title.gif (8623 バイト)


一木社長6月定例会見

−2000年6月29日−



■ 新組織・人事について ■
 7月3日よりメディア戦略本部(経営情報局・メディア開発局)を新設し、新しい4本部制となる。経営情報局では上場の準備に力を入れ、メディア開発局ではインターネットが中心。また営業局には、第一営業部・第二営業部が設置される。一つのクライアントに対して全貌をつかむという営業開発部の成果を受け、今度はタイム・スポット・BSをあわせてセールスする。社内的にも担当が明確となり、責任を持たせることができる。さらに、事業室にソフトライツ局を含めた事業局は、これまでの一般事業の他、映画購入やライツ推進なども手掛けることになる。並行してソフト契約局を新設。多岐に渡っている契約を集約し、戦略的な方針をたてる中心を担う。
 人事では、池内副社長がBSジャパンの社長に就任し、BS強化を図る。菅谷副社長が代表取締役副社長に昇任、3本部長を兼ねる。阿部営業本部長は専務に昇任。今回の目玉は、営業局長と編成局長を入れ替えたこと。なかなか上がらない視聴率だが、何としても10%を達成したい。
 制作は犬飼局長。シニアプロデューサーをあえてラインに配置し、専門家の目で若手を育てていく。


■ 衆議院選挙の結果について ■

 6月25日の選挙特別番組は、他局とは異なる独特の視点で、インターネットを使って反応を聞き、経済問題に主眼を置いた。(「総選挙ドットcom」第一部22:00〜24:00/第二部24:45〜26:15) インターネットについては、あえて試験的にスタートしたが、次回の選挙があれば、速報はインターネット、テレビは選挙全般を見た解説という位置付けになるだろう。この意味で今回の実験は意義があった。当確ミスもなく、過ちを出さなかったことは大変良かった。


■ 4月クールの視聴率について ■

 4月クールの視聴率(4月3日〜6月25日・第12週まで)は、GH8.1%(前年同期比−0.3%)、全日3.4%(−0.1%)、PT7.3%(−0.2%)である。「コロシアム2000 ヒクソンVS船木誠勝」(5月26日・12.6%)、「たけしの誰でもピカソ〜横山やすし伝説〜」(6月9日・13.3%)などが高視聴率であった。ドラマ「それぞれの断崖」は平均視聴率5.0%、非常に良く出来ていたがキャストと枠が要因だろう。7月19日スタートの「ハッピー2」では視聴率の上乗せを期待したい。


 ■ 「演歌の花道」の終了について ■

 演歌はテレビ東京の看板である。詳しくはこれから協議していくが、演歌を主体とした音楽番組を何らかの形で継続していきたい。


 ■ 6月の営業状況について ■

 6月26日現在の6月営業状況は、タイム105.4%(前年比)・スポット106.4%(同)・合計で105.8%(同)、第一四半期の見通しはタイム106.1%(前年比)・スポット104.6%(同)・合計105.5%(同)。7月も好調で、月間売上げは新記録になるのではないか。株価も戻ってきており、業種は全般にわたり好調だ。


 ■ 新会社「(株)エー・ティー・エックス」について ■

 テレビ東京とテレビ東京メディアネットの共同で設立した「アニメシアターX」であるが、ディレクTVのスカイパーフェクTVへの統合に伴い、新会社「(株)エー・ティー・エックス」を6月26日に設立した。委託会社としての申請はすでに提出している。当面はスカイパーフェクTVの委託放送事業を行うが、将来的な110°CSへの進出については検討中である。


記者会見トップへ
 


tv-tokyo.gif (786 バイト)