KIRIN~美の巨人たち~

TVTOKYO:毎週土曜 夜10:00-10:30
BS JAPAN:毎週水曜 夜 10:54-11:24

バックナンバー

  • 一枚の絵
  • 取材風景
  • 美術館情報
  • 音楽情報

岡本太郎「太陽の塔」

今回の作品は岡本太郎作『太陽の塔』。1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のシンボルです。高さ70メートル、直径最大20メートルの巨大な塔。輝かしい未来をうたうパビリオンの中で、異物のような存在でした。当初、美術界からは全く評価されませんでしたが、万博終了後も記念公園に残る唯一の作品です。

太陽の塔には3つの顔があります。最頂部の「黄金の顔」、お腹にあたる部分の「太陽の顔」、そして背中の「黒い太陽」。これらの顔は何を意味しているのでしょうか。また、現在非公開になっている塔内部には、高さ50メートルの鉄製の大木「生命の樹」がそびえます。その枝には、アメーバから人類まで様々な生物の模型が飾られていました。訪れた人々はこの木から何を感じ取ったのでしょうか。

大阪万博のテーマは「人類の進歩と調和」。テーマ館の展示プロデューサーとして太郎に期待されたのは、このテーマを目に見える形で表現することでした。ところが太郎の考え方は「人類は進歩なんかしていない」。万博のテーマを真っ向から否定するものです。太郎はこの塔に一体どんな思いを込めたのでしょうか?
半世紀を経てなお鮮烈な太郎のメッセージに、どうぞ耳を傾けてください。

PAGETOP

  • 解説
  • 今後の放送予定
  • バックナンバー
  • テーマ曲
  • よくあるご質問
  • ご意見・ご感想
  • TOPへ戻る
書籍販売情報 CD販売情報 ビデオ化待望の第二弾 豪華BOXセット発売中!