黒字…本作で描かれている部分赤字…本編に登場する人物
  1467 応仁元年 応仁の乱
  1491 延徳3年 伊勢新九郎(北条早雲)が堀越公方・茶々丸を滅ぼす。
  延徳3年 この頃、松浪庄九郎(斎藤道三)、「国盗り」のため美濃に入る。
1527 大永7年 西村勘九郎(斎藤道三)の助力により、土岐頼芸が、兄の政頼を追放し、美濃の守護職に。
1534 天文3年 織田信長生まれる。
1541 天文10年 武田晴信、父信虎を追放し家督を継ぐ。
1542 天文11年 斎藤道三が美濃の守護職・土岐頼芸を追放。
1543 天文12年 種子島に鉄砲が伝来す。
1547 天文16年 加納口にて斎藤道三軍が織田信秀軍に勝利。
1548 天文17年 斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)織田信長に嫁ぐ。
越後の長尾景虎が家督を継ぐ。
1549 天文18年 フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸。
1551 天文20年 織田信秀が没し、信長が家督を継ぐ。
1553 天文22年 聖徳寺にて斎藤道三織田信長が会見。
1555 天文24年 信長、清洲入城。
厳島にて毛利元就が陶晴賢軍に勝利。
1556 弘治2年 長良川の戦いにて、斎藤義竜が、斎藤道三に勝利。道三、死す。
1560 永禄3年 桶狭間にて織田信長軍が今川義元に勝利。
1561 永禄4年 武田信玄、上杉謙信激闘・第四次川中島の戦い。
1562 永禄5年 織田信長と松平元康が同盟。〈清洲同盟〉
この頃、明智光秀が朝倉家と将軍・義輝の間を奔走する。
1565 永禄8年 将軍・足利義輝松永弾正と三好三人衆に暗殺される。
1567 永禄10年 織田信長が稲葉山城を落とす。岐阜と改名。「天下布武へ」
1568 永禄11年 信長、京へ上洛。足利義昭、15代将軍となる。
1570 元亀元年

信長、越前朝倉を攻略中、浅井長政が裏切り、全軍撤退。
姉川の戦いにて織田・徳川連合軍が、浅井・朝倉連合軍を破る。
石山本願寺、信長に挙兵。

1571 元亀2年 信長、比叡山延暦寺を焼き討ち。
1572 元亀3年 三方ヶ原の戦いで武田信玄軍が徳川家康に勝利。
1573 天正元年 上洛の途中、武田信玄病死。
織田信長足利義昭を追放す。室町幕府滅亡。
信長、越前・一乗谷城を落とす。朝倉義景自刃。
信長、近江・小谷城を落とす。浅井長政自刃。
1574 天正2年 長島一向一揆を平定。
1575 天正3年 長篠の戦いで、織田・徳川連合軍が、武田勝頼の騎馬軍団に勝利。
1576 天正4年 安土城を築く。
1578 天正6年 荒木村重、謀反を起こす。上杉謙信、病死す。
1582 天正10年 織田・徳川連合軍の甲州攻めにより武田家滅亡。
本能寺の変。明知光秀が織田信長を倒す。信長死す。
山崎の戦いにて、羽柴秀吉軍、明智軍に勝利。
敗走中の光秀、京郊外の小来栖にて死す。
  1583 天正11年 賤ヶ岳の戦いにて羽柴軍が柴田勝家軍に勝利。羽柴秀吉、大阪城築城。
  1590 天正18年 豊臣秀吉、小田原城を落とす。天下統一なる。

 

ページのトップに戻る