月島佃散歩・昭和の風情と下町人情
 


昭和の暖かさが今も残る下町月島。
もんじゃ焼きで有名なこの街は、現在再開発が進む中、
高層ビルと昔ながらの路地が同居した新たな街の表情を
見せています。
今回のL4ネットは、そんな下町月島散歩を特集したいと思います。




もんじゃストリート

のどかな船着場を渡り、次に向かったのが月島の代名詞である
「もんじゃストリート」。
ここには、およそ70店舗ものもんじゃ屋さんが軒を連ねています。
また古くから続くお店が多く、現在もにぎやかな商店街となっています。




ミートショップ 緑川
商店街の中で、およそ60年以上続く人気のお肉屋さん「ミートショップ 緑川」名物はレバフライ。
揚げた手てにたっぷりソースを付けていただきます。

「レバフライ」 ¥105
交番
こちらは警視庁でもっとも古い歴史を持つ交番。
月島で迷ったときは、是非お立ち寄りを。
かね重
ここ「かね重」は、お茶と器の専門店。
月島名物「もんじゃ」を食べるハガシも種類豊富に揃っています。
ご主人に昔のもんじゃ事情について聞いてみると、昔の駄菓子屋さんはもんじゃがあり、みんなで食べたりしたんだとか。駄菓子屋さんが子供の社交場のようなものだったのだそうです。


下町月島 佃散歩
続いてやってきたのは佃。
東京の下町でも、多くの木造家屋が残っている街です。

佃折本
佃折本は、釣り船と屋形船のお店。
そして昔からあるこの井戸は、水温が一年を通して一定のため、夏は冷たく、冬は暖かいので、お客さんの手洗い場としても使用されています。
山本商店
100年以上の歴史を誇る山本商店。
店内には所狭しと、昔懐かしのお菓子やおもちゃが並んでいます。子供たちというよりは、大人の人たちがよく来るとか。
佃天台地蔵尊
実はこのイチョウの木。
実はここ、 お参りも可能な「佃天台地蔵尊」なんです。
細い路地が目印。 オススメのお散歩スポットです。
漆芸 中島
こちらは、「漆芸 中島」 300年続く江戸漆器の老舗で、店先には
たくさんの漆製品が並んでいます。
創作料理&陶器「しおん」
陶器の展示販売と共に、料理を楽しむことができます。
また2階はギャラリーとして、現代陶芸家による個性的な作品の数々を手にとって見ることができます。



    
「玄米いなりポーチのセット」¥1,200

季節の野菜や豆を使った、彩り豊かな一品です。

佃煮発祥の地
佃はなんといっても佃煮発祥の地としても知られています。
天安
江戸時代から続く佃煮屋さんが3軒存在する中、およそ170年の歴史を持つ一番の老舗。
創業1837年の「天安」 店内には、あさりや昆布などたくさん種類の佃煮が並んでいます。








佃を代表する味。 是非ご賞味ください。
 

image
著作権について