KIRIN~美の巨人たち~

TVTOKYO:毎週土曜 夜10:00-10:30
BS JAPAN:毎週水曜 夜 10:54-11:24

バックナンバー

  • 一枚の絵
  • 取材風景
  • 美術館情報
  • 音楽情報

ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ他「ミラノ大聖堂」

北イタリア最大の都市ミラノの中心にあるドゥーモ広場に鎮座する、誰もが知る『ミラノ大聖堂』。敷地面積1万2000平方メートルという世界最大規模のゴシック建築の教会です。

外観はレース編みのような繊細な佇まい。近づいてみると、外壁を埋め尽くす彫刻やレリーフの重厚さに圧倒されます。彫刻だけでもその数2245体!さらに今回はめったに許されない、内部の撮影が許されました。並木道のように連なる52本もの柱、艶やかな光を生む55のステンドグラスの窓…それらが神の国の聖なる世界を作り上げています。大聖堂そのものが芸術品の塊なのです。
そんな荘厳で厳粛な空間は、無数の芸術家たちと職人たちの手仕事によって、途方もない歳月をかけて作り上げられました。

1386年に建築が始まり、完成は1965年。つまり約600年もかかったのです。なぜ着工から完成までに、それだけの時間を要したのか?どうやってこの壮大な大聖堂を造ったのか?前代未聞の巨大な大聖堂を造るべく、ミラノ君主ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティが用意した最高の材料とは?しかも大聖堂完成の背景には、天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチや、英雄ナポレオン・ボナパルトの思いが…。
多くの芸術家たちが腕を競い合った、『ミラノ大聖堂』建設物語をひも解きます。

PAGETOP

  • 解説
  • バックナンバー
  • テーマ曲
  • よくあるご質問
  • TOPへ戻る
書籍販売情報 CD販売情報 ビデオ化待望の第二弾 豪華BOXセット発売中!