バックナンバー

2006年11月5日 O.A.

第6回:上田正樹

独特のしゃがれ声と感情むき出しのシャウトでファンを魅了する、
関西が生んだ日本のR&Bミュージックの先駆け的存在、上田正樹。

伝説のスーパーバンド「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」でバンドブームの頂点に立ち、ソロデビュー後「悲しい色やね」の大ヒット。

魂の求めるままにR&Bを歌い続けて33年。
その原点となった街で思うこととは…
この先、彼が目指す音楽とは…。

「俺の使命は歌をうたうこと。」

デビュー33年目の秋。今なお熱くたぎる音楽への思い。
新境地に挑む上田正樹の今を追う!