
歪な密室
 19年8月16日(金) 午後13:35
(脚本) 深沢正樹
(監督) 楠田泰之
出演者
具志堅陽子
宮田賢一郎
大城晃宏
石河舞子
飯山則之
早乙女光太郎
石河弘雄
安西瑛子
須藤真治
具志堅とみ
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
浅野温子
古谷一行
宅麻伸
雛形あきこ
金子貴俊
上杉祥三
井田國彦
黒坂真美
小須田康人
平良とみ




あらすじ
具志堅陽子(浅野温子)がコンシェルジュを務める沖縄のリゾートホテルで、殺人事件が発生した。宿泊していた伊志河コーポレーションの社長・石河弘雄(井田國彦)が510号室で遺体となって発見されたのだ。石河は前日から妻の石河舞子(雛形あきこ)、息子の俊太(小林海人)と共に別の部屋で宿泊していたが、殺害された当日、石河本人から仕事用にもう一部屋予約したいとの申し入れが従業員の飯山則之(金子貴俊)にあり、舞子と俊太が午前中出掛けている間、石河は510号室で過ごしていた…。
12時15分頃、510号室の隣に設置されているエレベーターのガラスを清掃していた作業員が、弘雄と身なりの派手な女性が部屋で一緒に過ごしているところを目撃していたことから、犯人はその女性ではないかと疑われる。しかし、捜査にあたることになった陽子の幼なじみの沖縄県警刑事・大城晃宏(宅麻伸)は、ある不審な点に気付く。遺体が発見された510号室は密室になっていて、犯人がどうやって現場から逃走したのかが分からなかったのだ…。
510号室は509号室と扉一枚で繋がっているコネクティングルームという特殊な構造になっていたが、その扉には鍵がかけられており、その鍵はホテルの事務室で厳重に保管されていた。しかも、部屋のドアも内側からしか掛けられないアームロックで施錠されており、窓の外では作業員がガラス清掃をしていたため、窓から逃げるのも不可能な状態にあった。しかも、犯人はわざわざ密室を作り上げておきながら、石河の遺体には自殺したと見せかけるような工作をしておらず、大城は“歪(いびつ)な密室”殺人の目的が何なのかに疑問を抱く。
そんな中、同じホテルに石河が愛人の安西瑛子(黒坂真美)を宿泊させていたことが判明し、大城たちは瑛子が犯人なのではないかと疑い始めた。しかし、陽子は、遺体発見当時に部屋に足を踏み入れて気付いた“あること”が引っ掛かっていた…。